ハーバリウム作りにはどんなお花を使えばいいの?

ハーバリウムにはどのようなお花を使えばいいの?


 
ハーバリウムを初めて制作する方で「ハーバリウムにはどんなお花を使うべき?」とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
 
ドライフラワーがいいのか、それともプリザーブドフラワーがいいのか、どのような種類のお花が使いやすいのかなど、初めて作る際には戸惑うことも多いですよね。
 
そこで今回は、初めてハーバリウム作りにトライする方向けに、ハーバリウムにおすすめのお花の種類や花材をご紹介。
 
素敵なハーバリウムを作るために、インテリアとして映える人気のお花を知っておきましょう♪
 
##「プリザーブドフラワー」と「ドライフラワー」


 
ハーバリウムは、ボトルにお花と特殊なオイルを入れ、光が当たるところに置いてお花を鑑賞する植物標本。
 
よく制作に使われるお花の種類としては「プリザーブドフラワー」と「ドライフラワー」が挙げられます。
 
まずは両者の特徴をチェックしてみましょう。
 

プリザーブドフラワー


 
お花のみずみずしさを活かしたいという場合には、生花から水分を抜いて作られた「プリザーブドフラワー」がおすすめ。
 
生花さながらの鮮やかな色彩を楽しむことができますよ。
 

ドライフラワー


 
ドライフラワーは、アンティーク風インテリアのオブジェとして使う場合におすすめ。
 
どこか寂しげな印象のドライフラワーを用いれば、大人っぽく落ち着いた仕上がりに。
 
もちろん、ドライフラワーとプリザーブドフラワーをミックスさせるのもOKです。
 

ハーバリウムにおすすめのお花10選

View this post on Instagram

@dream_kayoがシェアした投稿


 
続いて、ハーバリウムにおすすめのお花の種類を見ていきましょう。
 

ミニシルバーデイジー


 
色の種類も豊富で、サイズのばらつきが出にくいお花といえばデイジー
 
ボトルの形状を問わず使うことができるので、ハーバリウムを手軽に華やかにグレードアップ。
 
特におすすめなのが、デイジーの中でも比較的小ぶりなミニシルバーデイジー
 
小さなサイズのボトルにフィットさせやすいのもポイントです。
 


 
プリザーブドフラワーならオイルの中でもお花が開くため、光を受けた花びらが透き通ってとても美しいですよ。
 
初めて使う場合は、どのお花とも相性抜群のホワイトのデイジーが使いやすいでしょう。
 

紫陽花


 
続いては、儚げな印象がある紫陽花。繊細な花びらの一枚一枚には、強い存在感がありますよね。
 
花びらの数が多く一枚の面積も広いので、大きめのボトルをお花で満たしたい時や、透き通った花びらの透明感を楽しみたい時に最適です。
 

ヘリクリサム


 
小ぶりで可愛らしい印象のヘリクリサム
 
小さな花びらが多く集まったヘリクリサムは、プリザーブドフラワーにするとシロツメクサのように丸い見た目に。
 
サイズが豊富なので、様々な大きさのヘリクリサムを色違いで一瓶にまとめて入れても可愛らしいですよ。
 
様々なカラーがあるので、ハーバリウムの雰囲気に合った色を選んで取り入れてみてください。
 

かすみ草


 
こちらは、可憐な見た目のかすみ草
 
小さな花びらと細い枝は、ボトル内の空白を埋める際に役立つだけでなく、お花の間にスペースを空けたい場合にも便利です。
 
ハーバリウムで、細い枝の間から差し込む光の美しさを感じてみてはいかがでしょう。
 

ペッパーベリー


 
その名の通り、小さな枝に無数のコショウのような実を実らせたペッパーベリー
 
ビビッドなカラーのものは、淡いカラーメインのハーバリウムにプラスするといいアクセントに。
 
こちらもかすみ草同様に枝が多いので、ボトル内の空間作りに役立ちます。
 
お花だけでなく実物も取り入れてみると、またひと味違ったハーバリウムが完成しますよ。
 

ミニカーネーション


 
花びらがフリルのようになったカーネーションのミニサイズ版も人気です。
 
ひらひらとした花びらは、オイルにつけるとドレスのフリルのように優雅な印象。
 
母の日にミニカーネーションを使ったハーバリウムをプレゼントするのも素敵ですね。
 

スターフラワー


 
その名の通り、まるで夜空の星のような形が可愛らしいスターフラワー
 
マーガレットに近い見た目で、花びらの存在感も大きめ。
 
もし取り入れるなら、美しい色彩がそのまま残ったプリザーブドフラワーを選んでみるといいかもしれません。
 

モス(苔)


 
モスは、「ハーバリウムの中に入れると浮遊感が出てより可愛い仕上がりになる!」と人気の花材の一つ。
 
ホワイトのモスを使うと夏らしい印象に、グリーンのモスならよりナチュラルな仕上がりに。
 
サンド(砂)をボトル底面に敷き、テラリウム風ハーバリウムを楽しむ方もいらっしゃいますよ。
 
簡単に形を変えることができるので、どのようなデザインのハーバリウムにも合うというポテンシャルも◎。
 

シナモンスティック


 
お花ではありませんが、シナモンスティックも人気の花材の一つ。
 
特有の質感から、ドライフラワーとの相性も抜群です。
 
ドライフラワーだけでなく、ドライフルーツとミックスしてみるとよりアンティークらしい仕上がりに。
 

スギ


 
もしクリスマスを意識したハーバリウムを作るなら、スギも使ってみてはいかがでしょう。
 
スギの葉と赤いペッパーベリーやピンク系のお花、シナモンスティックをまとめると、暖かなクリスマスハーバリウムの完成です♪
 

美しいハーバリウムは一本のお花から


 
今回は、ハーバリウム制作におすすめのお花の種類や花材をご紹介してきました。
 
シーズンごとに違うお花を使って、季節感のあるハーバリウムを作るのも楽しそうですね。
 
様々なお花や自然のアイテムを組み合わせて、色とりどりのハーバリウムを作ってみてはいかがでしょうか♪