【日本文化】生け花のはじまりはいつ?由来と歴史を解説

 

日本文化であるいけばなの魅力

 

 
お花を見ると癒されるのは、世界共通ですよね。
 
いけばな(華道)とは、植物を主にして、その他の様々な材料を組み合わせ、構成して鑑賞する芸術のことを言います。
 
いけばなには様々な流派があり様式や技法は各流派によって異なります。
 
いけばなは日本発祥の文化ですが、現代では世界中で愛されています。
 
欧米で親しまれているフラワーデザインは、どこから見ても統一されたフォルムを感じられるように生けるという決まりがあります。
 
日本の華道では見る方向は正面と定めている流派は多くありますが、3次元を2次元で表現する流派もあります。
 
また、色鮮やかな花のみではなく、木の幹の形状や枝ぶり、葉や苔まで全てを花材として鑑賞する点で、海外の概念とは一線を画しています。
 
そんな魅力溢れるお花を生ける日本伝統の生け花の魅力やその歴史について、今回はご紹介したいと思います。
 

生け花の由来と歴史って?

 

 
日本が誇る文化である生け花の由来と歴史をさかのぼると、はるか昔飛鳥時代までさかのぼります。
 
昔から愛されてきた生け花が今の時代も同じように愛されているのは素敵ですよね。
 
生け花にどのような由来と歴史があるのか、詳しくご紹介したいと思います。
 

飛鳥時代~南北朝時代

 

 
日本で生け花が親しまれてきた1つの理由として、四季があるので四季折々の花を楽しむことができるというところ。
 
それは今も昔も変わりません。
 
この時代では、まだ生け花は成立されておらず、その前提が整っていった時代です。
 
人々は四季折々の花を観賞してその感性を磨いていった時代といえます。
 
「古今和歌集」や「万葉集」には、花を詠んだ歌が数多く収録されています。
 
また、自然との共生をしていた人々は、緑を絶やさない常緑樹を神の依代として信仰していました。
 
現在も残る門松は、その一形態と言われています。
 
仏教の伝来にともない、花を仏に供える風習も広まっていきます。
 
法華経や華厳経などのように、名称に華という字が使われる経典が存在する通り、仏教と花はもともと深い関係にありました。
 
仏教が生まれたインドに多い、蓮の花が供花の代表ですが、日本では季節に応じた花が選ばれて供花とされてきました。
 
鎌倉時代から南北朝時代にかけては、花瓶や香炉、燭台から成る三具足による、仏前荘厳という形が定着していきます。
 

室町時代

 

 
生け花が成立したのは、この室町時代と言われています。
 
大陸から伝来した唐物の器に花を挿す姿や形が工夫される中で生け花が成立しました。
 
書院造が成立した室町時代は、室町幕府の将軍である足利氏などの権力者の寺院や邸宅に床の間の原型とされる押板や違い棚がありました。
 
そこに花瓶も飾られるようになります。
 
中でも、京都の六角堂の池坊専慶が挿した花が評判になったと言われています。
 
専慶が挿した花は、仏前供花などの従来の花の枠を超えるものであり、ここに日本独自の文化である生け花が成立しました。
 
彼は花を挿す技法のみではなく、思想的な面も含んだ生け花理論を確立しました。
 
そして花伝書の相伝をはじめます。
 
従来の挿花のような、単に美しい花を愛でて楽しむだけではなく、枯れた枝も時には用いて自然の姿を表現するべきと主張しています。
 

安土桃山時代~江戸時代

 

 
器の上に自然のままの姿を表現するという様式を成立した池坊は、武家や朝廷にもよく用いられ、地位を揺るぎないものとしました。
 
安土桃山時代に天下統一した豊臣秀吉も、武家屋敷にある大きな床の間に飾る花を池坊に依頼しました。
 
その依頼に応え、立てた大砂物は池坊一代の出来物と称賛されたと言われています。
 

 
画像は平成24年に復元されたものです。
 
砂物とは、砂を器に敷き詰めることからその名となりました。
 
江戸時代中期には、生け花に関する書物が数多く刊行されるようになりました。
 
立花を、わかりやすく理論的に解説した「古今立花大全」はその代表といえます。
 
元禄5年に、修復が完了した東大寺大仏の開眼供養の際には、高さ9メートルにも及ぶ巨大な立花が立てられました。
 
江戸時代中期から後期には、上流階級や武家階級に親しまれていた華道は、庶民のたしなみに変化していきます。
 
立花が中心だった時代から、生花を中心に愛されるようになります。
 

明治時代~昭和時代

 

 
この頃には、生活の洋風化にともない盛花が成立します。
 
盛花とは、文明開化の頃に洋花が流通する中、これまでの生け花の形式には洋花に対応する手段がありませんでした。
 
そこで小原雲心が取り入れるべく、水盤状の花器を考案し、草花を盛るように生ける様式を作り上げたのが盛花といいます。
 
剣山などの留め具を使用して花を盛るように生ける様式で、広口の花器に、広がりをもたせることにより変化のある作品を構成することが出来るようになりました。
 
手軽にいけることができることから、女性に親しまれ流派を超えて流行するようになりました。
 

現代

 

 
現代でも愛されるいけばなは、その流派も数多くあります。
 
その数は300以上ともいわれています。
 
中でも「池坊」「小原流」「草月流」は3大流派といわれ歴史も長く親しまれています。
 
各流派にはそれぞれに特徴があり、しっかりとした流儀があります。
 

 
最も歴史の古い流派は池坊です。
 
池坊の特徴は、「立花」「生花」「自由花」という決まった形があるというところです。
 
そして、池坊が大切にしている精神として「美」と「和」が唱えられています。
 
花が色あせたり枯れかけていても、自然のままの姿を生かすことを理念としています。
 
小原流の特徴は、口の広い花器である水盤に剣山を用いて盛るように花を生ける盛花を考案したところです。
 
また、洋風の花を取り入れたのも小原流がはじめてでした。
 
時代に合わせて人々の居住空間に合った生け花を考案し、反映させて発展してきた流派と言えるでしょう。
 
草月流の特徴は、形式にとらわれることなく自由であるということです。
 
生けるという漢字も使わず、「造形る」や「変化る」などのように表現されています。
 
生けた人の個性が生かされるように、斬新な発想もどんどん取り入れて、枯れ枝や金属、石なども花材として使用します。
 
それはまるでオブジェのような美しさを持ち、常識を破った芸術的な生け花を造るのが草月流の特徴といえます。
 
流派や流儀と聞くと、格式高く始めるのに敷居が高そうな印象を持ちますが、体験教室なども多いので手軽にはじめやすくなっています。
 

さいごに

 

 
いかがでしたでしょうか。
 
長年日本で愛され、磨かれてきたいけばなの魅力と由来や歴史についてご紹介しました。
 
四季のある日本でしか生けることが出来ない作品がたくさんある点も、いけばなの魅力かと思います。
 
お花をみて癒されるのは万国共通です。
 
家で花瓶にお花を生けて楽しんでいる方も多いと思いますが、この機会に一度本格的に学んでみてはいかがでしょうか。