好きな物が作れる!ソーイング初心者におすすめの道具と材料紹介

ソーイングを学ぶならまずこれから

何かを作りたいと思ったら、最初に始めることは何でしょうか?

 

学校に行く?誰かに教えてもらう?それとも独学?

 

ソーイングの基本や作りたいものを学ぶために必要なことをご紹介します!

 

ネットや動画でチャレンジしてみる

独学で学ぶならばやはり動画を見ることをおすすめします。

 

ミシンの使用方法、縫い方などを丁寧に説明している動画がいいですね。

 

以下の手芸メーカーのサイトでソーイング動画を公開していますよ。

 

初心者にも分かりやすい説明がされていて、とても見やすい動画です。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

クロバー レッスンバッグの作り方

 

有名手芸メーカーのクローバーがYouTubeで動画を公開しています。

 

レッスンバッグは真っすぐ縫いで作れるので、初心者にもすぐ作れますよ。

 

応用すればマチ付きバッグも作れますので、まずは基本をこのようなバッグで練習してみましょう。

 

 

ヴォーグ学園 ミシンの直線縫い

 

カルチャースクールでおなじみのヴォーグ学園の動画です。

 

ミシンのレクチャー動画で、とても詳しく解説されていますよ。

 

他にも初心者向けの動画がたくさんありますので、順番に見ていけばミシンの使い方が分かるようになります。

 

ソーイングブックから学ぶ

動画より活字派の方は本で学びましょう!

 

ミシンの使い方、服の作り方、小物の作り方などそれぞれ個別になっている本が分かりやすく、初心者向けのものが多いです。

 

最初からいきなり服や凝ったデザインの本は難しいので、なるべく真っすぐ縫いでできあがるような簡単な本を選ぶのがポイント。

 

また、ミシンの使い方が載っている本もありますので、基本を押さえるのであれば一緒に見ると分かりやすいですよ。

 

 

イチバン親切なソーイングの教科書・かわい きみ子()

その名の通り、ミシンの使い方や道具の紹介、材料の解説まで学べる一冊です。

 

カラーで分かりやすく、簡単なミニバッグと子ども用のワンピースの作り方が載っています。

 

 

はじめてでもすてきに作れる バッグのきほん・猪俣 友紀()

手始めにバッグから作ってみませんか?

 

ペタンコバッグなら縫うところも少なくあっという間にでき上りますよ。

 

51種類のバッグの作り方が載っている本です。

 

巾着やショルダーバッグ、ボディバッグなどすぐに使いたいデザインがたくさんあります。

 

 

まっすぐ縫いでできる ソーイングの本・月居 良子()

タイトル通り、まっすぐ縫えばでき上がる作品が載っています。

 

ワイドパンツ、ブラウスなど、作ってすぐに着用できるものばかり。

 

トータルコーディネートが揃うのでお出かけ用にいかがでしょうか♪

 

教えてくれる教室を探す

ソーイング教室に通えばミシンの使い方、服の作り方、製図まで教えてもらえます。

 

基本を学びたい、服の作り方が分かれば良いなど目的に合わせて教室を選ぶと良いでしょう。

 

また、オンラインや通信講座で学ぶこともできます。

 

自宅で好きな時間にソーイングができますので、忙しい方にはピッタリですね。

 

カリキュラムに沿って進めて、課題の提出などをすると終了時に資格が取れるコースもありますので、目指したい目標を決めて選んでみてください。

 

道具は何が必要?基本の「き」はこれ!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

LEBES(レベ)(@le_bes82)がシェアした投稿

ソーイングに必要な道具は?

 

針と鋏?ミシンも必要?

 

基本となるソーイングのお道具を紹介します。

 

自分だけのソーイングセットを作る

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ジャノメミシン公式(@janome_sewing)がシェアした投稿

ご自宅にソーイングセットがありますか?

 

ちょっとボタンを付けよう、とういう時に使用しているお道具は何が揃っているでしょうか。

 

針と鋏ぐらいしかない、ということであればソーイングセットを揃えてみませんか。

 

必需品は縫い針、マチ針、ミシン針、縫い糸、ミシン糸、糸きり鋏、印付けペン。

 

その他、定規、メジャー、裁鋏などですが、1つずつ揃えるのが大変であればソーイングセットを購入するのもいいですね。

 

手持ちの道具ないものを加えるならば使いやすそうなものを選んでみてください。

 

100円ショップの商品でももちろん大丈夫。

 

まずは基本の道具を揃えることがから、始めてみましょう。

 

揃えた道具は箱や缶などにまとめて入れておくのがおすすめ。

 

ソーイングを始める際に、それだけ出せば出来るという状態にしておくのが楽でいいですよ。

 

ソーイングの必需品!針の種類

針は用途別に揃えましょう。

 

長さや太さが違いますが、これは縫う布地によって使用する針が違うからです。

 

太い針は厚地用、細い針は薄地用。

 

スカートの裾などを上げる時に行うまつり縫い用の針とボタンを付ける時に使用する針は、実は違います。

 

短針、長針がありますので、用途別に揃えておくと縫いやすいですよ。

 

また、ミシン針は布地の厚さに合わせて変えますので、用意しておくのがいいですね。

 

縫っている最中に折れたりするので、予備にいくつか用意しましょう。

 

マチ針はアイロンをかけても大丈夫なものが便利です。

 

用途別に鋏を揃える

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

manatsu asami(@manatsuasami)がシェアした投稿

鋏は糸切り用と布を裁断する裁ち鋏の2種類用意しましょう。

 

糸切鋏では布を切れませんし、裁ち鋏で糸を切るのも大変。

 

それぞれに合った鋏で作業をするのが、作業を効率よくできるポイントです。

 

また、糸や布を切った鋏で紙を切ることはやめましょう。

 

専用にしておかないと鋏は切れなくなってしまいます。

 

紙は文具用鋏、布は裁ち鋏と分けて使用してください。

 

刺繍もできる?!進化した電気ミシン

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Elizabeth Chappell(@quilters_candy)がシェアした投稿

ミシンの種類はたくさんあり、選べないほどです。

 

値段も1万円くらいから10万円ぐらいするものも。

 

それぞれのミシンはできることが違い、ただ縫うだけではありません。

 

全部オートで行えるものや、刺繍が出来るミシン、早さに特化したミシンなどプロ用のモーターが付いた工業用もあります。

 

まずは、何を作りたいか、どんなことをしたいかを決めてください。

 

決められない時はお店に行って、やりたいこと、欲しい機能などを相談するといいですよ。

 

お気に入りの一台に出会えるよう、いろいろ聞いてみましょう。

 

キレイに仕上げるコツはアイロンにあり

アイロンはなくてもソーイングはできます。

 

縫うことに必ず必要な物ではないのですが、アイロンで縫い代を割ったり、三つ折りする際に当てたりすると仕上がりがとってもキレイ!

 

格段に縫いやすくもなりますので、ぜひ使用して欲しいです。

 

接着芯を貼る時などにもアイロンは使用しますので、用意しておくといいですよ。

 

初心者にも扱いやすい布は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

株式会社BLueGray (大阪*生地問屋*手芸用品)(@bluegray_japan2016)がシェアした投稿

作りたいものに合わせて布を用意しましょう。

 

何が作りたいですか?

 

洋服でしょうか?それともバッグ?

 

それぞれに合った布地がありますので参考にしてみてください。

 

小物を作るならブロード

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

OKB fabric(@okbfabric)がシェアした投稿

よくソーイングで使用される布で扱いやすいのはブロードです。

 

綿ブロードと呼ばれる布は程よい光沢感があり、縫いやすい普通地。

 

柔らかく、丈夫な布ですので、シャツやスカート、エプロンなどによく使用されます。

 

バッグの裏地やランチョンマット、巾着などにも相性がいいですよ。

 

初心者にも扱いやすいおすすめの布地です。

 

しかし、ブロードはシワになりやすいというデメリットも。

 

作品を仕上げた後はアイロンをかけることをおすすめします。

 

カバーリングに最適なシーチング

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

サンカクヤ鳥栖店(@sankakuya.tosu)がシェアした投稿

シーツが由来となるシーチング。

 

通気性に優れている布地です。

 

その通気性を活かして、枕カバーなどのカバーリングに仕立てるのが向いています。

 

エプロンやポーチ、エコバッグなどもいいですね。

 

普通地で、縫いやすく扱いやすい布地です。

 

ただし、こちらもブロードと同じくシワになりやすいので注意が必要ですよ。

 

アイロンをかけてキレイに仕上げましょう。

 

バッグなどの袋物にはオックスフォード

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Quilter’s Farm 辻とし(@quiltersfarm)がシェアした投稿

オックスフォードはシャツによく使用される布地で、イギリスのオックスフォード大学にちなんでつけられた名前です。

 

大学の名前が付いた布地が19世紀末に売り出され、現在もそのままの名前でオックスフォードは残っています。

 

平織の布で光沢感としなやかさがあり、カジュアル、ビジネス両方のシャツに利用される味わいのある布です。

 

とても縫いやすいので、初心者にもおすすめ。

 

シャツだけではなく、バッグや小物に使用しても素敵な作品に仕上がりますよ。

 

無地だけではなく柄物もありますので、お気に入りをみつけてください。

 

オシャレに仕上がる帆布

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@yk____4___.3がシェアした投稿

帆布=ハンプと読みます。

 

キャンバス地とも呼ばれることもあり、厚地の丈夫な布地です。

 

帆船の材料に使用されていたことがあり、帆布と呼ばれています。

 

かなり厚みがあるので、1枚でバッグが作れますよ。

 

自立したしっかり目のトートバックやエプロンなどを作る方が多いですね。

 

厚みも種類があり、薄めの帆布、超厚地の帆布もあります。

 

用途に合わせて選んでみてください。

 

厚みがあり過ぎるとミシンで縫えないことがありますので、お持ちのミシンを確認してみてくださいね。

 

上達したら作りたい!ソーイングでできる作品

最初に作りたいものは何ですか?

 

夢が広がる素敵なデザインを見て、ファーストソーイングの参考にしてみてください!

 

インテリアをワンランクアップできるテーブルウェア

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

une moaché(@une_moache)がシェアした投稿

練習でソーイングをするなら、まずは四角いものから。

 

ランチョンマットやコースターなどいかがでしょうか。

 

端を三つ折りにして縫ったり、2枚に合わせて縫ったりとさまざまな仕上げ方があります。

 

どれが縫いやすいかいろいろ試してみるといいですよ。

 

好みのものが作れるトートバック

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

neige+ (手作り布マスクの作り方動画&型紙提供)(@neige__y)がシェアした投稿

いつも持ち歩くバッグを手作りしたいですね!

 

A4ファイルが入るくらいのタップリとしたトートバックはソーイングでとても人気があります。

 

ポケットを付けて、ショルダーベルトを付けてとアレンジもたくさんできますね。

 

使い勝手の良いバッグをデザインしてみましょう

 

春が待ち遠しい!ワンピースとスカート

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

布・生地の通販キジキジ(@kiji_kiji_)がシェアした投稿

四角いものに飽きたら、洋服にチャレンジ!

 

まずはまっすぐ縫いで完成するスカートがおすすめ!

 

ギャザーを入れたデザインも簡単に作れますよ。

 

前後の布を変えたり、ポケットを付けてみたりお気に入りの1着が作れます。

 

スカートが作れたらぜひワンピースも。

 

袖のないタイプやかぶりのタイプは初心者にも簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてください。

 

 

ソーイングの楽しさをお伝えしました。

 

まずは欲しいものを作ってソーイングの楽しさに触れてみましょう。

 

自分だけの特別な作品をたくさん作ってみてくださいね!