金継ぎとは?割れた・欠けた器を自分で修復しよう!

金継ぎとはどんな技法?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Arisa Nishino(@kintsugian)がシェアした投稿

器の修繕として密かに知名度があがっている金継ぎですが、一体どのような技法なのか、どんな器でも修繕できるのか気になりますよね。

 

そんな金継ぎを歴史と共にご紹介します。

金継ぎの歴史

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

et craft 金継ぎ(@et_craft_ktg)がシェアした投稿

 

金継ぎとは、壊れてしまった器を漆で修繕し、さらに金粉などで装飾し美しい芸術作品として楽しむ技法です。

 

漆には接着効果があり、割れた破片を接着したり、欠けた部分を埋めたりできます。

 

その漆の部分に金粉などで化粧をし、より魅力的に蘇らせるという日本のすばらしい修復技術です。

 

漆という自然の素材を使って接着している金継ぎの歴史は古く、室町時代まで遡ります。

 

壊れてしまい役割を終えた器を、また新しく命を吹き込むこの修復技術は、日本の侘び寂びそのもの。その傷跡も器の歴史と捉え、芸術としての価値が認められました。

 

戦国時代に身近に行われていたこの技法は、現代も文化財の修復や骨とう品などに使われる他、アートとしても取り入れられています。

 

より個性あふれる素敵な作品に蘇らせる金継ぎは、長い年月をかけ、先人たちから受け継がれてきた日本の伝統的な技法なのです。

 

金継ぎできる器

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ironmonger(@ironmonger_)がシェアした投稿

 

金継ぎが可能な器は以下の物です。

・陶器

・木器

・漆器

 

これらは漆で接着ができるので、金継ぎができます。

 

しかし、ガラスは漆との相性が悪くすぐはがれてしまうので、金継ぎはできません。

 

金継ぎをすることのメリット&デメリット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kae(@jewelry_kae)がシェアした投稿

 

金継ぎがどういうものなかはお分かりいただけたでしょうか。

 

しかし、実際のところ金継ぎが良い物かどうか気になるかと思います。

 

続いて、金継ぎのメリットとデメリットについて解説いたします。

金継ぎのメリット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

weave(@weaveink)がシェアした投稿

 

【自宅での作業が可能】

 

金継ぎは、割れた器を接着し、その傷跡を飾り付けるという非常にシンプルな作業なので、大掛かりな設備は必要ありません。

 

金継ぎは作業するテーブルや接着を乾燥させる場所があれば最後まで行えるので、賃貸のアパートでも行えます。

 

場所をとるような大きな材料もないので、始めたいと思った時にすぐ手をつけられるのが魅力です。

 

 

【お気に入りの器を自分で修復できる】

 

大切な人からのプレゼント、旅行の思い出の品、好きなブランドのマグカップ…このようなお気に入りの器がもし割れてしまったらショックが大きいですよね。

 

しかし、金継ぎはガラス以外の器ならほとんど修復可能です。

 

金継ぎでまた蘇らせることができるので、壊れても諦める必要がありません。

 

金継ぎで美しく装飾された器は、以前とはまた違う魅力を輝かせ、いつまでもあなたと一緒に歴史を刻めます。

 

これこそ金継ぎの醍醐味と言えるでしょう。

 

 

【金継ぎが素敵なアクセントになる】

 

割れた器をただ接着しただけでは、いかにも割れた物をくっつけたという印象です。

しかし、金継ぎは、その継ぎ目を華麗に装飾します。

 

割れてしまったことで現れた継ぎ目は、どう真似しようとしても、二度と表現することができない「傷跡」です。

 

「傷跡」を金粉などで飾りつけることで、「割れた物をくっつけた感」がなくなり、はじめからそのような装飾が施されていたかのような輝きや魅力を与えます。

 

もし、金継ぎを知らない方がその器を見たときは、修復されたものということに驚きを覚えるでしょう。

 

傷跡をより魅力的に輝かせ、その器にしかないアクセント(個性)として、第二のステージを楽しめます。

 

金継ぎのデメリット

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

奥田 彩(@ayaadukuf)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

urujyu(@urujyu)がシェアした投稿

【修復完了まで日数がかかる】

 

金継ぎは、完成するまでの道のりで漆を乾かす工程が数回あります。

 

硬化するまで数日から数週間かかるので、すべて完了するまでが大変長いです。

 

使う漆の量や、漆を塗る回数にもよりますが、順調に作業が進んでもおおよそ1ヶ月はかかるでしょう。

 

接着剤として使う漆が完全に乾かない状態で次の作業に移ってしまうと、接着がもろくなってしまうのでしっかりと乾かす必要があります。

 

完成までの道のりが長く、大変待ち遠しいですが、その日数も金継ぎを行うための作業なのです。

 

出来上がりを想像しながら、待ち時間も楽しむことがコツです。

 

 

【漆でかぶれる可能性がある】

 

漆の原料となる樹液には、肌にかゆみや炎症をひきおこすウルシオールという成分がふくまれています。

 

直接肌に触れてしまうとかぶれの原因になるので、使用するときは手袋をはめるなど注意が必要です。

 

万が一、肌についてしまった場合はサラダ油で洗い流しましょう。

 

洗い流してもかぶれが治らない場合は早めの皮膚科の受診をおすすめします。

 

 

【知識と技術を身に着けるまでが大変】

 

金継ぎは完成までの工程が多いため理解が必要なものが多く、造型や研磨などのさまざまな技術も必要です。

 

はみ出た漆を削る作業一つにしても、刃物を入れる角度で削れ方が変わりますし、大きく欠けた器は粘土状の漆を埋め造型するため、ひとつひとつが慎重かつ丁寧な作業になります。

 

思うような仕上がりになるまでは、深い知識と経験が求められ、そのための努力や辛抱強さもまた必要となるでしょう。

金継ぎのやり方・作業工程

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金継ぎの柳家(@kinyanagiya)がシェアした投稿

 

器の破損の仕方はおもに以下の3パターンです。

・割れ

・かけ

・ひび

 

破損のパターンによってそれぞれ修繕方法が異なります。

 

簡単ですがひとつずつ解説いたしますね。

金継ぎのやり方①割れた器

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Midori Sasahara(笹原みどり)(@midorigomisasahara)がシェアした投稿

 

1.素地固め…接着効果を上げるための土台づくり

 

【材料】
・テレピン
・ティッシュ
・生漆
・サラダ油

 

はじめに…漆はかぶれることがあります。手に付いた場合はサラダ油で念入りに洗い、石鹸で洗い流すことを忘れずに行ってください。

 

(1)生漆:テレピンを5:1の割合で混ぜ合わせる

 

(2)破片の断面すべてに(1)を塗る

 

(3)塗った(1)をティッシュで拭き取る

 

(4)湿し風呂を作り、その中で1日ほど乾燥させる

漆は高温多湿(湿度70~85%、温度20~30℃)の場所で乾きやすくなる特徴があり、そのための湿し風呂という乾燥専用の場所をつくります。

 

①段ボール箱を準備し、底にビニールを敷く

②その上に、濡れたキッチンペーパーを入れる

③器を入れてフタを閉める

 

こうすることで高い湿度を保てます。

 

 

2.麦漆で接着…接着剤として「麦漆」を作り、接着する

 

【材料】
・水
・生漆(小さじ1程度)
・小麦粉(小さじ1程度)

 

(1)麦漆を作る

小麦粉に水を足し練り合わせます。さらに生漆を少しずつ足し練り合わせると、接着するための麦漆が完成です。

 

(2)麦漆を破片の断面に塗り、接着

接着箇所がずれないよう、マスキングテープで固定します。コツは、割れ目を横断するように貼ることです。

 

(3)湿し風呂で2週間以上かけ、しっかり乾燥させる

 

 

3.麦漆を削る

 

(1)2で塗った麦漆のはみ出した部分をカッターナイフで削る

 

(2)接着箇所の周りにマスキングテープを貼り、養生する

 

 

4.錆付け

 

【材料】
・水
・生漆
・砥の粉

 

(1)錆漆を作る

生漆:砥の粉を4:5の割合で混ぜ合わせ、ペースト状にする

 

(2)接着箇所に錆漆を塗る

 

(3)錆漆が乾くまで1~2日ほど乾燥させる

錆漆に水分が入っているので、高温多湿の場所でなくても乾きます。

 

 

5.錆漆を削る・研ぐ

 

(1)4で乾燥させた錆漆のはみ出した部分をカッターナイフで削る

 

(2)耐水ペーパーに水を含ませ、錆漆を研ぐ

器本体を傷つけないよう慎重に行ってください。

 

 

6.漆の下塗り

 

(1)接着箇所に漆を塗る

はじめに輪郭を塗り、次に輪郭の中を塗っていく

 

(2)湿し風呂で2日ほど乾燥させる

 

 

7.漆を研ぐ

 

(1)6で塗った漆を耐水ペーパーで研ぐ

 

 

8.装飾

 

(1)接着箇所に漆を塗る

 

(2)(1)の上に金粉をのせていく

 

(3)余分な金粉を払い落す

 

(4)湿し風呂で約1週間ほど乾燥させる

 

 

9.完成

 

乾燥したら、やわらかいスポンジを使い、水で洗い流し、完成です。

 

金継ぎのやり方②欠けた器

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@kei_na0731がシェアした投稿

 

基本的には、割れた器と工程は同じです。

 

割れた器の工程と大きく違う点は、錆付けの前にパテを詰める作業があることです。

 

欠けた場合は、接着できる破片がないので、粘土状に作ったパテで欠けた部分を埋めていきます。

 

1.素地固め…漆の充填剤の接着効果を上げる作業

 

【材料】
・テレピン
・ティッシュ
・生漆

 

(1)生漆:テレピンを5:1の割合で混ぜ合わせる

 

(2)欠けた部分に(1)を塗る

 

(3)塗った(1)をティッシュで拭き取る

 

(4)湿し風呂で1日ほど乾燥させる

 

 

2.パテを作る

 

【材料】
・水
・生漆(小さじ1程度)
・小麦粉(小さじ1程度)
・木粉

 

(1)麦漆を作る

 

(2)作った麦漆に木粉を混ぜる

少しずつ混ぜ合わせ、粘土状にしていきます。ヘラにつかない程度が目安です。

 

 

3.充填

 

(1)2のパテを器の欠けた部分に詰めていく

 

(2)ラップ越しに指で押さえ、形を整える

 

(3)湿し風呂で2~3週間乾燥させる

 

 

4.パテを削る

 

(1)3で埋めたパテのはみ出た部分をカッターナイフで削る

 

 

5.錆付け

 

(1)錆漆を作り、パテの上に少しずつ塗る

 

(2)錆漆が乾くまで1~2日乾燥させる

錆漆に水分が入っているので、高温多湿の場所でなくても乾きます。

 

 

6.錆漆を削る・研ぐ

 

(1)錆漆を盛りすぎた箇所をカッターナイフなどで削る

 

(2)耐水ペーパーに水を含ませ、錆漆を研ぐ

器本体を傷つけないよう慎重に行ってください。

 

 

7.5と6をもう一度行う

 

繰り返すことで、凹凸を滑らかにします。

 

 

8.漆の下塗り

 

(1)パテ部分に漆を塗る

 

(2)高温多湿の場所(湿度70~85%、温度20~30℃)で2日ほど乾燥させる

 

 

9.漆を研ぐ

 

(1)8で塗った漆を耐水ペーパーで研ぐ

 

 

10.装飾

 

(1)接着箇所に漆を塗る

 

(2)(1)の上に金粉をのせていく

 

(3)余分な金粉を払い落す

 

(4)湿し風呂で約1週間ほど乾燥させる

 

 

11.完成

 

乾燥したら、やわらかいスポンジを使い、水で洗い流し、完成です。

金継ぎのやり方③ひびが入った器

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

加藤 萌 / Kato moe(@katoh_moe)がシェアした投稿

 

こちらも基本的には割れた器の工程と同じです。

 

割れた場合と違う点は、完全に破片が分かれているわけではないので、漆の接着がしにくいことです。

 

まず、ひびの部分に漆を塗りやすくするところからはじめます。

 

1.ひびの調整

 

(1)ひび部分をリューターで削り、溝を作る

溝を作ることで、漆を塗りやすくします

 

 

2.素地固め

 

【材料】
・テレピン
・ティッシュ
・生漆

 

(1)生漆:テレピンを5:1の割合で混ぜ合わせる

 

(2)ひびの部分に(1)を塗る

 

(3)塗った(1)をティッシュで拭き取る

 

(4)湿し風呂で1日ほど乾燥させる

 

 

3.錆付け

 

(1)溝に錆漆を埋める

 

(2)錆漆が乾くまで1~2日ほど乾燥させる

錆漆に水分が入っているので、高温多湿の場所でなくても乾きます。

 

 

4.錆漆を削る・研ぐ

 

(1)はみ出した錆漆をカッターナイフなどで削る

 

(2)耐水ペーパーに水を含ませ、錆漆を研ぐ

器本体を傷つけないよう慎重に行ってください。

 

 

5.3と4をもう一度行う

 

 

6.漆の下塗り

 

(1)錆漆の部分に漆を塗る

 

(2)湿し風呂で2日ほど乾燥させる

 

 

7.漆を研ぐ

 

(1)8で塗った漆を耐水ペーパーで研ぐ

 

 

8.装飾

 

(1)接着箇所に漆を塗る

 

(2)(1)の上に金粉をのせていく

 

(3)余分な金粉を払い落す

 

(4)湿し風呂で約1週間ほど乾燥させる

 

 

9.完成

 

乾燥したら、やわらかいスポンジを使い、水で洗い流し、完成です。

金継ぎをはじめるにはどうしたらいいの?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

wako’s artworks🇯🇵🇦🇺(@wako4ya)がシェアした投稿

 

いざ金継ぎを始めたい!と思っても、いったいどう始めたら良いのかわからないし上手くできるか不安ですよね。

 

そのような方におすすめの方法はこちらです。

初心者はキットの購入がおすすめ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

田中マヤ(@tanakamaya_official)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

urujyu(@urujyu)がシェアした投稿

金継ぎは漆や、漆を塗るための筆やヘラ、耐水ペーパーなど非常にたくさんの材料や道具を使います。

 

これらを一から材料をそろえるのはコストも手間もかかり大変です。

 

 

金継ぎを初めて行う方はキットの購入がおすすめです。

 

必要な材料はすべてそろっており、詳しい手順も書かれています。

 

ネットショッピングでも販売されており、相場は10,000円前後でしょう。

 

ずっと金継ぎを続けるなら一から材料をそろえるのも良いかもしれませんが、もしやらなくなった場合、大量の材料を無駄にしてまう可能性も否めません。

 

その点、キットは少量ずつの材料のため、もし挫折しても罪悪感が少なくて済みます。

 

初めての方は、お財布にもメンタル面にもやさしいキット購入をおすすめします。

教室やワークショップに参加してみよう

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

金継ぎの柳家(@kinyanagiya)がシェアした投稿

 

初心者キットといえど、一人で説明書を読みながら作業するのは不安という方もいらっしゃるかと思います。

 

たしかに、たった一人で作業すると間違いに気づかない場合もあるので、心細いですよね。

 

そのような方は教室やワークショップへの参加をおすすめします。

 

伝統技術と聞くと、まるで職人に弟子入りするようなイメージですが、今はインターネットやSNSの普及で若い方にも金継ぎが広がりつつあります。

 

教室やワークショップの人気も上昇し、いまや金継ぎは身近な存在となりました。

 

教室により月謝制のところや、回数制のところがありますが、だいたい1回の受講で4,000円~5,000円です。

 

月謝制で月に2回の受講の場合は8,000円~10,000円、月に3回なら12,000円~15,000円が相場となります。

 

近くに教室がない場合や、どうしても自力での修繕が難しい場合は、金継ぎの依頼ができる店舗や工房もあるので、そちらを利用すると良いでしょう。