日本でクリスマスケーキが始まったのはいつ?歴史とその由来を解説

 

クリスマスが日本で広まったのはいつ頃から?

 


 
クリスマスシーズンが近づくと、街中にはイルミネーションがキラキラと輝きます。
 
きらびやかなオーナメントや豪華なインスタレーションが、クリスマスムードを一気に高めてくれますよね♪
 
このように、クリスマスが12月の一大イベントとして日本で盛り上がるようになったのは、一体いつ頃からなのでしょうか?
 
クリスマスに子供たちが待ち焦がれる「サンタクロース」は外国のおじいさんのイメージですが、明治30年代には既に子供向けの絵本に登場していたようです。
 
今から100年以上も前の話ですが、その当時のサンタクロースはすでに「プレゼントをたくさん抱えて子供の枕元へやって来るおじいさん」として描かれていたとのこと。
 
つまり、明治30年代には日本でもクリスマスやクリスマスプレゼントの習慣が始まっていたわけなのですね。
 


さて、クリスマスを象徴するサンタクロースやクリスマスツリーは、全世界共通のアイコンとして知られていますよね。
 
ところが、日本のクリスマスパーティーに欠かせない「クリスマスケーキ」は、実は日本独自の文化ということをご存じですか?
 

 
クリスマスケーキの定番といえば、生クリームとイチゴに加えて、クリスマスらしいトッピングなどで飾られたもの。
 
このようなクリスマスケーキが日本に定着したのは、いつ頃からどのように始まったのでしょうか?
 
今回はその歴史と由来について、ご一緒に見ていきましょう。

 

日本におけるクリスマスケーキの歴史は不二家から

 

 
日本で最初にクリスマスケーキを販売したのは、誰でしょうか?
 
正解は老舗洋菓子のメーカー「不二家」さん。それは明治43年のことでした。
 
「ぺこちゃん」のキャラクターで知られる不二家さんが、当時売り出したケーキは?
 
というと、12月の寒い季節にイチゴの栽培は難しい時代だったため、アラザンのような粒で飾ったケーキだったそうです。
 
その後、時代が変わり冷蔵庫が一般の家庭にも常備されるようになると、生クリームたっぷりのケーキも人気に。
 
冬でもイチゴが栽培できる技術も進み、クリスマスケーキに飾られるようになりました。
 
赤い色は、昔から日本の文化のなかで縁起の良い色として扱われてきた歴史があります。
 
そのため、日本人にとって白いクリームとイチゴの赤色の組み合わせは、受け入れられやすかった背景もあるということ。
 
こうして、クリスマスケーキの仕掛け人だった不二家さんが売り出したイチゴのケーキがクリスマスケーキの定番モデルに。
 
最近では、いろいろなバリエーションのクリスマスケーキがありますが、やはりイチゴや赤い色のトッピングが人気です。

 

生クリームのデコレーションを綺麗にキープするコツは?

 


 
昔は洋菓子店でしか味わえなかったクリスマスケーキも、今ではご自宅で手作りする人も増えているのだとか。
 
ご家族や恋人と一緒に楽しむクリスマスケーキを手作りする場合には、クリームの飾りを綺麗に仕上げたいですよね。
 
せっかく素敵にデコレーションしても、クリームが短時間で崩れてしまっては残念です。
 
そこで、生クリームのデコレーションが綺麗なままキープされるためのコツについてチェックしておきましょう。
 
まず、しっかりした質感を求める場合には、脂肪分の高めの生クリームを選ぶことがおすすめ。
 
低脂肪のものは、緩く仕上がる傾向があるようです。
 
そして、質感のしっかりした崩れにくい生クリームに仕上げるには、ホイップするときの温度が重要になります。
 
冷蔵庫でよく冷やした生クリームを使い、泡立てるときにはボウルの底に氷水をつけながら作業。
 
じゅうぶんに冷たい状態で泡立てられたクリームは、時間が経過しても崩れにくい、しっかりとした質感になりますよ。
 
また、泡立てるときに頑張り過ぎてしまって、クリームが分離してしまうと、もとには戻りません。
 
注意深くクリームの様子を見ながら、思い通りの状態のクリームに仕上げたいですね♪

 

クリスマスケーキを可愛くトッピングするなら?

 


手作りのクリスマスケーキを可愛くトッピングするなら、アイシングクッキーがおすすめです♪
 
アイシングクッキーとは、クッキーの表面をカラフルな砂糖衣でデコレーションしたクッキーのこと。
 
可愛いキャラクターやおしゃれなメッセージ入りのクッキーを、みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか?
 
「どうやって作るの?」
「簡単に手作りできるならトライしてみたい!」
 
そう思われた方は、ぜひこの機会にMIROOMのスターターキットで、アイシングクッキー作りの基本を学んでみませんか?
 
こちらのキットで学べる内容は、以下の4つ。

◆アイシングクッキー用の型の作り方
◆アイシング用クッキーの作り方
◆ロイヤルアイシングの作り方
◆アイシングで白ウサギのデコレーション

 
まずは、お好きな形のクッキー型を作る方法を身に付けます。
 
そして時短で作れる絶品生地とカラフルなアイシングクリームのレシピを学びながら、可愛い白うさぎのアイシングクッキーを作っていきましょう♪
 


今回、MIROOMのアイシングクッキースターターキットを監修するのは、Instagramのフォロワー数15万人越えのスイーツアーティスト・上岡麻美先生。
 
元パティシエで専門学校の講師も務める上岡先生が作り出す洋菓子は、「まるで絵本の世界のよう」とインスタでも話題。
 
あの宮崎駿氏も絶賛するほどのアイシングレシピを、ご自宅にいながら今すぐ簡単に身に付けられますよ♪

 

 
気になる価格は、製菓材料&道具一式と4つの動画レッスンがセットになって送料込4,980円。
 
「はじめてだからこそ、こだわりの材料で素敵な作品を作ってほしい」
 
そんな思いから、製菓材料の定番メーカー「cotta」の薄力粉・粉糖・乾燥卵白とアメリカWilton社のアイシングカラーを、人気レシピとセットにしました。

 
ハイクオリティな素材を使えば、テクニック要らずでサクサククッキーの出来上がり♪
 
発色抜群の食用色素でデコレーションすれば、どなたでもカラフルで可愛い本格アイシングクッキー作りをお楽しみいただけます。

 


ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題♪
 
キットの材料があれば、おしゃれで可愛いアイシングクッキーがたくさん作れるので、お配り用に手作りしてみるのもおすすめですよ。
 

さらに全レッスン動画がすべて見放題MIROOM月謝会員なら、美味しいパンや可愛い手芸レシピから、人気のポーセラーツやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

海外のクリスマスは焼き菓子が定番

 

 
さて、日本でお馴染みのクリスマスケーキは、海外から伝わったものではなく日本独自の文化だと判明しました。
 
とはいえ、クリスマスを祝う長い歴史をもつ海外の国々でも、クリスマスに定番の焼き菓子があるようです。
 
たとえば、ドイツの「シュトーレン」という伝統菓子。
 

 
ドイツじゅうのパン屋さんやお菓子屋さんには、11月~12月にかけてシュトーレンが並べられます。
 
その様子を見ると、ドイツの人たちはクリスマスムードが高まるのだそう。
 
また、フランスでは「パン・デピス」と呼ばれる焼き菓子がクリスマスの定番として親しまれています。
 

 
こちらは「スパイス風味のパン」といった意味で、いろいろな香辛料の香りとハチミツの甘さが印象的な焼き菓子を指すのだそう。
 
体を温める効果など、健康に有益な働きのあるスパイス類を含むパン・デピス。
 
病気療養中の人へのクリスマスの贈り物とされたという、心温まるエピソードがフランスでは伝えられています。
 
そのため、大切な人の健康や幸せを願って、クリスマスシーズンにパン・デピスを贈り合うという習慣があるのですね。
 
健康にも嬉しいパン・デピスは、身近な材料を使って、日本でも気軽に焼き上げることができますよ。
 
ここからは、そのレシピをご紹介しましょう。

 

フランスの伝統菓子「パン・デピス」を作ってみよう

 

 
それでは、フランスのクリスマススウィーツ「パン・デピス」の作り方を見ていきましょう。
 
◇材料
-強力粉 100g
-ライ麦粉 60g
-シナモン、クローブ、ナツメグなどお好みのスパイス類 10gほど
-ベーキングパウダー 小さじ1杯
-塩 小さじ1/4杯
-バター(食塩が使われていないもの) 50g
-はちみつ 100ml
-卵 1個
-砂糖 50g
-ドライフルーツ(ドライのいちじくなど) 60gほど
 
◇作り方
1.
まず、強力粉、ライ麦粉、ベーキングパウダー、スパイス類、塩を合わせてふるっておきます。
 
2.
ボウルに、溶かしたバターとはちみつを入れて混ぜ、そこに割りほぐした卵と砂糖を加えて混ぜ合わせます。
 
3.
2.に、ドライフルーツを細かく刻んで加え、さらに、ふるっておいた粉類を2~3回に分けて加えましょう。
 
粉類は、加えるたびにさっくりと混ぜるようにします。
 
4.
ボウルにラップをかけて冷蔵庫に入れ、生地を30分間ほど休ませます。
 
5.
オーブンを180℃に予熱しましょう。
 
6.
焼き型にバターを薄く塗ってから生地を流し入れ、180℃のオーブンで40分ほど焼きます。
 
7.
焼きあがったら粗熱が取れてから焼き型からはずし、冷めてから切り分けます。
 
8.
お好みで、ホイップクリームやイチゴなどをお皿に飾って、美味しくいただきましょう。

 

美味しいクリスマスケーキを楽しもう♪

 

 
今回は、日本にクリスマスケーキが広まった歴史や、魅力的なクリスマススウィーツの作り方なども見てまいりました。
 
クリスマスをお祝いする文化は外国から伝わりましたが、クリスマスケーキに関しては、日本独自のものだったのですね。
 
その歴史をたどると、明治時代にお菓子メーカーの不二家さんが販売を始めたクリスマスケーキが始まり。
 
今ではすっかり定着して、魅力的なケーキはクリスマスパーティーを盛り上げる重要な存在になっています。
 


白い生クリームとイチゴの定番クリスマスケーキに加えて、チョコクリームやチーズケーキ風のものも美味しそう♪
 
またシュトーレンやパン・デピスといった海外のクリスマススイーツのように、シンプルなパウンドケーキ風の焼き菓子も素敵ですね。
 
今年のクリスマスはぜひ甘くて美味しいお菓子とともに、幸せなひと時をお過ごしください。