バレンタインにはアイシングクッキーを♪レースの描き方と簡単なコツ

 

バレンタインにアイシングクッキーはいかが?

 


 
「今年のバレンタインスイーツは何を作ろうか?」と迷っている方は、可愛いアイシングクッキーづくりに挑戦してみませんか?
 
絵や模様や文字を描くアイシングは自分の気持ちを込めやすいので、バレンタインの贈り物にもピッタリ♡
 
本命の彼にはもちろん、たくさん作って友達にプレゼントするのも素敵ですね!
 
カラフルでかわいらしいアイシングクッキーは、SNSでも女性に大人気。
 
そこで今回は、アイシングクッキー作りの必須テクニック「レースの描き方」について詳しく解説します。
 
美しいレース模様は見た目も華やかなので、必ず男性も喜んでくれますよ♪

 

意外と簡単!アイシングの作り方

 


 
最近は、食べるのがもったいないほどのかわいいアイシングクッキーの写真がインスタにも投稿されていますよね。
 
アイシングとは、粉砂糖と卵白や水を混ぜて作った砂糖衣のこと。
 
固さを調整してクリーム状にし、クッキーやカップケーキなどのスイーツの表面に絞り出してデコレーションをします。
 
お店でもよく見かけるカラフルなアイシングクッキーは、食用色素で着色したアイシングを使っています。
 
「私もこんな可愛いアイシングクッキーを作ってみたい!」と思いながらも、「自宅で手作りするには少々ハードルが高いのでは…?」と諦めている方も多いのではないでしょうか。
 
そんなあなたのために、まずは基本的なアイシングクリームの作り方からご紹介していきます。
 
コツさえつかめば意外と簡単に手作りできますよ♪

 

用意する道具

 
・ボウル
・ハンドミキサーもしくは泡だて器
・ラッピング用ビニール袋クッキングシート
・テープ
・小さめのお皿やカップ
・つまようじ
 
ラッピング用ビニール袋は、アイシングを入れるコルネを作るときに使います。
 
くるっと丸めたコルネを止める際には、テープが必要です。
 
また作ったアイシングを小分けにして着色などをするときには、小皿やカップがあると便利。
 
アイシングを塗り広げるときや細かい箇所の修正には、つまようじを使用しましょう。

 

必要な材料

 
・粉糖 150g
・卵白 25g
・アイシングカラー 適量
・アイシングの土台(クッキーやカップケーキなど)
 
アイシングに向いている粉糖は、純粉糖コーンスターチ入り粉糖オリゴ糖入り粉糖です。
 
「泣かない粉糖」とも呼ばれるいわゆる「トッピング用粉砂糖」は、砂糖の粒子が油脂でコーティングされています。
 
水に溶けにくく加工されているので、アイシングには不向き。このようにはいくつもの種類がありますので、購入する際は十分注意してくださいね♪
 

アイシングクリームの作り方

 
1.
卵白をボウルに入れ、泡だて器で軽くほぐしておく。
 
2.
しっかりとふるった粉糖をボウルに入れる。(粉糖は10g別の容器へ入れて調節用に分けておく)
 
3.
ハンドミキサー(もしくは泡だて器)でツヤが出るまで混ぜる。
 
4.
しっかりツノが立てばOK。ゆるいときは取っておいた粉糖を足して調節する。
 
5.
アイシングカラーをつまようじに取り、アイシングに数滴垂らす。
 
6.
スプーンでしっかりと混ぜたら完成。描きやすい固さの目安は、ツノが立って折れ曲がるくらいの柔らかさ
 
色を付けるときは、しっかり混ぜないと乾燥したときに色むらが出てしまいます。
 
最低でも5~6分かけてじっくりと混ぜ合わせると、キレイな色のアイシングクリームに仕上がりますよ♪
 
広い面積を塗りたい場合は、固めと柔らかめの2種類のアイシングクリームを作っておいてください。
 
柔らかめのアイシングを作る場合は、6.を2/3くらい別のボウルに取り分けて、少量の水を加えましょう。
 
スプーンで一本線を描いたときに5~7秒で筋が消えれば、丁度良い柔らかさになった目安です。
 

もっと簡単に作りたい場合は?

 


実際に作ってみると意外とカンタンですが「もっと簡単に作りたい!」という方は、アイシング専用の粉糖「アイシングシュガー」を使ってみましょう。
 
水分の量を変えるだけで固さ調整ができるので、効率よく美しい発色のアイシングクリームが手軽に作れますよ♪
 
クリームがダレにくく扱いやすいので、初心者の方でも失敗なく完成するはずです。
 

コルネの作り方

 


アイシングクリームが完成したら、土台の上にデコレーションしていきましょう。
 
まずはコルネにアイシングをスプーンで入れ、先端に詰めます。
 
そしてコルネ上部の開口部を左右内側に折り、くるくると巻いてテープで止めましょう。
 
これでアイシングを始める準備が整いました。
 
コルネの作り方が分からない方は、ぜひ以下の動画を参考にしてみてください♪
 
◆参考レッスン:コルネの作り方(テンプレート付)

 

アイシングのやり方

 


 
まず、文字や模様を描くときのやり方です。
 
コルネの先端を1mm程度カットし、上部を親指と人差し指で挟んで中指で支えます。
 
鉛筆と同じように持ったら、アイシングを絞り出しながらゆっくりと描いていきましょう。
 
はじめは上手くできなくても、練習を重ねればすぐに上達するはず♪
 
土台の色とレースの色をそれぞれ考えて、ぜひ配色の組み合わせを楽しんでみてください。
 


 
土台のクッキーに絵を描いて「アイシングクッキー」にしたいときは、固いアイシングで縁取りをしてから、柔らかいアイシングを流して内側を塗りつぶしていきます。
 
細かい部分はつまようじで塗り伸ばすと、キレイに仕上がりますよ♪

 

人気のレース模様の描き方とコツ

 


 
アイシングの中でも、上品なレース模様は一番人気の柄です。
 
簡単なのに凝った見た目に仕上がるところが嬉しいですね♪
 
レース模様のアイシングをマスターして、周囲があっと驚くようなアイシングクッキーを作ってみましょう!
 

書く前の準備

 
レース模様は細かく描けば描くほどきれいに見えます。
 
美しく仕上げるコツは、コルネの先をなるべく細く切ること。
 
先が細い分、アイシングを絞るのにも力が必要になりますが、何回か練習すれば上手に描けるようになりますよ♪
 

レースの描き方

 
それではレースの描き方をご紹介します。
 
まずはベースとなる形を決めます。
 
曲線、小さめの半円、大きめの半円、三角形…などなど。
 
お好きな形のベースを描いたら、その周りに装飾していきましょう。
 
ポイントは、規則正しく均一に装飾していくことです。
 
半円の間に小さな丸を描くだけでも、レースっぽく見えるはずですよ♪
 

 
白やピンクなどのパステルカラーで描くとガーリーな雰囲気のレースに仕上がりますが、何色かのアイシングを使って描くとエスニックっぽい雰囲気にもなりますね。
 

 
「細かいレースの模様を描くのが難しい」という方は、土台の周りをぐるっと一周縁取りし、その内側に等間隔で小さな点を描いてみましょう。
 
たったそれだけでもレースっぽくなりますので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

 
上達のコツは、描きたい模様を真似すること。
 
近くにお手本を置き、手元の模様とよく見比べみながらゆっくりとアイシングしていくと失敗なく描けますよ。
 

レース模様を描くためのコツとテクニック

 


 
細かいレース模様をキレイに描くには、ちょっとしたコツが必要です。
 
ここでは、3つの基本テクニックをご紹介。
 
今回初めてアイシングにトライする方も、経験者だけどなんだか上手くいかない…という方も、ぜひ参考にしてみてください♪
 

直線の絞り方

 
直線を描くときのテクニックは、次のとおり。
 
1.
始点にアイシングを付ける
2.
そのままコルネに力を加えてアイシングを出し、コルネを上に持ち上げる
3.
力を抜いてコルネを終点に向け、そのまま下におろす
 
アイシングは、通常よりも固めに作っておくのがポイントです。

 

ゆるやかな曲線の絞り方

 


続いては、ゆるやかな曲線の絞り方です。
 
1.
始点にアイシングを付ける
2.
コルネに力を加えてアイシングを出す
3.
コルネを持ち上げて、アイシングを落としていくように絞る
4.
絞る力を抜きながら、コルネを終点に向けておろしていく
 
この時、コルネを浮かしてアイシングを落とすように引くのがポイント。
 
コルネの先をクッキーに付けたままラインを引くと、なめらかで美しい線を描くことができません。
 
コルネを浮かして絞るには少々コツが必要ですが、何度か練習すればすぐにコツを掴めるはずですよ♪

 

細かい曲線の絞り方

 
さいごは、細かい曲線を絞るときのテクニックです。
 
1.
始点にアイシングを付ける
2.
コルネを浮かしすぎずにそっと線を描く
 
この時、コルネを完全に土台に付けてしまうと絞りにくいので、数ミリだけコルネを浮かし、そっとなぞるように線を引くのがコツ。
 
細かい縁取りや似顔絵にも応用できるので、ぜひマスターしておくことをおすすめします。
 
これらのテクニックを使い分けながらレース模様を描いてみてくださいね♪
 
練習のコツは、クッキングシートに模様を描いて、上からなぞるようにアイシングを絞り出すこと。
 
詳しいテクニックについては、ぜひ以下の動画も参考にしてくださいね!
 
◆参考レッスン:ラインの引き方(練習シート付)

 

アイシングでさらに可愛くデコレーションするなら?

 
アイシングクリームの作り方やレース模様を描くコツは、お分かりいただけましたでしょうか?
 
せっかく美しくデコレーションするのなら、土台となるクッキーも美味しく焼き上げたいですよね♪
 
「アイシングクッキーを一から作ってみたい!」
「可愛くデコレーションするコツをもっと知りたい!」
 
そんな方は、ぜひこの機会にMIROOMのスターターキットで、アイシングクッキー作りの基本を学んでみませんか?

 

こちらのキットで学べる内容は、以下の4つ。

◆アイシングクッキー用の型の作り方
◆アイシング用クッキーの作り方
◆ロイヤルアイシングの作り方
◆アイシングで白ウサギのデコレーション

 
まずは、お好きな形のクッキー型を作る方法を身に付けます。
 
そのあとは、時短で作れる絶品生地とカラフルなアイシングクリームのレシピを学びながら、可愛い白うさぎのアイシングクッキーを作っていきましょう♪
 
今回、MIROOMのアイシングクッキースターターキットを監修するのは、Instagramのフォロワー数15万人越えのスイーツアーティスト・上岡麻美先生。
 
元パティシエで専門学校の講師も務める上岡先生が作り出す洋菓子は、「まるで絵本の世界のよう!」とSNSでも話題です。
 
あの宮崎駿氏も絶賛するほどのアイシングレシピを、ご自宅にいながら今すぐ簡単に身に付けられますよ♪

 

 
気になる価格は、製菓材料&道具一式と4つの動画レッスンがセットになって送料込4,980円。
 
「はじめてだからこそ、こだわりの材料で素敵な作品を作ってほしい」
 
そんな思いから、製菓材料の定番メーカー「cotta」の薄力粉・粉糖・乾燥卵白とアメリカWilton社のアイシングカラーを、人気レシピとセットにしました。

 
ハイクオリティな素材を使えば、テクニック要らずでサクサククッキーの出来上がり♪
 
発色抜群の食用色素でデコレーションすれば、どなたでもカラフルで可愛い本格アイシングクッキー作りをお楽しみいただけます。

 


ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも好評価♪
 
キットの材料があれば、おしゃれで可愛いアイシングクッキーがたくさん作れるので、ギフト用に手作りしてみるのもおすすめですよ。
 

さらに全レッスン動画がすべて見放題MIROOM月謝会員なら、美味しいパンや可愛い手芸レシピから、人気のポーセラーツやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

手作りアイシングで華やかなバレンタインに♪

 


一見難しそうなアイシングですが、コツさえつかめば意外と簡単です。
 
最初のうちは難しく感じるかもしれませんが、基本的に同じパターンの繰り返しなので、練習すればどんどん上達していきますよ♪
 
今年のバレンタインは、ぜひレース模様をあしらったアイシングクッキーにメッセージを添えて贈ってみてくださいね!