ペーパーフラワーって?不器用さんでも簡単な作り方

ペーパーフラワーとは?

ペーパーフラワーとは、名前の通り、紙で作られたお花のこと。
 
体育祭や誕生日会など、イベントの飾りつけで作ったことがある方も多いのではないでしょうか。
 
最近では、お部屋の装飾やアクセサリー、写真の背景として、日々の暮らしに取り入れる方が増えているのです。

身近な材料だけで簡単に手作りできるペーパーフラワーは、サイズやカラーも自由自在。
 
生花とは違って枯れる心配やお世話をする必要がないので、長く飾っておきたいインテリアやギフトとしてもぴったりです♪
 
今回は、不器用さんでも気軽にトライできる、簡単で楽しいペーパーフラワーの作り方をご紹介します。

ペーパーフラワーの基本の作り方

お部屋が少し殺風景だと感じたり、ギフトの装飾が物足りないと感じたら、身の周りにあるもので簡単に作れるペーパーフラワーはいかがでしょうか。
 
不器用だから自分で作るのは無理…と躊躇してしまう方でも大丈夫。
 
基本の作り方はとっても簡単♪
 
細かい作業はないので、気楽にチャレンジしてみてください。

ペーパーフラワーの材料

 
ペーパフラワーの材料は、フラワーペーパー、ホッチキス、はさみの3つだけ!
 
フラワーペーパーは、100円ショップや文房具屋さんで手に入れることができます。
 
買いに行く余裕がないという方は、お家にある紙ナプキンやティッシュを代用しても大丈夫。
 
また、ホッチキスが手元になければ、輪ゴムやプレゼント包装に使うワイヤータイなどでも作ることが可能です。

折って切って開くだけ!作り方の手順

1.フラワーペーパーを8~10枚重ね、約1.5cmの幅でじゃばら折りにしていきます。
 
お花にボリュームがほしい方はフラワーペーパーの枚数を増やしてください。
 
ただし、枚数が多すぎるとお花の折り目がつきにくくなり、見栄えにも影響するのでご注意。


100円ショップではじゃばら折りの束になった状態で売られているフラワーペーパーもあるので、綺麗に折ることができるか心配な方はそちらを利用してみてください。
 

2.折りたたんだ束の中央をホッチキスで留めます。
 
3.折りたたんだ状態のまま、フラワーペーパーの両端を半円状にはさみで切り取ります。
 
カーブの緩やかさはお好みで調整してください。カーブが深いほど、花びらの輪郭がはっきりしたお花になりますよ。
 


4.じゃばら折りを、はりせんのように広げます。
 
5.重なっているフラワーペーパーを1枚ずつ垂直方向に開きます。
 


1枚目から順に開く角度を小さくしていき、お花の立体感を意識しながら形を整えましょう。
 
あっという間にふんわりと可愛いお花の完成です♪

簡単アレンジでより華やかなペーパーフラワーに!

いくつかあるだけでぱっと場が華やぐペーパーフラワー、作り方があまりに簡単で驚いたという方も多いのでは?
 
「こんなに簡単なら、もっとお洒落なお花に挑戦してみたい!」という方に。
 
基本の作り方に少し工夫を加えるだけで、様々なペーパーフラワーを楽しむことができますよ。
 
より華やかで理想に合ったお花をつくるための簡単なアレンジもいくつかご紹介します。

お花の印象を変えるカッティング

手順3. でフラワーペーパーの束の両端を半円状に切りましたが、このときの切り方によってお花の印象が変わります。
 
ぎざぎざに切り取ったり斜めに切り落としたり、色々な切り方を試してみましょう。
 


切れ込みを入れるだけでもたんぽぽのような可愛らしいお花に仕上がりますよ。
 
形や角度、深さを変えて、新しいデザインを編み出してみるのも面白いかもしれません♪
 

シチュエーションに合った色遣い

手順1.で重ねるフラワーペーパーの色を工夫すると、より幅広いシチュエーションに対応できるお花になります。
 
フラワーペーパーはカラーリングの種類が豊富。
 
店頭での品揃えは限られていても、ネットでは様々な色のものを購入可能ですよ。
 
2色を交互に重ねたり、濃い色から薄い色へ順に重ねてグラデーションにしたり、お好みでさまざまな色遣いを楽しんでみてください。
 


色が異なる複数のお花を組み合わせ、大きくてカラフルなお花を作ってみても素敵。
 
フラワーペーパーが1色しか手元になくても、手順3.で切り取った後の両端にマーカーで色付けすると、花びらの先端のみ色が変わってよりお洒落に♪

色合いを工夫するだけで様々なテイストのお花に変身するので、どのようなシチュエーションでも活用できますね。

理想の雰囲気を演出する紙選び

フラワーペーパーのふんわりとした雰囲気が合わないと感じたときは、使用する紙を変えてみるのもひとつの手。
 
同じ作り方でも、紙質や柄によってまったく異なる雰囲気に。
 
お部屋を明るく元気な雰囲気にしたいという場合には、画用紙を使ってポップなお花にしてみましょう!
 
また、ひだやしわの入ったクレープ紙を使って上品な雰囲気を、読み終わった新聞紙でクールな雰囲気を演出することもできますよ♪
 


 
シンプルで可愛らしい雰囲気がお好みであれば、100円ショップに売っているレースペーパーを活用してみてもいいかもしれません。
 
理想の雰囲気にぴったりな紙質や柄を探してみてくださいね。

ペーパーフラワーを楽しみましょう♪


 
基本の作り方だけでも十分可愛らしいペーパーフラワーですが、工夫次第でアレンジは無限大♪

 
お部屋のインテリア、パーティの飾りつけ、ギフトのラッピング、写真の背景、アクセサリーなど、活用法も様々です。
 
パーティーやイベントの前に、ご家族やお子さんと、わいわい手作りしてみてはいかがでしょうか?