【こんなキャンディ見たことない!】スペイン発パパブブレの人気商品

アートとキャンディの融合

 


 
カラフルな色使いに、可愛いキャラクターやモチーフが大人気となっているパバブブレのキャンディ。
 
豊富な種類につい目移りしてしまいますが、人気の理由は見た目だけではありません。
 
パパブブレでは、ほろっと溶ける食感と上品なフレーバーを大切に日々キャンディが作られています。
 
そしてこのほかにも、商品以外にも見る人を惹きつける大きな秘密があるのです。
 
今回は、そんな人気急上昇中のキャンディ専門店の魅力をご紹介していきます♪
 

個性あふれるディスプレイ

 


 
パパブブレは、ただキャンディを買うためのお店というだけではありません。
 
訪れた人を楽しませるための工夫が盛り込まれているのです。
 
店内には、商品のほかにディスプレイ用に制作されたキャンディが並び、まるで現代アートのギャラリーのよう。
 
最大の見どころは、お客さんから見えるように配置された、キャンディ作り用の作業台。
 
ここでは、職人さんが自由自在に飴を操る様子を間近で見ることができます。
 

実演パフォーマンス

 


 
ご紹介したように、パパブブレで毎日行われているキャンディ作りは迫力満点!
 
まず、大きな鍋から取り出した柔らかい飴を、職人さんがダイナミックな動きで練り、細く長く伸ばしていきます。
 
色や太さの異なる飴を組み合わせて1本にまとめたら、再度これを細く長い状態へと成形。
 
最後に素早い手さばきでカットしていくと、そこには緻密に計算された図柄が現れるのです。
 
小さなアートを生み出す鮮やかな動きは一見の価値ありですよ♪
 

キャンディ

 
ここからは、パパブブレの人気商品をご紹介。
 

定番

 


 
まず最初は、パパブブレの代名詞とも言えるカットされたキャンディ。
 
人気の理由は、なんといってもこの可愛らしい見た目。
 
お花やハートといったモチーフだけでなく、その色合いやデザインなど、乙女心をくすぐるデザインが満載となっています。
 
大きな飴の塊から繊細な模様のキャンディが出来上がっていく過程を、店内でぜひご覧あれ。
 

ロリポップ

 


 
もう一つの看板商品であるロリポップも、フルーツやソフトクリームといった可愛らしい形がたくさん。
 
しかし中には、うなぎの蒲焼やたこ焼き、イカゲソなど、「どんな味がするの!?」と思ってしまうユニークなものも。
 
気になる味はコーラなど、キャンディらしいフレーバーなのでご安心を♪
 

グミ

 


 
パパブブレの商品で、意外と知られていないのがグミ。
 
グミはキャンディとはまた一味違った美味しさで、噛み応えを楽しむことができるのもポイント。
 
さらに、フレーバーもシークヮ―サーやパイン、梅、ゆず、アプリコットマンゴーなど、こだわりが感じられるラインナップです。
 
形もキューブ型や丸型をはじめ、星型、ロングタイプなどたくさんの種類があるので、眺めているだけでも楽しいですよ。
 

店舗限定もの

 


 
全国にあるパパブブレの店舗では、それぞれの支店でしか手に入らない、貴重なキャンディも販売されています。
 
例えばこちらは、夏に仙台店で販売された期間限定デザイン。
 
デザインや味の異なる限定ものが登場することもあるので、チャンスを逃さないよう定期的にチェックしたいですね。
 

季節限定もの

 


 
季節のイベントに合わせて、パパブブレでは様々なキャンディが作られています。
 
ハロウィーン、クリスマスといった西洋のイベントだけでなく、父の日や母の日、子供の日など、日本の行事に合わせたものも。
 
もちろんこういったキャンディは、そのイベント前後にしか販売されていないので、ご購入の際はお早めに。
 

チョコレート菓子

 

ナッツチョコレート

 


 
ここからはキャンディ以外の人気商品をご紹介♪
 
キャンディが主軸のパパブブレですが、実はチョコレート菓子もとても美味しいものばかり。
 
特におすすめなのが、中にナッツが入った大人味のチョコレート。
 
カシューナッツやアーモンドなど厳選されたナッツは、チョコレートとの相性抜群。
 
コーヒーのお供にもぴったりですね♪
 

ロッキーロード

 


 
カラフルな断面が美しいロッキーロードは、チョコレートの中にマシュマロやドライフルーツを入れたお菓子。
 
ビスケットやナッツ、カカオニブが入ったものもあり、一口でたくさんの味と食感を楽しむことができます。
 
スタンダードなチョコレート、イチゴチョコレート、ホワイトチョコレートなどベースの種類も豊富です。
 

贈り物にもぴったり

 


 
カットするタイプのキャンディはオーダーメイドも可能。
 
プレゼントを贈るお相手の名前や、日付などの文字のほか、イラストを入れてもらうこともできるのだとか。
 
ただ、デザインによっては再現が難しい場合もあるので、ホームページまたは店頭での問合せが必要となります。
 
キャンディだけでなくパッケージも洗練されたデザインのものばかりなので、大切な方へのプレゼントにしてみるのも素敵ですね♪