刺繡の道具は少なくてOK!すぐに始められる基本の道具やキットのご紹介♪

 

刺繡を始めましょう

annas/アンナスさん(@annastwutea)がシェアした投稿

 


 
色とりどりの糸で描き出される、繊細で美しい刺繡の世界。「やってみたい!」と憧れる反面、繊細な技法と専門的な道具を必要とする、ハードルの高い趣味というイメージがありますね。
 
しかし実は刺繡とは、針と糸と布さえあればすぐに始めることのできる、とても手軽な趣味の一つなのです。
 
手芸店に足を運んでも迷うばかりで「何を揃えたらいいのか分からない」とお悩みの初心者さん向けに、これだけは揃えておきたい道具や、便利なキットをご紹介していきます。
 

フランス刺繡とクロスステッチの違い

 
刺繡には大きく分けて「フランス刺繡」と「クロスステッチ」の二種類があります。

annas/アンナスさん(@annastwutea)がシェアした投稿

 


 
「刺繡」と聞いて多くの人が思い浮かべるフランス刺繡では、たくさんのステッチを組み合わせてデザインを描き出します。
 
つややかな糸で線を描いたり面を埋めたりと、多彩な表現が可能です。

@chikoko3128がシェアした投稿

 


 
一方クロスステッチは名前の通り、糸をクロスさせて布に並べることでデザインを描き出していく手法。
 
様々なステッチを使うことがないため、初心者やお子さまでも始めやすい刺繡です。
 

必要な道具を揃えましょう

 

刺繡針

 
刺繡糸は1本~6本を組み合わせて使うため、一般的な縫い針と比べて針穴が細長くなっています。針の太さや長さによって「号数」があり、糸の太さや本数、布の厚さなどによって使い分けるため、セットで購入しておくと便利です。
 

フランス刺繍針

出典:セイカ堂小売部 楽天市場支店

 
フランス刺繡針は、目の詰まった布にも針が通りやすいように、針先が尖っているのが特徴です。
 
クロスステッチ針

出典:セイカ堂小売部 楽天市場支店

 
一方クロスステッチ針は、刺した糸や布の織り糸を割らないように、針先が丸くなっているのが特徴的。
 

刺繡糸

macaron_emiさん(@emi_ya_mi_ut)がシェアした投稿

 


 
25番、8番、5番などの種類があり、番号が小さくなるほど糸が太くなります。その中でも一般的によく使われているのが25番の刺繡糸。
 
細い6本の糸で一束になっており、表現したいデザインや質感によって好みの本数を取り出して使います。
 
色の数がとても豊富で、微妙にニュアンスの違う様々な色を選ぶことができます。
 


 
フランス刺繡の場合は、綿や麻など、薄手で目の詰まった布が扱いやすくておすすめです。あまり柔らかすぎると刺繍がしづらいので、適度に張りのある生地を選んでください。
 
最初はお手持ちのハンカチやエコバッグなどでもいいでしょう。
 

クロスステッチ布の種類

出典:ルシアン オンラインショップ

 
クロスステッチの場合は、図案のます目と布の織り目を数えながら刺していきます。そのため縦横の織り目の比率が同じで、織り目が数えやすい布が向いています。
 
最初は布目が粗い布のほうがステッチがしやすいので、右から2番目のジャバクロス中目(刺繡糸6本取り)がおすすめ。
 

刺繍枠

y o k oさん(@yoko___ikechi)がシェアした投稿

 


 
刺繍枠がなくても刺繡はできますが、布をぴんと張って刺せるので作業がしやすく、より綺麗に仕上がります。
 
8㎝~18㎝くらいまで色々なサイズがありますが、ワンポイントの刺繡から始めるのなら8㎝から10㎝くらいの枠がおすすめです。
 
プラスチック製のものもありますが、木製の枠のほうが布をぴんと張ることができて手に馴染みます。調節する金具がしっかりしているものを選びましょう。
 

はさみ

 
先が尖っていてよく切れる糸切ばさみと、使いやすい裁ちばさみをご用意ください。
 

チャコペン

 
昔ながらのチョークタイプやシャープペンタイプなど種類が豊富ですが、目立つ色の、水で消えるタイプが一番使いやすいでしょう。
 

あると便利なもの

 
お気に入りの本や図案集から図案を写すときには、トレーシングペーパーやチャコペーパーがあると便利です。

@lumos943がシェアした投稿

 


 
チャコペーパーには両面と片面がありますが、片面タイプを使用してください。チャコペンと同様に水で消えるタイプがよいでしょう。
 

チャコペーパー

出典:チャコペーパー

 
布の上に、インク面を下にしたチャコペーパーを置き、その上に図案を重ねます。インクが出なくなったボールペンなどで強くなぞると、布に図案が転写されます。

 

初心者におすすめのキット2選

 
さいごは、刺繍初心者さんにおすすめのキットを2つご紹介。
 
どちらも「はじめての方でも無理なく作れる」と定評のある人気キットです。

 

MIROOM(ミルーム)

 


初心者さんがゼロから刺し方を学ぶなら、たった3週間で刺繍の基本をマスターできるMIROOMのスターターキットがおすすめです。
 
こちらのキットで学べる内容は、以下の6つ。

◆ランニングステッチ
◆1本取りと2本取りの使い分け方
◆刺繍枠・刺繍針・糸の使い方
◆PDF図案のダウンロードと印刷方法
◆くるみボタンの刺繍ブローチ
◆ステッチ1つで作るフォトスタンド

 
まずは基本のランニングステッチを身に付けながら、可愛い気球のブローチとインテリアにも映えるおしゃれなフォトスタンドを作っていきましょう♪
 

気になる価格は、6つの動画レッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。
 
1レッスンあたり約30分でマスターできるので、ご自分のペースに合わせながら気軽にお取組みいただけます。
 
「スキマ時間を利用して刺繍を始めてみたい」
「可愛い作品づくりを楽しみながら刺し方を覚えたい」
 
そんな方たちにも、MIROOMのスターターキットはうってつけ。
 

 
ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題♪
 
インスタでも話題の著名な先生から直接教われば、素敵な刺繍作品も思いのままにお作りいただけますよ。
 
さらに全500本のレッスン動画が受講し放題MIROOM月謝会員なら、いつでも資材が送料無料に。
 
編み物・羊毛フェルトの可愛い手芸レシピから、人気のポーセラーツやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

net store アンナとラパン

 

フランス刺繡キット

出典:net store アンナとラパン

 
こちらは刺繡作家annasさんがセレクトした道具と図案がパッケージされている「初心者さんセット」です。
 
刺繡針セット、刺繍糸、8㎝刺繍枠、チャコペン、チャコペーパー、巾着と、必要なものがすべて揃っているので、届いたその日からすぐに始めることができます。
 
巾着は仕立て上がりなので、出来上がったらすぐに使うことができて嬉しいですね。
 
クロスステッチキット

出典:ルシアン オンラインショップ

 
こちらは布に描かれた記号を塗りつぶすようにステッチする、「ぬりえみたいなクロスステッチ」のキット。
 
専用の針と糸のほかに、図案がプリントされた布と、プチフレームもセットになっています。
 
出来上がった作品は、お部屋のインテリアとしてお好きな場所に飾って楽しんでくださいね。
 

刺繡時間を楽しみましょう

annas/アンナスさん(@annastwutea)がシェアした投稿

 


 
慌ただしい日常から離れて、一針一針丁寧に、布に針を刺して抜くことだけを繰り返す。
 
お気に入りの音楽をかけて、テーブルには香りのいい紅茶とお菓子を用意して…。
 
たまにはそんな贅沢な刺繡時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。
 
手仕事に集中した後は、ご自身が深くリラックスしていることに気付くはず。