花言葉16選♪お祝いの花束に最適な花は?春夏秋冬別おすすめの花をご紹介

 

お花に託されたメッセージ「花言葉」とは?


花束はお祝いの場に欠かせない特別なギフトアイテム。
 
とは言っても、「今まで適当に花を選んでいた」という方も意外と多いのではないでしょうか?
 
一つひとつの花には、それぞれ花言葉があります。
 
花言葉とは、17世紀頃のトルコが発祥の地。想いを花に託して恋人に贈る「セラム」という風習がはじまりだと言われています。
 


そんな習慣を知った英国のイスタンブール大使夫人が、花言葉をまとめた本をイギリスで出版。その後フランスで大ブームとなりヨーロッパ全土に広まって、明治初期に日本にも伝わったのだそうですよ。
 
そこで今回は、一年中使えるお祝いに最適な花言葉の他、四季ごとの花言葉を画像付きで16種類まとめました。
 
花屋の店員さんにお任せしたり、既製の花束を買うのも良いですが、花言葉に合ったお花をご自身で選べば、贈るお相手により一層気持ちを届けられるはず。

 
あなたが今一番伝えたいメッセージを、ぜひ花言葉の中から探してみてくださいね♪

 

一年中つかえる!お祝いに最適な花言葉

 

アルストロメリア

 

 

花言葉:「未来への憧れ」「持続」「エキゾチック」「幸福な日々」

 
エキゾチックな印象のアルストロメリアは、花持ちが良いことから花束としても根強い人気。
 
そんなアルストロメリアの花言葉は、未来への憧れやエキゾチック、富や繁栄を意味します。
 
その中でも特に赤色のアルストロメリアは、「幸福な日々」というメッセージを示すのだそう。
 
そんなアルストロメリアは通年販売しているので入手しやすく、どんな花とも相性が良いので花束でもアレンジメントでも重宝します。
 
赤は祝福を表す色としてもふさわしく、見た目にも華やかなのであらゆるお祝いのシーンにおすすめです。
 

カスミソウ

 
カスミソウ
 

花言葉:「清らかな心」「無邪気」「親切」「幸福」

 
丸い小花が無数に咲く、白くて可愛いカスミソウ。
 
でも多くの方が『花束の脇役』だったり『あまり目立たない存在』だったりと、少し地味な印象を持っているのではないでしょうか。
 
そんなカスミソウは、その優しい雰囲気で見た目も花言葉も主役を際立たせる、まさに「名脇役」♪
 
鮮やかな主役のお花を引き立たせてくれる上、花束を綺麗にまとめてくれますよ。

 

青いカーネーション

 

こちゅさん(@coffee_1007)がシェアした投稿


 

花言葉:「永遠の幸福」

 
フラワーギフトの定番、カーネーション。
 
中でも特に人工的に作り出されたこの青いカーネーションには、「永遠の幸福」という意味があります。
 
そんな青いカーネーションの花束には、こんなエピソードがあるそうです。

この“世界で初めての青いカーネーション”は、1997年に『ムーンダスト』という名前で発売されました。

青いカーネーション『ムーンダスト』の花言葉は“永遠の幸福”です。
そこには“開発が難しく、もし作ることができれば、我々は一生幸せになれる”という開発者の方々の想いが込められています。
 
■引用:HIBIYA-KADAN(日比谷花壇)

またムーンダストという名前には、“お月さまのように、柔らかで包容力のあるお花であって欲しい”という意味も込められているのだそうですよ。
 

バラ(青)

 
青いバラ
 

花言葉:「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

 
こちらも青いカーネーションと同様、人工的に作り出された色の花です。
 
「不可能を可能にする」という開発者の想いからつけられた花言葉と印象的な花は、成功に向けて努力している男性への花束にもピッタリですね。
 

 

コチョウラン

 
胡蝶蘭
 

花言葉:「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」

 
幸福や愛の意味を持つ、コチョウラン。
 
この花言葉は、たくさんの蝶が飛び交うような優美な姿からつけられたそうです。
 
胡蝶蘭は花もちがよく存在感があるため、開店祝いや開業祝いといった名入れギフトとしても人気。
 
寒さには弱いですが、鉢植えの状態で暖かいところに置いておくと、翌年以降も元気な花を咲かせてくれますよ。
 

バラ(白)

 
白いバラ
 

花言葉:「深い尊敬」「純潔」

 
真っ白なバラは、その荘厳さから結婚式や贈り物の花としても大人気。
 
「深い尊敬」や「純潔」という花言葉だけに、目上の方への贈り物だけでなく、ブライダルシーンでも重宝されています。
 
「あなたを愛しています」といった意味もあるので、気になるお相手に好意を伝えたい時にもおすすめです。
 

ユリ(カサブランカ)

 

花言葉:「威厳」「純潔」「高貴」「祝福」

 
カサブランカは、ユリの一種。大輪の白い花を咲かせることから「百合の女王」ともいわれています。
 
百合にはたくさんの品種が存在し、純潔や威厳という花言葉をもっていますが、カサブランカは「祝福」と「高貴」の意味をもちます。
 
開花の時期は夏ですが、フラワーショップには通年出回っているので比較的入手しやすいお花の一種。
 
甘くていい香りがするので、女性へのプレゼントやお祝いギフトとしても非常に人気がありますよ。
 

ブルースター

 

万里anさん(@marian.flower)がシェアした投稿


 

花言葉:「幸福な愛」「信じあう心」

 
幸せな結婚生活のために花嫁が身につける西洋の風習、Something 4(サムシングフォー)。
 
その中の一つサムシング・ブルー(何か青いもの)として、ブルースターのお花が結婚式のブーケによく使われています。
 
お友達の幸せを願う結婚祝いや出産ギフトとしても、まさにぴったりのお花です。
 

春~夏に咲く花の花言葉

 

 


 

花言葉:「あなたの微笑み」「心の美しさ」「潔白」「優美な女性」

 
日本には200種類近くの桜があり、それぞれ花言葉も少しずつ異なります。
 
例えば、代表的な品種ソメイヨシノの花言葉は「純潔」。八重桜は「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」。
 
山桜は「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」。
 
ギフトとしてだけでなく、別れや出会いの季節に桜を愛でながら、美しい花言葉を思い浮かべてみるのも素敵ですね。
 

ラナンキュラス(紫) 

 

るるはなさん(@ruruhana15)がシェアした投稿


 

花言葉:「魅力的」「名誉」「幸福」

 
春先にたくさん出回るラナンキュラスは、春夏向けのフラワーギフトにもピッタリ。
 
濃い色や淡い色があるので、グラデーションの花束にするととても可愛らしく仕上がります。
 
フリルのような花びらのラナンキュラスは、他のどんな花と合わせてもマッチします。
 

菜の花

 

momoさん(@ku_mochan)がシェアした投稿


 

花言葉:「明るい」「豊か」「小さな幸せ」

 
黄色くて小さな花を咲かせる菜の花は、「小さな幸せ」という花言葉が良く似合います。
 
少し地味な印象があるかもしれませんが、桜や桃といった枝物と相性も抜群。この時期、スイートピーやチューリップと合わせるとより明るい印象の花束に。
 
春の花の引き立て役として、さりげなく加えてみるのもおすすめです♪
 

スイートピー

 


 

花言葉:「門出」「別離」「ほのかな喜び」「優しい思い出」

 
春に咲くことと、その可愛らしい容姿から、卒業シーズンに人気が高いスイートピー。
 
卒業式を迎える方にぴったりな花言葉ばかりですね。
 
この「別れ」や「門出」の花言葉は、スイートピーの蝶のような姿形に由来するのだそう。
 
蝶が羽ばたくようなスイートピーは、花びらがフワフワとした印象で、見た目がとても可愛らしいですよね。
 
甘い香りがするので、女性へのギフトにも人気のお花です。
 

ネモフィラ

 

こふぃさん(@xxkoffy)がシェアした投稿


 

花言葉:「どこでも成功」「可憐」「あなたを許す」

 
小さくて可愛らしいお花、ネモフィラ。
 
決してメインのお花ではありませんが、その優しい花言葉と見た目は、脇役を飾る花としてもおすすめです。
 

秋~冬に咲く花の花言葉

 

パンジー(黄)

 
黄色のパンジー
 

花言葉:「つつましい幸せ」「田園の喜び」

 
フリルのような見た目が可愛らしいパンジー。
 
育てやすく、欧米では良く窓辺に飾られていたりもします。
 
お祝い用のブーケだけでなく、鉢植えで贈る際にもおすすめのお花です。
 

ポインセチア

 

@masamisangaがシェアした投稿


 

花言葉:「祝福」「幸運を祈る」「清純」

 
クリスマスフラワーとも呼ばれるポインセチアの花言葉は、「祝福」「幸運を祈る」「清純」など他にもさまざま。

 
クリスマスの花として定着した由来は、以下の出来事がきっかけなのだそう。
 

ちなみに、花名のポインセチアは、アメリカの初代メキシコ公使、J・R・ポインセット(Joel Roberts Poinsett、1779~1851)にちなんで名づけられました。彼がメキシコ駐在中にこの植物を発見して本国に持ち帰り、クリスマスシーズンに咲く赤い花として、世界中に普及したことによります。
原産国メキシコでは「ノーチェ・ブエナ(聖夜)」と呼ばれています。
 
■引用:園芸・お花好きのためのお店、村仙花園

 
真っ赤なポインセチアと言えばどうしてもクリスマスのイメージが強いですが、結婚のお祝いにもふさわしい花とされています。
 
実はこの赤い部分は花ではなく、葉。そしてお花は、真ん中の点々の部分だということをご存じでしたか?

 

チューリップ

 


 

花言葉:「博愛」「思いやり」

 
誰もが知っているチューリップの花言葉は、「博愛」「思いやり」。
 
ですが花の色によって、少々意味合いが異なります。
 
ピンク色は「愛の芽生え」「誠実な愛」、 黄色は「望みのない恋」「名声」、白色は「失われた愛」。そして赤色は「愛の告白」、紫色は「不滅の愛」です。
 
このように深い愛情を示すチューリップは、結婚祝いにもぴったりなお花ですが、色によっては失恋を意味するので、くれぐれも注意して選びましょう。

なかなか言えない気持ちをお花と一緒に伝えよう♪

 


 
花にはそれぞれロマンチックな意味がありましたね。
 
普段なかなか言えない思いをこっそり花言葉に託してみるのもいいですが、さり気なく花言葉を書いたメッセージカードを添えても素敵。
 
「日本語だとなんだか照れ臭い」という方は、花言葉を英語にしてカリグラフィーで書いてみるのもおすすめです。
 
「どうやって書くの?」
「簡単に書けるなら挑戦してみたい!」
 
と思った方は、カリグラフィーアーティストとしても人気の著名な先生から、直接書き方を学んでみませんか?
 
最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、SNS映えするおしゃれな文字の書き方やカードの作り方を、まるごと定額でマスター可能です♪
 


テキストでは分かりにくいペン先の動きも、動画レッスンなら何度も繰り返し巻き戻して確認OK。
 
先生の手元をアップで見ながら一緒に練習できるので、簡単にコツを掴んで手早く上達できますよ♪
 
ただいまMIROOMでは期間限定で、月謝会員に登録した方を対象に練習シート&TOMBOW ABTマーカー2色(¥1,000相当)が送料込み¥780で購入できる「レタリングスターターセットキャンペーンを実施中
 
TOMBOW ABTマーカーは、プロのレタリングアーティストも愛用する人気のペン。
 
「アーティスト気分を味わいながら、おトクに楽しくレタリングを身に付けたい!」という方は、ぜひこの機会にふるってご参加くださいね!
 
なおご希望の方は、必ずレタリングスターターセットキャンペーンの専用ページからお申込みをお願いいたします♪

 


ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう」と口コミでも話題!
 
人気のカリグラフィーから、版画&イラストやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。