大人も子どもも楽しめる♪プラバンにはどんな種類があるの?

プラバンにはどんな種類があるの?

kinokoさん(@kinoko218)がシェアした投稿


簡単にしかもリーズナブルにオリジナルアクセサリーを作ることができると、口コミでじわじわと人気を集めているのがプラバンです。
 
一昔前であれば、手描きで模様や絵を描いて作品を作るのが定番だったプラバン。
 
最近ではUVレジン技術と併用して、ぷっくりとした立体感と濡れたようなつや感を表現することができたり、プラバンの種類によってはプリンターで印刷して大人可愛いプラバンアクセサリーを作ることが可能。
 
一口にプラバンと言っても、種類は多種多様です。
 
アクセサリー作りにはどんなプラバンが使われているのか、さっそくプラバンの種類をチェックしてみましょう。

透明タイプ

 

@chirorukoubouがシェアした投稿


 
透明タイプのプラバンは一番メジャーなタイプです。
 
初めてプラバンにチャレンジしてみたい方にはおすすめの種類。
 
透明素材のため下絵のデザインを書き写すことができるので、お子さまと一緒に楽しんでみても。
 
また最近では手芸ショップやおもちゃ屋さん以外にも、ダイソーやセリアなどの100円ショップでも販売されており、すぐに購入できる手軽さも人気の秘密です。
 

Rina*さん(@paseri.handmade)がシェアした投稿


 
最もベーシックな透明タイプはサイズや厚さも豊富に揃っているので、作りたいデザインによって使い分けていただけますよ。
 

白色タイプ

 

↟Söpö↟さん(@sopo_mf)がシェアした投稿

 
一昔前は見かけることが少なかった白色タイプのプラバン、最近は100円ショップや手芸ショップでも多く取り扱われるようになりました。
 
白色プラバンの長所は、作ったプラバンの背面を塗装しなくてもいいところ。
 
また完成時にデザインもくっきりと映えるので、図柄に白が多い場合にはこちらのプラバンを選ぶといいでしょう。

フロストタイプ

 


 
フロストタイプは、最初からヤスリをかけたように加工されているタイプのプラバンになります。
 
フロストタイプの最大の特徴は水性ペンやクレヨン、色鉛筆での加工ができるということ。
 
グラデーションをつけたり、より豊かな色彩で表現したりすることで、美しく完成度の高い作品を作ることが可能になります。
 
色合いの強弱を付けることにより、手作りならではの色味を楽しむことも。
 
フロストタイプを使うことで透明タイプのプラバンにヤスリがけの手間を省くことができるほか、ヤスリでのプラバンのこすり過ぎやヤスリがけ不足による発色不足が解消されるのも注目のポイントですね。
 
またお子さまが直接フロストタイプのプラバンに絵を描けばそのまま作品がキーホルダーとなって出来上がりますので、お子さまも一緒に作品作りを楽しむことができます。
 

インクジェット印刷タイプ

 

junさん(@ra__bbit__hitiboo)がシェアした投稿


 
印刷出来るタイプのプラバンは、最近一番注目を集めている種類となります。
 
透明や白色に比べると割高にはなりますが、イラストを書き写す手間が省け作品にしたい絵などが綺麗に印刷できる手軽さが魅力。
 
お子さまの写真やペットの写真を印刷して記念にプレゼントしたい時、また同じ作品をいくつも作りたい時などには、とても適したプラバンといえます。
 
複雑なデザインも手描きをする必要がないので、今まで作ることができなかった作品にもチャレンジすることができますね。
 

プラバンの厚みや大きさの違いは?


 
もちろん、プラバンの厚みや大きさによっても、作品の仕上がりに差が出てきます。
 
厚みはメーカーにもよりますが、0.2mm、0.3mm、0.4mmのものが主流となっており、アクセサリーなどの作品作りによく使われるのは0.4mm。
 
厚みがあるプラバンは焼き縮みにムラが出にくい反面、カットしづらいのでご注意。
 
薄いプラバンの場合は加工時に割れてしまうこともあるので、ご自身が扱いやすい厚みのものを選びましょう。

 
お店ではB4またはA4サイズのプラバンを多く見かけますが、100円ショップではハガキサイズの物も販売されているので、試しに作ってみたいというときには便利ですね。
 
プラバンが縮んだ加熱後に、せっかくの着色が落ちてしまうことがあるので、レジン液やクリアカラーのマニキュアなどでコーティングするのがおすすめ。
 

種類豊富なプラバン。さっそくオリジナルアクセサリーを作ってみませんか

 

Tweedia_blueさん(@tweedia_blue)がシェアした投稿


 
今回は、主なプラバンの種類を用途と併せてご紹介しました。
 
同じデザインで作っても、種類や着色方法によって存分に個性を発揮できるのがプラバンのメリット。
 
子どもも大人も楽しむことができるプラバンでは、手軽にオリジナルアクセサリーやキーホルダー作りにトライしていただけます♪
 
お子さまやご友人と、ご自宅でわいわい作るのも面白いはず。
 
プラバンを上手に使い分けて、素敵なアクセサリー作りを楽しんでくださいね。