100均のアイテムで作る!お手軽「なんちゃってハーバリウム」の作り方

100均アイテムで作るハーバリウム

 

Kiyoさん(@kiyomaru1003)がシェアした投稿

 

近頃ブームになっているハーバリウム。色鮮やかなドライフラワーを瓶に詰めた、女性心をくすぐるインテリアフラワーです。

 

そんなハーバリウムが、ハンドメイドアイテムとしてもブームになっているのをご存知でしょうか?

 

専用のオイルを使用して、丁寧な処理を施すことで長期間の保存が可能となるハーバリウム。

 

しかし、材料費を安く抑え、自宅で簡単に作ることのできる方法があるのです。

 

今回は、たった10分で作った「なんちゃってハーバリウム」の制作過程をご紹介します。

 

お試しでハーバリウムを作りたい方は、ぜひ参考になさってください。

 

材料

 

 

「なんちゃってハーバリウム」の材料は、全て100均の商品!

 

写真のアイテムは全てダイソーで購入したものですが、全く同じ商品である必要はありません。

 

造花

 

 

まず最初に、ハーバリウムの主役となる造花を選びましょう。

 

メインとなるお花を決め、完成品をイメージする。そしてメインに合うハーブなどを選んでいくと、まとまりのある作品に仕上がります。

 

とはいえ、せっかくご自身で制作するのですから、好きなお花をたっぷり詰め込んでしまっても素敵ですよ。

 

容器

 

 

次に、選んだ花が映える容器を選びます。

 

容器の口が細い物を選んでしまうと、花を入れることができない場合がありますのでご注意を。

 

また、太く丸い容器は花を思うように固定することが難しくなります。

 

今回用意した容器は、細長い形状で口が広い、100mlサイズでプラスチックのもの。

 

プラスチックなら瓶のように割れる心配がないので、お子さまのいるご家庭でも安心!

オイル

 

 

通常のハーバリウムではドライフラワーを保存するための専用オイルを使用します。

 

しかし、「なんちゃってハーバリウム」は造花を入れるため、普通の水でも構いません。

 

ただ、液体の粘度が低いと花が沈んだり、逆に浮いてきてしまうことも。

 

今回使用したのはベビーオイル。ハーバリウム専用オイルのように花を思うように固定することはできませんが、水よりは粘度が高くなっているのでおすすめです。

 

中身のアレンジ

 

 

こちらは「シェルフレーク」という商品。

 

必須となるアイテムではありませんが、プラスアルファのアレンジをしたい方は挑戦してみてください。

 

アレンジのアイテムはご自身の想像力次第。オリジナルのアイデアを加えてみましょう。

 

容器のアレンジ

 

 

「購入したプラスチックの容器は、使い勝手がよくサイズもgood!でも、フタの部分が味気ない…。」

 

そこで、マスキングテープを用意しました。

 

容器のアレンジも、ご自身のセンスを発揮できるポイントです。

 

麻の紐とお洒落なブロックメモを使用して、ご自身の専用ラベルを作る。というアレンジも楽しそうですね。

 

作り方

 

材料を購入したら、いよいよ制作スタート♪

 

容器の洗浄

 

 

まずはじめに、容器のラベルをはがし、水洗いをしました。

 

ベビーオイルは雑菌によって酸化してしまいます。容器とフタを綺麗に洗浄しましょう。

 

造花のカット

 

 

次に、容器に入るサイズに造花をカットします。

 

中に針金が入っているタイプの造花もあります。その場合はハサミで切ると刃が傷んでしまうので、ペンチを使用して切断してください。

 

 

複数の造花を入れたいという場合には、組み合わせてバランスを整えましょう。

 

ボリュームが多すぎるときは、さらにカットして整えます。

 

配置

 

 

イメージどおりに造花をカットすることができたら、容器に入れましょう。

 

もし、お手元に紐やテグスがある場合は、造花を容器に入れる前に、組み合わせた状態で結びつけて固定しましょう。

 

そうすると、理想のバランスを維持できます。

 

 

造花を容器の中に入れます。

 

ピンセットもしくは菜箸などを使用すると、花の形を崩さずに容器に入れることができますよ。

 

アレンジを加える

 

 

シンプルな作品を作る場合は、こちらの工程は必要ありません。ご自身の考えたプラスアルファのアイデアを加える作業です。

 

今回は、アレンジとして用意したシェルフレークをふりかけました。

 

 

容器のフタにはマスキングテープを貼り付けます。

 

空気が入らないように、隙間なく丁寧に貼り付け。

 

ベビーオイル(または水)を注いで完成!

 

 

容器にベビーオイル(または水)を、そっと注入します。

 

勢いよく入れてしまうと、せっかく整えた花の形が崩れてしまうかもしれません。少量ずつ丁寧に入れましょう。

 

液体をこぼさないよう注意しながらフタを閉めて、完成です!

 

アイデア無限大のお手軽ハーバリウム

 

 

今回制作した「なんちゃってハーバリウム」は、あくまで制作の一例です。

 

100均の店舗の品揃えやご自身のアイデアによって、アレンジの可能性は無限大。

 

手軽な材料で気軽に作ることのできる作品なので、試行錯誤をしながら楽しんで制作してみてくださいね。