栄転・昇進祝いには胡蝶蘭がぴったり!知っておくべきマナー

お祝いに胡蝶蘭を贈る理由


お祝いの花の代表格ともいえる胡蝶蘭。
 
華やかで優美な花姿は見る人を楽しませ、お祝いのシーンを豪華に彩ってくれます。
 
そんな胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。
 
まさに、大切な方にお祝いの気持ちを届けるのにぴったりの花なのです。
 
また、胡蝶蘭は1ヶ月~3ヶ月も美しさを保ってくれます。きちんとお世話をすれば、また来年花を咲かせることも。
 
開店、昇進など新境地を開く方の門出を、一緒に応援してくれる花なのですね。
 
そんな胡蝶蘭を贈るときにも、贈り方のマナーがあります。
 
代表的な胡蝶蘭の贈り方をご紹介しましょう。
 

胡蝶蘭の贈り方


特にビジネスシーンで胡蝶蘭を贈る場合、木札にお祝いの言葉をつけて贈るのが一般的です。
 
誰が送り主なのかが目立つよう、「お祝いの言葉」と「送り主名」を記載しましょう。
 
簡単なメッセージカードを添えてもOK。
 

何色を贈ればいい?


胡蝶蘭の色に迷ったときは、どのようなシーンにも調和する白が無難。
 
特にビジネスシーンでは白が断然人気です。
 
逆に目立たせたいという方にはリップ系もおすすめ。
 
リップ系とは、写真のように中央の弁が赤で周りが白い胡蝶蘭のこと。
 
紅白であることから縁起がいいとされ、様々なお祝いシーンに選ばれています。
 

開店祝い、開業祝い、会社設立の場合


胡蝶蘭といえば、まずは開店祝いや開業祝い、会社設立などを思い浮かべるのではないでしょうか。
 
新しい事業を始めたときは、お客さまへの印象も大切な時期です。
 
インパクトのある胡蝶蘭で店先やオフィスを飾ることができれば、お客さまの心にも残るはず。
 
そんな大切な節目の時期に胡蝶蘭を贈ることで、「これからも親しいお付き合いをしていきたい」という気持ちを伝えることができます。
 
会社同士のお付き合いであれば、関係強化のチャンス。
 
胡蝶蘭を贈ったあと、お祝いを兼ねて訪問するとより喜んでもらえるでしょう。
 

値段の相場は?


創業者にとっては必ず覚えているほど重要な、創業の日。
 
できる限り豪華な胡蝶蘭を贈りたいところです。
 
一番の人気は3本立てから5本立ての胡蝶蘭で、値段の相場は2万円から3万円。
 
ただし、適切な値段は贈るお相手との関係の深さによっても少し異なります。
 
会社から会社へ贈る場合は、中小企業で2万円~3万円、大企業の場合は3万円から5万円が一般的。
 
心配な場合はワンランク上のものを選ぶと無難です。
 

贈る時期は?


開店開業の当日は忙しいもの。
 
また、開店時にはすでにお花が並べて飾ってある状態が理想ですよね。
 
できればオープン1週間前~前日までにお届けしたいところ。
 
どうしても開店当日に贈る場合は、午前中には着くように贈りましょう。
 

移転祝い、引っ越し祝い


移転の場合、移転する日がはっきりと決まっていないことがあります。
 
移転案内を受け取ったら、まずは電話やメールなどで一度お祝い先に連絡し、受け取りやすい日にちの情報を入手しておきましょう。
 

値段の相場は?


移転祝いの胡蝶蘭の相場は、取引先の場合で5千円~3万円。
 
身内の方やご友人の場合は、5千円~2万円のものが人気です。
 

贈る時期は?


開店祝いなどと同じく、移転の前日までに贈るのが一般的。
 
贈る日は縁起のいい「大安」の日を選びましょう。
 
移転後は、胡蝶蘭を贈るだけでなく、業務開始の当日もしくはできるだけ早い時期に訪問するのが慣例になっています。
 
やむを得ず移転後に贈る場合にも、訪問する日にはすでに届いているように調整しましょう。
 

栄転・就任祝い


就任、栄転、昇進祝いにも胡蝶蘭の花が贈られます。
 
昇進などをした個人を祝うものですが、自宅宛てに贈っても、会社宛てに贈っても問題ありません。
 
「〇〇様就任祝い」などと表記した木札をつけ、お相手のご活躍を願う気持ちを伝えましょう。
 

値段の相場は?


栄転、就任祝いの相場も平均2万5千円。
 
3本立ちや5本立ちなど、2万円以上の豪華なものを選ぶのが一般的です。
 

贈る時期は?


就任祝いの場合、開店祝いなどとは異なり、就任後の仏滅以外の日に贈るのがマナー。
 
例えば社長交代などの場合、決定した段階ではまだ前任者の方が在職中なので、注意が必要です。
 
お花を贈るべきタイミングが分からない場合は、一度秘書や総務の方に問い合わせてみましょう。
 

楽屋見舞い


好きなタレントさんや俳優さんの舞台の公演祝い、ライブの開催祝いにも胡蝶蘭が人気。
 
また、一般の方の発表会や講演会、演奏会の開催時にも適しています。
 
たくさんの花が届くことが多いので、ある程度見栄えのする花を選ぶのがおすすめです。
 
ただし、芸能人宛ての場合、一般の人からのお花を受け付けていない場合もあるので、一度劇場や主催者に確認してから贈るようにしましょう。
 

値段の相場は?


公演祝い、楽屋見舞いに選ばれる胡蝶蘭も、2万円から2万5千円が相場。
 
また、「ファン一同」など、複数の方が差出人になる場合は、一人当たり3千円から5千円ほどを目安に、お財布と相談しながら決めたいもの。
 

贈る時期は?


公演祝いに胡蝶蘭を贈る場合は、公演の初日や前日に届けるのが一般的です。
 
特に、公演が長期にわたる場合、花持ちのよい胡蝶蘭は大変喜ばれます。
 
さらに、公演の最終日である千秋楽に「千秋楽祝い」を届けることも。
 
その場合は千秋楽当日に花が届くよう手配しましょう。
 

お相手の印象に残るよう工夫を

今回ご紹介した以外にも、胡蝶蘭は、退職祝い・還暦・長寿祝い・快気祝いなど個人的なお祝いにも選ばれる花でもあります。
 
胡蝶蘭を贈るような大きなお祝い事の場合、お相手にはあちこちからたくさんのお花が届いていることも考えられますよね。
 
ひときわ豪華なものを選んだり、メッセージカードを添えたりと工夫を凝らせば、よりお相手の印象にも残りやすいはず。
 
ぜひ胡蝶蘭で、お祝いや応援の温かい気持ちを届けてみてくださいね。