お花ギフトに役立つ!おすすめの花と花言葉

花言葉からギフトを選んでみよう


プレゼントに花を贈りたいと思っても、どの花を贈ればいいのか、困ってしまいますよね。 
 
予算を伝えてお花屋さんにおまかせするだけではもったいない! 
 
花に込められた花言葉をきちんと理解した上で、「愛してる」「ありがとう」など相手に伝えたい思いを第一に考えた花を選んでみましょう。 
 
愛を伝える、感謝を伝える、お祝いの気持ちを伝える、というシチュエーション別に、贈り物に最適な花と花言葉をご紹介します。

愛を伝える花と花言葉

umidoriさん(@umidori031)がシェアした投稿


花をプレゼントするシチュエーションといえば、やはりロマンチックなデートシーン。 
 
告白を成功させるには? プロポーズを成功させるには? 二人の記念日には? 
 
片思いの方にも、両思いの方にもぴったりで、カップルにもご夫婦にも喜ばれる愛の花言葉。 
 
想いにぴったりのメッセージを伝えるには、どんな花を選んで渡せばいいのか、花言葉も一緒にご紹介します。

バラ

Shikiさん(@chelseatea.r)がシェアした投稿

バラの花は、愛を伝える花の定番中の定番。 
 
花言葉は「愛」だけではありません。 
 
渡す本数によっても意味が違ってくるのです。
 
・1本 「一目惚れ」「あなたしかいない」 
 
・3本 「愛しています」「告白」 
 
・12本「私と付き合ってください」 
 
・100本「100%の愛」 
 
・108本「結婚してください」 
 

大切な方へ熱いメッセージを込めて、バラの花束を贈ってみてはいかがでしょう?

アジサイ

@makosienneがシェアした投稿


紫陽花(アジサイ)の代表的な花言葉は「移り気」。 
 
浮気をイメージさせることから、以前は贈り物としては敬遠される花でした。
 
けれども、最近では小さな花が集まっている様子から、「結びつき」をイメージした「家族団らん」という花言葉が有名になりました。 
 
6月に咲くアジサイは、ジューンブライドの演出にもぴったり。 
 
結婚式にふさわしい花としても、近年人気が高まっています。
 
未だにマイナスな花言葉のイメージを持つ方もいるので、アジサイを贈るときには花言葉を添えておきたいですね。

シャクヤク

nanaさん(@photonanaiphone)がシェアした投稿


美しい女性の姿にも例えられる芍薬(シャクヤク)。
 
花言葉は「恥じらい」「慎ましさ」ですが、色によってまた別の意味を加えることができます。 
 

ピンクのシャクヤクの花言葉は「はにかみ」。告白のときの気持ちを伝えるには良さそうですね。 
 

そして、白のシャクヤクの花言葉は「幸せな結婚」。プロポーズにももってこいの花です。 
 

赤のシャクヤクの花言葉は「誠実」。些細なことでケンカをしてしまったら、赤いシャクヤクで誠意を贈りましょう。

感謝を伝える花と花言葉

くみさん(@kumipooh2002)がシェアした投稿


悩んだときや困ったときにお世話になった方や、感謝の気持ちを直接伝えるのは照れくさいお相手に。 
 
学校や習い事でお世話になっている先生に。 
 
ご家族や仲の良いご友人、親戚の方に。 
 

日頃からのありがとうの気持ちを伝えたいときには、どのような花がふさわしいのでしょうか? 
 

感謝の気持ちを伝えるのに最適な花はこちら。

ダリア

Ryoko Handaさん(@ryoko.handa)がシェアした投稿

周囲をぱっと華やかに彩る大ぶりのダリアも、感謝を伝えるシーンに大人気。 
 
鮮やかなカラーからシックな色まで、花の色も豊富です。
 
「感謝」「溢れる喜び」というポジティブな花言葉のほかにも、「栄華」「気まぐれ」「裏切り」などネガティブな花言葉も。 
 
「感謝」という意味はフランス革命の際に、混乱した社会情勢の中でダリアを咲かせるのが流行りとなっていたことから生まれました。
 
特に、白いダリアには「感謝」「豊かな愛情」という意味があります。 
 
日頃お世話になっている方や、仕事仲間、先生などに感謝の気持ちを伝えるには、白いダリアを贈るといいかもしれませんね。

カーネーション

akaneさん(@anmay28an)がシェアした投稿

カーネーションは「女性の愛」「純粋な愛情」という花言葉から、母の日のプレゼントとして大人気の花です。 
 
特に赤のカーネーションには「母の愛」「愛を信じる」という意味があり、普段は照れくさくて言えない感謝を伝えるには最適。
 
いつも赤ではつまらないという方には、女性らしいピンクもおすすめです。 
 
ピンクのカーネーションには、「感謝」「暖かい心」などの意味があります。
 
同じカーネーションでも黄色には「愛情の揺らぎ」「軽蔑」などの意味があるので、できれば避けましょう。

祝福を伝える花と花言葉

Namiさん(@shumama73)がシェアした投稿


誕生日や昇進など、様々な記念日やお祝い事に贈る花には、祝福の気持ちを最大限に込めたいもの。 
 
ここからは、愛でも感謝でもなく「お祝い」の気持ちを贈るのにぴったりな花をご紹介します。

ラナンキュラス

Shoko Miuraさん(@colour_tree)がシェアした投稿


幾重にも重なる可愛らしい花を咲かせるラナンキュラス。 
 

ラナンキュラスには「合格」という意味があり、受験シーズンには重宝される花です。 
 
合格祈願のお守りなどと一緒に贈ると喜ばれそう。
 
また、「名声」「名誉」という花言葉もあり、昇進した方、会社を立ち上げた方などに贈る花としてもいいでしょう。
 

白いラナンキュロスには、「純白」という意味があり、結婚式などでも活躍する花です。
 

一方、贈り物として避けたいのはオレンジのラナンキュラス。 
 
「秘密主義」など、マイナスな意味が強いので気を付けてくださいね。

花言葉のカードを添えると効果的!

ゆうやさん(@yuyan0753)がシェアした投稿

どの花も美しく魅力的で、プレゼントにはどれを渡そうか、迷ってしまいそう。
 
そんなときには花言葉を意識してみると、プレゼントが選びやすくなるかもしれません。 
 
マイナスな意味とプラスの意味、両方ある花が多いですが、本来花は生命とエネルギーに溢れるもの。 
 
花をそのまま贈るのではなく、花言葉をメッセージとして添えると、さらに想いの伝わるギフトとなるでしょう。
 
ぜひ、贈るお相手やシチュエーションにふさわしい花を選んでくださいね♪