【アイシングの色付け】着色料を使わない方法4つ!天然着色料の作り方

 

合成着色料を使わないアイシングクッキーって?

 


赤やピンク、黄色や水色に緑色…。色とりどりのカラフルなアイシングクッキーは、見ているだけでも楽しい気分になりますよね♪
 
でも、このアイシングクッキーのバラエティー豊かなカラーリングは、どうやって色付けされているのかご存知でしょうか?
 
ほとんどの場合は、体に無害な食品用の着色料をアイシングに混ぜて色付けされています。
 
もちろん安全性が考慮された素材が使われているわけですから、食べても健康に問題はありません。
 
しかし小さなお子さんがいらっしゃるご家庭は、もしかすると着色料を使う事に抵抗がある方も多いかもしれませんね。
 
そんな方のために、今回は身近な食品を使った着色方法と着色料の自作レシピをご紹介します♪
 
海外では、合成着色料不使用のアイシングクッキーを「ナチュラルアイシングクッキー」と呼び、健康志向派の方を中心に話題を集めているのだそう。
 
天然素材で作るアイシングクッキーは、味も色合いもふんわりやさしく仕上がりますよ♡

 

簡単!食品を使ったアイシングクッキーの色付け方法

 

アイシングクッキーの色付けに使う材料としてよく使われるのは、この2つです。
 
・食紅
・アイシングカラー

 
ほとんどの場合、アイシングクッキー作りにおいてはこれらの食用色素が使われますが、中には食品を使ってアイシングクッキーに色付けをする方法もあるのです。

 

イチゴやマーマレードのジャムで色付け♪

 

そこでおすすめなのが、フルーツジャムを使った着色方法です。
 
冷蔵庫にあるイチゴやマーマレードジャムを使えば、アイシングの色付けも簡単です。
 
色付けが目的の場合は、イチゴやブルベリーなど、濃い色味のジャムをチョイスしましょう。
 
はっきりした色合いのジャムを使う事で、きれいに発色しやすくなりますよ。
 
着色をする方法は、アイシングクリームにフルーツジャムを混ぜ込むだけ!
 
色味を見ながら、少量ずつ混ぜ合わせていくのがおすすめです。
 
ただし、ジャムにはすでに水分が含まれているので、アイシングクリームの水分量を少し少なめにしておくなど、調節する必要があります。
 
本来、ジャムは着色用に作られた食品ではありませんよね。
 
そのため、着色専用品として売られている食紅やアイシングカラーほどの発色は難しいということを予め理解しておきましょう。
 
それでも、自然本来のやわらかい色味が出るので、やさしい仕上がりのアイシングクッキーができ上りますよ♪

 

ココアパウダー・抹茶もおすすめ♡

 

実は、普段口にしている食べ物も、アイシングの着色に使用することができるんです。
 
例えば、ココアパウダー。
 
アイシングクリームと混ぜることによって、茶色~黒色の色味を付けることができます。
 
抹茶で色付けすれば、黄緑色~濃い緑色に着色することができます。

 

フルーツパウダー・野菜パウダーも◎

 

また、製菓材料店などでは、果物由来の「フルーツパウダー」というものも販売されています。
 
ストロべリー、フランボワーズ、ゆず、マンゴー、ブルーべリーなど、さまざまな種類の食品から加工したパウダーがあるようです。
 
自然の食べ物本来の淡い色合いと、香りが特徴で、アイシングパウダーと混ぜ合わせれば、やさしい色味を付けることができます。
 
パウダーには果物だけではなく、野菜由来の「野菜パウダー」もあります。
 
例えば、紫芋パウダー、かぼちゃパウダー、ほうれん草パウダーなど。
 
ネット通販や製菓材料店では、色々な種類の野菜パウダーの取り扱いがあるので、気になる方はぜひ探してみてくださいね!

 

お好みの野菜で自作!無添加着色料の作り方

 

市販のジャムや、フルーツパウダー、野菜パウダーを使って色付けする方法をご紹介してきましたが、じつはお好きな食材を使って着色料を作ることもできるんです♪
 
作り方は以下の通り。お好みの色を簡単に手作りできるので、ぜひトライしてみましょう!
 
1.作りたい色味が出る食材を選ぶ
2.フードプロセッサーなどで細かく砕く
3.小さめの鍋で煮詰める
4.滑らかにするためにガーゼなどでこす
 
こちらのレシピで使える食材はさまざまです。
 
例えば、パプリカ(赤色)、ニンジン(オレンジ色)、ほうれん草(緑色)、紫キャベツ(紫色~青色)など。
 
作りたい色に合わせて野菜を選ぶだけで、何色もの着色料が手軽に作れますよ。
 

作るときのポイント&コツ

 
作るときのポイントは、丁寧にガーゼでこして滑らかにすること。
 
また市販のアイシングカラーと比べると、どうしても表面がざらつきやすくなります。
 
そのため、あまりに細かいデザインにするときなどは、フルーツパウダーや野菜パウダーなど、粒子の細かい素材で着色をすることをおすすめします。
 
「自然食品のみにこだわってアイシングクッキーを手作りしたい!」という方は、こちらのレシピを参考に色々な食材でカラーリングを試してみてください♪

 

真似したい!天然着色料のアイシングクッキー作品5選

 
では実際に、ジャムやパウダーで着色するとどんなアイシングクッキーに仕上がるのでしょうか?
 
さいごは、手作りの参考にしたいお手本作品を5つご紹介します♡

 

ハロウィン

 

 
こちらは、かぼちゃパウダー(オレンジ色)、紫芋パウダー(紫色)、竹炭パウダー(黒色)を使って着色したアイシングクッキーです。
 
ハロウィンのミステリアスカラーリングも、野菜パウダーを使って美しく表現されていますね♪
 

ハート・星形

 

こちらも、野菜パウダーを使用して着色したアイシングクッキーです。
 
落ち着いた、やさしい色合いのクッキーがとてもかわいらしいですね♪
 

パステルカラー

 

パステルカラーが美しいアイシングクッキーですね。
 
こちらは、ブルーベリーパウダーや、スピルリナという植物由来の水色の着色料を使用したアイシングクッキー作品のようです。
 

イニシャル

 

落ち着いた上品なモスグリーンが素敵な、イニシャル入りアイシングクッキーです。
 
天然由来のやさしい色合いの着色が活かされていますね。
 

和モチーフ

 

天然素材の着色は、どこか深みのある、渋い色味を出す事ができるので、このような「和風」の作品とぴったりマッチしますね。
 

可愛いアイシングクッキー作りを目いっぱい楽しんで♪


いかがでしたか?
 
合成着色料を使わないアイシングクッキーの色付け方法について、詳しくご紹介しました。
 
ナチュラルアイシングを今回初めて知ったという方も、天然由来の着色料を試してみる事でレシピの幅が広がるかもしれませんね♪
 
「アイシングクッキーの作り方も詳しく知りたい!」という方は、ぜひこちらをご覧ください。
 
アイシングクッキー作りの基本道具や、アイシングクッキーに応用できるシュガーペーストの作り方を今すぐ無料でマスターできますよ。
 
クッキー生地作り&ベーキング
ロイヤルアイシングの作り方
コルネの作り方
仕上げのデコレーション
 
などなど、アイシングクッキー作りの基本的な技法が一度にまとめて身に付きます。
 
インスタでも人気の著名な先生たちが基礎からやさしくレクチャーしてくれるので、初心者さんでも安心です。
 
ぜひこの機会にアイシングクッキーの基本レシピを習得して、可愛いオリジナルクッキー作りを目いっぱい楽しみましょう!