アクリルキーホルダーの作り方5種類紹介!

アクリルキーホルダーとは?初心者でも作りやすい理由

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@for_colonがシェアした投稿

アクリルキーホルダーとは、プラバンやアクリル板を使ってできたキーホルダーのことです。金具などを取り付けてカバンや鍵に付けます。

 

透明な色をしていますが、ガラスよりも強く長持ちすることから、手作りキーホルダーとして人気があります。

 

短時間で作れるため、初心者でもチャレンジしやすいでしょう。ほとんどの素材は、100均で手に入るため、低コストで始められるのも、チャレンジしやすい理由と言えます。

 

キーホルダーのニーズは多く、メルカリなどのフリマアプリでも多く取引されています。

 

アクリルキーホルダーは自作がおすすめ!

アクリルキーホルダーは、業者に頼んで作ってもらうこともできます。しかし、自分で作ることがおすすめです。

 

理由は以下の3つです。

 

  • 数を調整できる
  • 趣味として楽しめる
  • オリジナリティのある作品ができる

 

業者に依頼する場合は、5個以上など個数制限があるため、いらない分まで注文しなければいけません。自作する場合は、1個から作れるため余計なコストを抑えられます。

 

自作をおすすめする一番の理由は、アクリルキーホルダー作りは立派な趣味にもなるからです。DIYやデザインが好きな方にとっては、とても楽しい時間を過ごせるでしょう。

 

好きなキャラクターを採用したり、デザインをカラフルにしたりと工夫次第で無限の表現ができます。

 

アクリルキーホルダーの作り方5種類

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

CaRo’s Attic(@carosattic)がシェアした投稿

ここからは、アクリルキーホルダーの作り方5種類を紹介します。

 

1.プラバン

2.ラミネートフィルム

3.ハメパチ

4.アクリル板

5.レジン

 

手順と一緒に作る際の注意点も合わせて紹介します。試してみたい方法があったら、積極的にチャレンジしてみてください。

 

1.プラバンで作る方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ぽちこ(@pochico_o)がシェアした投稿

まずは、プラバンで作る方法を紹介します。自分が描いたイラストをそのままの形で、キーホルダーにできるためイメージとのギャップが生まれにくいでしょう。

 

◆準備するもの

 

・プラバン
・サインペン
・レジン
・ハサミ
・穴あけパンチ
・先端パーツ
・トースター
・アルミホイル
・割り箸
・UVライト(あると便利)

 

材料はほとんど100均で揃えることが可能です。

 

UVライトは、レジンを固める際に利用します。なければ、晴れた日に外に置いておくことで固められます。

 

サインペンは、色鉛筆でも代用可能です。鉛筆を使う場合には、プラバンの表面をヤスリで削ってから色を塗りましょう。

 

 

◆キーホルダーの作り方

 

ここからは、プラバンを使ったキーホルダーの作り方を紹介します。

 

 

1.プラバンにサインペンでデザインを描く

 

キャラクターをデザインする場合は、キャラクターの見本の上にプラバンを載せてなぞるように描くとうまくできます。

 

 

2.デザインの周りのいらない部分をハサミでカットする

 

 

3.先端パーツを付ける穴を開ける

 

先端パーツを付ける穴は大きめにします。

プラバンは加熱すると、縮むため穴も小さくなるからです。

 

 

4.クシャクシャにしたアルミホイルにプラバンを載せ、トースターで加熱する

 

 

5.縮まったら分厚い本でプラバンを挟む

 

加熱したプラバンは熱いため、割り箸などで取り出しましょう。

 

 

6.冷めたらレジンを塗っていく

 

 

7.UVライトでレジンを固める

 

UVライトで固める場合は、5分程度ライトの下に当ててください。

太陽光に当てる場合は、1時間程度放置しましょう。

 

 

8.先端パーツを付けて完成

 

 

2.ラミネートフィルムで作る方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ハンドメイド&セレクトショップ purupuru(@purupurulife)がシェアした投稿

ラミネートフィルムで作る方法を紹介します。

 

しおりや掲示物を作る際に用いられるラミネートフィルムですが、キーホルダーにも使えます。以下で準備する道具や作り方を見ていきましょう。

 

◆準備するもの

 

・ラミネートフィルム
・プラバン
・中に挟むイラスト
・ハサミ
・穴あけパンチ
・先端パーツ
・アルミホイル
・トースター
・レジン
・UVライト(あると便利)

 

ラミネートフィルムは、熱でくっつけるものではなく、シール状になっているものがおすすめです。ラミネートフィルムだけでもキーホルダーはできますが、強度を高めるために、プラバンを利用します。

 

 

◆キーホルダーの作り方

ラミネートフィルムを使ったキーホルダーの作り方を紹介します。

 

1.イラストを用意する

 

2.ラミネートフィルムで挟んで、ハサミでカットする

 

3.プラバンを切り、穴を開ける

 

プラバンは、1/2〜1/3程度に縮みます。

サイズを計算しながらカットしてください。

 

4.切ったものをトースターで加熱する

 

5.加熱したプラバンを本に挟んでまっすぐにする

 

6.まっすぐになったプラバンに2をレジンでくっつける

 

7.UVライトで硬化する

 

8.ラミネートフィルムとプラバンを覆うようにレジンを塗る

 

9.UVライトで硬化する

 

10.先端パーツを付けて完成

 

 

3.ハメパチで作る方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

mini(@_____mini.__)がシェアした投稿

ハメパチを使って、アクリルキーホルダーが作れます。ハメパチとは、簡単にキーホルダー作りができる商品のことです。

 

既にキーホルダーが、アクリルケースに取り付けられています。アクリルケースにお好きなイラストを挟めば、キーホルダーが完成してしまうのです。お子さんでも簡単に作れますよ。

 

◆準備するもの

 

ハメパチ
・入れたいイラスト
・ハサミ

 

ハメパチのサイズはたくさんあるため、自分の挟みたいイラストに合わせて選びましょう。材料も少ないのがハメパチの良いところです。

 

既製品を使うため、オリジナリティはあまりありませんが、キーホルダー作り初心者の方におすすめです。

 

 

◆キーホルダーの作り方

ハメパチを使ったキーホルダーの作り方を紹介します。

 

 

1.ハメパチのカバーを外す

 

2.使いたいイラストをハメパチに合わせてカットする

 

イラストをハメパチの蓋に合わせて印を付けると、上手に切り抜けます。

裏面からもイラストが見えるよう、イラストを2枚用意するのもおすすめです。

 

3.ハメパチに入れる

 

4.カバーを付けて完成

 

 

4.アクリル板で作る方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

𝗌𝖠𝗇®︎ 𝗋𝗂𝖾𝖼𝗈 アクリルアクセサリー(@san_official)がシェアした投稿

ここからは、アクリル板で作る方法です。かなり強度があるため、長持ちする特徴があります。プロが作ったような、本格的なキーホルダーができますよ。

 

◆準備するもの

 

・厚さ3ミリのアクリル板
・アクリルカッター
・印刷したイラスト
・透明シール
・穴あけドリル
・先端パーツ
・ヤスリ
・ハサミ(透明シールを切る用)

 

アクリル板はかなり固く、普通のカッターやハサミでは切れません。そのため、専用のカッターを用意してください。

 

 

◆キーホルダーの作り方

アクリル板を使ったキーホルダーの作り方をレクチャーします。

 

1.イラストに合わせてアクリル板を縁取る

 

アクリル板はかなり硬いため、1つ切り出すのに時間もかかってしまうでしょう。

大量生産には向いていません。

 

2.アクリル板をカットする

 

3.ヤスリで磨く

 

切った後の縁は尖っているので、触れると手が切れてしまうことも。

手を切らないよう注意しながら、ヤスリがけをしましょう。

 

4.穴あけドリルで先端パーツを取り付ける穴を開ける

 

5.イラストに合わせて透明シールを切り抜く

 

6.アクリル板にイラストを合わせて透明シールでくっつける

 

7.先端パーツを取り付けて完成

 

5.レジンで作る方法

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

irodori(@irodori__jewelry)がシェアした投稿

最後にレジンで作成する方法です。刃物を使わないため、ケガをする危険性が少ないことが良いところです。ラメなどを入れて、自分流にアレンジができる特徴もあります。

 

◆準備するもの

 

・レジン液・・・100均で購入できます
・UVライト・・・太陽光でも硬化できます
・ミール皿・・・レジン初心者は、ミール皿を使うのがおすすめです
・イラスト・ラメなど
・先端パーツ
・爪楊枝
・ピンセット

 

 

◆キーホルダーの作り方

 

ここからは、レジンを使ったキーホルダーの作り方を紹介します。

 

 

1.ミール皿に合わせてイラストをカットする

 

2.レジン液とラメを混ぜ合わせる

 

3.2のレジン液を入れる

 

ミール皿の上にイラストを置き、その上から少量ずつレジンを塗布。

 

この時、気泡が入ってしまうと見栄えが悪くなります。

 

気泡が入った場合には、爪楊枝で潰して取り除いてください。

 

 

4.UVライトで硬化させる

 

UVライトで硬化させる場合は、焦らないことがポイントです。

 

焦って触ってしまうと、指紋が付いて見栄えが悪くなります。

 

固まるまでじっくり待ちましょう。

 

 

5.先端パーツを付けて完成

 

アクリルキーホルダーは自作がおすすめ!

今回は、キーホルダーの作り方について解説しました。

 

アクリルキーホルダーは、初心者でも作りやすく、自分のデザインを反映させやすいためおすすめです。業者に頼むよりも、自由度が高く趣味として楽しめます。

 

今回紹介したキーホルダーの作り方は全部で5つありました。

 

  1. プラバン
  2. ラミネートフィルム
  3. ハメパチ
  4. アクリル板
  5. レジン

 

それぞれ作り方や注意点を紹介したので、参考にしながら作ってみてください。自分に合ったキーホルダーのハンドメイド方法を探してみましょう。