【今日からあなたもアクセサリー職人!】プラバンで立体的な指輪を作ろう

 

懐かしいプラパンを使ったアクセサリー

fontaninaさん(@fontanina7)がシェアした投稿

 
小学生の頃、よくプラバンを使って遊んでいたという方も多いのではないでしょうか?
 
プラバンとはその名の通り、透明なプラスチックの板のこと。
 
そこに油性マジックやサインペンで自由に絵を描き、トースターで焼くと、一回り縮んだ可愛らしい作品が出来上がるのです。

 
ガラス越しにトースターの中を覗き込んで作品の焼き上がりを見守る瞬間は、何ともわくわくしますよね。
 
最近では、このプラバンを使ったアクセサリーが、雑貨屋さんなどで数多く販売されています。
 

さっぺさん(@sappesappe_2)がシェアした投稿


 

プラバンで立体的な指輪を作ろう

 
実はそのプラバンで、立体的なアクセサリーを作ることも可能なのです。
 
平面的なプラバンを使ってどのように立体を作るのか、興味が湧いてきませんか?
 

Satomi Terukinaさん(@satteru)がシェアした投稿


 
そこで今回は、プラバンを使って立体的な指輪を作る方法をお伝えします。
 
プラバン初心者の方にとっては難易度はやや高めかもしれませんが、プラバンを使って立体物を作るコツを掴んでしまえば、様々な形やデザインのアクセサリーを制作することができます。
 

Atelier sayuraさん(@sayura51)がシェアした投稿

 
プラバンで指輪を作るために必要な材料と道具は、たったこれだけ。
 
プラバン
油性ペン(アクリル絵の具でも可)
アルミホイル(クッキングシートでも可)
軍手
爪やすり
はさみ
トースター
 
プラバンは手芸店だけでなく100均でも販売されているので、簡単に手に入れることができます。
 
使うプラバンの厚さによって、完成品の大きさも変わってくるので、作りたい指輪のデザインによって色々な厚さを試してみてもいいですね。
 
プラバンをトースターから出し入れする際の火傷を防ぐために、軍手はかならず用意しましょう。
 

vivivi.mさん(@vivivi.m)がシェアした投稿


 

指輪の作り方

 
準備が整ったら、さっそくプラバンを使って指輪を作ってみましょう♪
 

Rieさん(@rie.dm0824)がシェアした投稿


 

プラバンをカットする

 

yunyunfumakuuunさん(@yunyunfumakuuun)がシェアした投稿 –


 
はさみを使って、プラバンを細長い長方形にカットします。このとき、短い辺は指輪の幅に、長い辺はご自身の指のサイズとなります。
 
プラバンは焼くと縮む性質があるので、目安としては2cm×13cmくらい。作りたい指輪の幅よりも、少し余裕をもたせておきましょう。
 
縮小率と焼き時間については、購入されたプラバンの説明書に記載されているので参考にしてくださいね。
 

切り口を磨く

 

noraneko0526さん(@noraneko0526)がシェアした投稿

 
はさみで切った切り口の部分は鋭くなっていることがあるので、爪やすりを使って磨いておきましょう。
 
ペーパータイプの爪やすりであれば、100均でも販売されています。
 
指輪の場合は特に、直接肌に当たるものなので、怪我をしないようにしっかり磨いておきましょう。
 

デザインを描き、色を塗る

 

midoriinoさん(@midoriino)がシェアした投稿


 
どのような指輪をデザインするかはあなた次第。
 
油性マジックで模様を描いたり、アクリル絵の具で色を塗ったり。
 
プラバンで遊んでいた頃の童心に返って、自由な発想で思い思いのデザインを描いてくださいね。
 

トースターで焼く

 

Makiko Miuraさん(@macky118)がシェアした投稿


 
一度くしゃくしゃにしたアルミホイルを広げて、その上にプラバンを置いて焼きます。
 
説明書に記載された焼き時間をしっかり守ることも大切です。
 

指のサイズを把握する

 


 
焼き上がりを待つ間に、ご自宅にあるマーカーペンや油性マジック、スティックのりなどを集めて、最もご自身の指のサイズに近い太さのものを見つけましょう。
 
そのペンに巻きつけることで、プラバンを指輪の形にすることができます。

 

縮んだプラバンが熱いうちに、形を作る

 
トースターから取り出してすぐ、プラバンがまだ熱いうちに軍手を使って作業します。
 
ご自身の指のサイズに近い太さのペンにプラバンを巻きつけて、冷ましたら出来上がりです♪
 
もし失敗してしまっても、再びトースターで焼けばやり直すことができるので安心ですね。
 

@kafemaruがシェアした投稿


 

参考になる!指輪のデザイン集

 
ここで、プラバンで指輪を作る際に参考になる、素敵なデザインをいくつかご紹介。
 
「作ってみたい!」と感じるものが見つかったら、ゆっくり時間をかけて、凝ったデザインの作品を作ってみましょう。
 
プラバンの透明な素材がよく生かされた、華やかなデザインですね。
 
こうしてシンプルな模様を重ねていくだけでも、ファッションのアクセントになる素敵な指輪が出来上がります。
 

Mebae Komiyaさん(@komitakiha)がシェアした投稿


 
こちらはとても夏らしいデザイン。
 
着色に淡い色を使うかビビッドな色を使うかによって、指輪の雰囲気がまったく異なってくるのも面白いところです。
 

Yoko Katoさん(@pinna0425)がシェアした投稿


 
スタイリッシュなデザインのこちらの指輪は、お気に入りのアーティストへの愛情がたっぷり込められた作品です。
 
好きな有名人のライブで身に付けて、さりげなくアピールしてしまいましょう。
 

カオリさん(@ymknjr_1217)がシェアした投稿


 
細い油性ペンを使うことで、これほど繊細なレース模様の指輪を制作することもできます。
 
指に抱きつくような黒猫のデザインも、可愛らしいポイント♪
 
雑貨屋さんの棚に並べてあってもおかしくないほど、センスの光る作品です。
 

mさん(@38ba)がシェアした投稿


 

 

プラバンで素敵なアクセサリー作り

 

bono30さん(@bono30)がシェアした投稿


 
プラバンを使った立体物の作り方をマスターすれば、指輪だけでなくピアスやイヤリング、ネックレスなどにも応用することができます。
 
透明感を生かして作る立体的なプラバンアクセサリーは、ぱっと目を引く存在感のあるものに仕上がること間違いなしです。
 
これからの季節のお出かけに重宝しそうな、涼しげなプラバンアクセサリー。
 
ぜひプラバンでたくさん作って、毎日のお洒落を楽しんでくださいね。