これであなたもお菓子通に♪ガナッシュと生チョコの違いってなに?

ガナッシュと生チョコは別のもの?

お菓子のレシピで目にすることが多い「ガナッシュ」。
 
作り方は簡単で、温めた生クリームにチョコレートを溶かし込むだけ。
 
「あれ、生チョコと同じ?」と不思議に思った方も多いかもしれません。
 
ガナッシュと生チョコは、名前が違うだけで同じものを表しているのでしょうか?
 
今回は、意外と知らないガナッシュと生チョコの違いを、それぞれのアレンジレシピと併せてご紹介します。

ガナッシュと生チョコの違い

作り方だけを見ると、ガナッシュと生チョコは同じもののようにも。
 
しかし実は、ガナッシュがお菓子作りの材料を指しているのに対して、生チョコはお菓子の名前なのです。
 
生チョコはガナッシュを固めたもの、といえば分かりやすいかもしれません。
 
今回はガナッシュと生チョコの由来や作り方について、詳しく見ていきましょう♪

お菓子作りで大活躍!ガナッシュとは

ガナッシュは、トリュフやフォンダンショコラのフィリングとして使われるチョコレートクリーム。
 
フィリングだけでなく、デコレーションやトッピングとしても活用できますよ。
 
生クリームとチョコレートからなるシンプルな素材なだけに、アレンジも多彩。
 
ガナッシュの作り方をマスターすれば、手作りチョコレートのバリエーションもぐっと広がります。

由来

フランス語で「間抜け、のろま」という意味を持つガナッシュ(Ganache)。
 
チョコレートの調理をしていたとある見習いシェフが、温めた生クリームを誤って入れてしまったことから生まれたのだとか。
 
親方シェフには「ガナッシュ!」と怒鳴られてしまったのですが、出来上がったチョコレートクリームは何とも美味だったのです。
 
失敗から生まれたために、否定的な名前がついてしまったのですね…。
 
ほかにも、フランス南西部のGanacherという地名をもとにつけられたという説もありますが、発祥の地はフランスで間違いないでしょう。

作り方

ガナッシュクリームは、温めた生クリームに細かく刻んだチョコレートを溶かして作ります。
 
使用するチョコレートに含まれる成分によって、生クリームとの割合を調整することが上手に作るポイント。
 
ダークチョコ、ミルクチョコ、ホワイトチョコと生クリームの割合の目安は、それぞれ3:2、2:1、3:1となっています。
 

また、ガナッシュの用途によっても最適な硬さが異なるので、分量の調節が必要。
 
口どけを良くするためにバターを加えたり、流動性を持たせるために水あめやはちみつを入れたりすることも。
 
用途やお好みに合わせて調整しても失敗しにくい、懐の広さも魅力です♪

アレンジ

シンプルな素材のガナッシュは、それ自体にアレンジを加えて変化をつけることができます。
 
抹茶チョコや苺チョコを使用してガナッシュを作ると、見た目もお洒落で華やかに。
 
ラム酒やフランボワーズなどのお酒を入れると、ちょっぴり大人なテイストにも。
 

あるいは、ドライフルーツやナッツを混ぜて、食感にアクセントをプラスしてもいいですね。
 
コーヒー好きの方ならインスタントコーヒーを混ぜてほんのり苦みをプラスしたり、最近流行りの日本酒を混ぜて日本酒ガナッシュを作ってみても面白いかもしれません。
 

発祥の地は日本?生チョコとは

対しては、いまやバレンタインの定番スイーツとなった「生チョコ」。
 
初心者でも失敗知らずなレシピにもかかわらず、なめらかな口どけとほろ苦い風味が絶品です。
 
ポピュラーな存在となった生チョコですが、その起源を知っている方は意外と少ないのでは?
 
さっそく、生チョコについて詳しく見ていきましょう。

由来

生チョコの起源は、スイスの「パヴェ・ド・ジュネーブ」だという説を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
 
しかし、このパヴェ・ド・ジュネーブは、生クリームを含まないお菓子。
 
これでは、生チョコの「生」は生クリームの「生」だという命名の背景と矛盾してしまいます。
 
実は、「生チョコ」の発祥地は日本。
 
湘南の「シルスマリア」というお店で誕生した生チョコは、またたく間に日本中に広がっていったのです。

作り方

生チョコを作るにはまず、なめらかなクリーム状のガナッシュを作ります。
 
ガナッシュをバットなどの容器に流し込み、表面が平らになるように整えてから、冷蔵庫で冷やしましょう。
 
固める容器は、タッパーや牛乳パックでも大丈夫。
 
冷えて固まったら、お好みの大きさにカットし、ココアパウダーを篩って完成です。

アレンジ

シンプルな生チョコも、アレンジ次第で可愛らしくお洒落なものになりますよ♪
 
ダークチョコのガナッシュとホワイトチョコのガナッシュを重ねて固めることで、ツートーンの生チョコに。
 
リキュールやブランデーを混ぜて大人な風味に仕上げれば、女子会のおつまみにも◎。
 
市販の型を使ってハート形や菱形に型抜きすれば、バレンタインのギフトにふさわしい装いに変身。
 
粉糖や抹茶パウダーを振りかければ、鮮やかな色合いに仕上がりますね。

奥深いチョコレートの世界を覗いてみて♪

今回は、ガナッシュと生チョコの違いについてご紹介しました。
 
どちらも材料は同じですが、ガナッシュはお菓子作りの素材であり、生チョコはお菓子の名称であるという違いが。
 
ガナッシュと生チョコそれぞれの特徴を説明できるようになると、ちょっとしたチョコレート通になった気分♪
 
ぜひバレンタインを一緒に過ごす方との会話のネタにしてみてはいかがでしょうか?