初心者さんにはコレ!つまみ細工の必須アイテム

 

つまみ細工を始める前に


日本女性の心を魅了してやまないつまみ細工。
 
かんざしや帯留めなど着物に合うのはもちろん、ヘアピンやブローチと洋風のアレンジにもぴったりですよね。
 
素材も揃えやすく危ないものは使わないので、初めてハンドメイドする方にはおすすめのジャンルです。
 
けれども、いざ始めるとなると必要になる道具が分からず困ってしまうことも。
 
「つまみ細工について色々調べたけれど、結局何が必要なの?」
 
と悩んでしまいますよね。
 
ここでは、つまみ細工に必要となる道具を徹底網羅。初心者さんでも始めやすいようにお値段もご紹介しています。
 
お値段は通販サイトのものなので、あちこち比べてご検討くださいね♪

安くて安全!つまみ細工必須アイテム

端切れ


つまみ細工の材料で最も重要なのが端切れですよね。
 
着物などを仕立てる際に余った端切れは、1,000円以内で揃えることができるのが魅力的。
 
デザインも、無地のものから金箔が施されたもの、絞り染が施されたものなど様々です。

ピンセット


端切れの次に重要になってくるのがピンセットです。
 
つまみ細工用に作られたピンセットは先端部分が長くなっています。価格も300円前後ととてもお手頃。
 
ちりめんを折りたたんだりつまみ細工の花びらを作ったりと、細かい作業に最適な仕様です。
 
また、先端がカーブしたピンセットもあり、こちらは細部の微調整に使われます。
 
まっすぐなピンセットだけでもOKですが、より素敵な作品に仕上げるには、両方取り揃えておきたいもの。

接着剤


つまみ細工は花びらをいくつも接着して仕上げるので、接着剤も重要です。
 
接着剤といえばノリとボンド。メリットとデメリットはそれぞれあります。
 
ノリのメリット
・乾くのに時間がかかるので、接着しても微調整ができる。
・慣れるとボンドより扱いやすい。
 
ノリのデメリット
・乾くのに時間がかかるので、完成に時間がかかる。
・慣れるのに経験がいるためハードルが高い。
 
ボンドのメリット
・どんな生地でも接着することができる。
・乾くのが早い。
 
ボンドのデメリット
・ボンドの跡が生地についてしまう。
・小さな生地には向かない。
 
それぞれの特色を知ってつまみ細工にトライしてみましょう。

つまみ細工用はさみ


つまみ細工で大切なのは、布の処理です。
 
普通の裁ちばさみでもいいのですが、つまみ細工専用のはさみはできれば揃えておきたいところ。
 
持ちやすく、力が入りやすいデザインのため、重ねたちりめんも簡単に切ることができますよ。
 
端切れやほつれを綺麗にカットして、糊付けもきちんと揃うので花びらが安定し、出来栄えも段違いに。
 
刃先がコンパクトなので、つまみ細工のほか、布でハンドメイドする際には活躍すること間違いなしです。
 
また、ロータリーカッターも小回りが利くのでとても便利。どちらがいいかはお好みで。

テンプレート定規


つまみ細工といえば、丸い台紙が必要になりますよね。
 
専用の台紙を購入するのもいいですが、たくさん作るとなるとやはり便利なのがこのテンプレート定規でしょう。
 
テンプレート定規は、数種類の丸が用意されているので、仕上げたいつまみ細工の大きさによって使い分けが可能です。

ボンドプレート


つまみ細工は、金具や複数の細工を接着剤で接着します。
 
接着剤で周りが汚れやすいのが難点ですが、ボンドプレートをパレットのように手で持つと作業に集中することができますよ。
 
市販されているボンドプレートは表面加工済み。作業後にボンドを乾燥させれば、剥がしやすくてお手入れも楽ちん。
 
ボンドプレートのお値段は300円弱。
 
必須ではありませんが、つまみ細工に集中したい方はぜひ検討してみてくださいね。

つまみ細工作成セット


つまみ細工セットは端切れ、台紙、金具がセットになった初心者さん向けのもの。
 
作品のレパートリーは少なめですが説明書がついているので、初めてつまみ細工をする方におすすめの道具です。
 
つまみ細工といえば重要な丸つまみ、剣つまみの復習もできますよ。
 
ここからコツを掴んで、オリジナル作品を作る練習をしていくのもいいかもしれません。
 
お値段は1,000〜8,000円とピンからキリまでありますが、それぞれサイトを見比べてご自身に合ったセットを購入しましょう。

つまみ細工を本格的に仕上げるために


難しい材料を使わず、手軽に道具を揃えることができるつまみ細工。
 
もちろん最初のうちは百均で揃えてもいいのですが、専門の道具はやはり使い勝手が違います。そしてそれは、作品の仕上がりにも影響してくるもの。
 
楽天などの大手通販サイトのほか、手芸専門店の通販もあるので、本格的なつまみ細工を作りたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。
 
ご自身が扱いやすい道具を揃えて、楽しくつまみ細工を作りましょう♪