北欧モチーフが可愛い!クリスマス向けのクロスステッチ刺繍見本13選

 

初心者でも簡単♪クロスステッチを始めよう

 


今年の冬は、クロスステッチで北欧モチーフやクリスマス柄を刺してみませんか?
 
布のマス目をクロス(X字)にして刺していくだけなので、難しいテクニックも不要。初心者の方でも、すぐに覚えることができますよ。
 
たくさんのカラー糸を使用すれば、美しいグラデーションも簡単に表現することが可能です。
 
今回は、この時期に人気の北欧モチーフ&クリスマスモチーフのクロスステッチ作品を7種類ご紹介。
 
ぜひ見本集として参考にしてくださいね♪

 

冬に人気♪北欧モチーフの作品見本7選

 

まずは、冬に人気の北欧デザインの可愛い作品をピックアップ。
 
ここでは有名な北欧モチーフ「ダーラナホース」や「エイトスター」を種類別に7つ集めました。
 
由来や意味もご紹介するので、ぜひ北欧の伝統文化にも触れてみてください♪
 

幸せを運ぶダーラナホース

 

 
こちらは有名なモチーフ「ダーラナホース」の作品です。
 
日本ではこの名称が一般的ですが、スウェーデンは「ダーラヘスト」と呼ばれています。
 
ちなみに「ヘスト」とは、スウェーデン語で馬のこと。
 
そして、この馬のモチーフは「幸せを運ぶ馬」として世界中で愛されています。
 
スウェーデンでは、昔から馬は生活に無くてなならない大切な存在。
 
しかしダーラナホースが作られた時代は誰もが馬を持てるわけではなく、貧しい人々は馬に憧れを抱いていました。
 
そこでその憧れの馬を木で彫り、赤い塗料で彩色し、作った馬を売り歩くことに。
 
時にはダーラナホースそのものが、お金の代わりにもなったのだそうですよ。
 
現在のように、ダーラナホースが子どものおもちゃとして定着したのは、そのずっと後のこと。
 
やがてスウェーデン中で人気を博したダーラナホースは、この地方の伝統工芸品となり、今では世界中で親しまれる人気のモチーフとなりました。
 

 
こちらもダーラナホースのポーチです。花柄の馬モチーフが可愛いですね。
 
最初はこのぐらいの小さいサイズから始めてみるのがおすすめです。
 
「幸せを運ぶ馬」のモチーフは、大切な方への贈り物にも最適。
 
豊かさをシェアするという意味でも、クリスマスプレゼントにうってつけですね♪
 

 
こちらは、色違いのダーラナホースをたくさん並べた作品。
 
ストライプ模様は一段毎に糸の色を変え、クロス模様のダーラナホースは柄ごとに糸を色替えして刺します。
 
色違いのモチーフを並べてみると、とても可愛いですね♪
 
このような作品を作るときは、よく図案を見て、針を刺す位置を間違えないようにすると上手くいきますよ。

 

代表的なノルディック模様

 

 
こちらは北欧モチーフによく使われるノルディック模様、トナカイとエイトスターです。
 
単色でシルエットを刺していきますので、一目一目数えながら、丁寧に刺し進めていきましょう。
 
シンプルなデザインだけに、色違いでいくつも作りたいですね。
 
こちらはポット敷きに変身するようですよ。お洒落なキッチンアイテムは、ギフトとしても喜ばれること間違いなしです。
 

 
続いての作品も、先ほどと同じくとってもお洒落なキッチンアイテムです。
 
こちらは、エイトスターとトナカイのキッチンタオルだそう。
 
手を拭いてしまうのがもったいないぐらい、素敵なタオルですね♪
 
裾だけに施されたクロスステッチですから、爽やかで清潔感のある仕上がりです。
 
生活で使う日用品を手作りするだけで、家事の時間も楽しくなりますよ♪
 

可愛い北欧風クリスマス

 

 
スノーフレーク、キャンドル、リースなど。こちらは、定番の北モチーフを刺したクリスマスオーナメントです。
 
布地と糸の相性も良く、とても可愛いですね。
 
中央のサンタが乗ったスノーフレークは少し難しそうな図案ですが、ほとんどが左右上下対称の模様ですので、初心者でも刺しやすいはずです。
 
最初のうちは、このようなシンメトリーの図案を選ぶと簡単に仕上がりますよ♪
 
糸の配色やモチーフの位置を工夫して、ぜひオリジナルのデザインで刺繍してみましょう。
 

色とりどりのトナカイたち

 

 
こちらはなんと、クリスマスモチーフを纏ったカラフルなトナカイです!
 
たくさんの色糸を使用していますので、クロスステッチとはいえ難易度は高め。
 
クッションカバーに仕立てられた素敵なデザインなので、オールシーズン使用したいですね。
 
ソファに置くだけで、部屋全体が明るく華やかになるモチーフです。

 

定番&可愛い♪クリスマス図案の作品見本6選

 

ここからは、定番のクリスマスモチーフで刺繍したクロスステッチ作品を種類別に6つご紹介。
 
可愛らしい作品から圧巻の芸術作品まで、たくさん登場しますよ♪
 

やっぱりこれ!サンタクロースモチーフ

 

 
最初にご紹介するのは、編み物好きなサンタクロースから。
 
クリスマスにおもちゃを配るサンタクロースが一般的ですが、こちらのサンタさんは自分で編んだ作品を子どもたちに配るのでしょうか?
 
よくよく見ると微笑ましい気持ちになる作品ですね♪
 

View this post on Instagram

@attyonvrikeがシェアした投稿 – 2018年10月月16日午後4時11分PDT

 
こちらのサンタさんは、クロスステッチを使って見事なグラデーションを表現しています。
 
とてもキレイですね。陰影が素晴らしい作品です。
 
これは何に仕立てられれるのでしょうか。
 
壁に飾るだけではもったいないほど美しい作品ですね♪
 

 
続いては、聖夜の一場面を切り取った可愛い図案。
 
こちらはPRAIRIE SCHOOLER(プレーリースクーラー)から出版された図案集で作った作品なのだそう。
 
でも残念ながら、プレーリースクーラーは既に廃業しているそうなので、図案集は在庫限りで販売終了とのこと。
 
日本ではまだ購入できるようなので、気になった方はぜひ検索してみてください。
 

クリスマスツリーバリエーション

 

 
クリスマスツリー?サンタクロース?
 
一番上にいるサンタさんの頭が光っていますが、体はツリー。そしてブーツもあります。
 
よく見ると、一人ひとりサンタクロースの表情も違うという、なんともユニークな図案ですね♪

 

 
こちらは、お菓子で作られたクリスマスツリー。
 
こんな木がほんとうにあったら素敵ですね♪
 
美味しそうなスイーツがいっぱい詰まれていますよ。
 
カラフルな色糸が何とも楽しいデザインです。
 

クリスマスを詰め込んだ逸品

 

 
続いての作品は、とにかく凄い!の一言です。
 
これがクロスステッチで刺されているなんて信じられないほど、素敵な作品ですね。
 
緻密なデザインとグラデーションが美しさがまさに圧巻。
 
せっかくクロスステッチを楽しむのなら、いつかはこのような大作を仕上げてみたいですね♪

 

クロスステッチってどんな刺繍?

 

 
ここまでたくさんの作品をご紹介してまいりましたが、クロスステッチとはそもそもどんな刺繍手法なのでしょうか?
 
クロスステッチはとても歴史が古く、4世紀ごろのトルコが発祥とされているそうです。
 
ヨーロッパで、とても人気になり世界各国に伝わり、日本では明治の末頃に伝えられました。
 
刺繍を始める際に、取り組みやすいクロスステッチですが、ワンポイントに刺したり、布全体に刺したりと応用も自由。
 
お子さまでもできる簡単なワンパターンのテクニックなので、老若男女問わず日本でもとても人気があります。
 

クロスステッチに必要な材料と道具は?

 
クロスステッチ作品を作るためは、布・刺繍糸・枠・刺繍針が必要です。
 
さいごは、これら4つの材料と道具について簡単にご紹介しましょう♪
 

布地

 

 
クロスステッチ作品を作るためには一般的な刺繡と違い、正方形のマス目に織られた布地を使用します。
 
一目ひと目数えながら図案通りに刺していくので、平織と呼ばれる縦・横の糸の本数が同じで織られた布が適しています。
 
クロスステッチ用の有名な布と言えば、「アイーダ」がよく知られており、ブロック織りの「ジャバクロス」も人気です。
 

 
ちなみに、こちらがアイーダです。
 
布地のカラーもサイズも、種類が豊富にありますよ。
 

 
布地の色は、刺したい図案やモチーフに合わせて選びましょう。
 
手芸店ではカットした布も販売されていますし、生地屋さんで反物の切り売りを購入するのもおすすめです。
 
用途に合わせた色やサイズをあれこれ考えながら、ぜひお気に入りの布を見つけてみてくださいね。
 

刺繍糸・枠・刺繍針

 

 
続いては、刺繍糸と枠、そして刺繍針を用意しましょう。
 
刺繍枠はプラスチック製もありますが、初心者の方には手が滑りにくい木製の刺繍枠がおすすめです。
 
大きさも種類もたくさんありますが、ネジ式の丸い刺繍枠を選んでおけば間違いありません。
 
またはじめての方には8cmの小さ目タイプが最適です。
 
慣れてきたら制作する作品に合わせて、丁度よいサイズを選んでみてください。
 
あまり大きい枠で小さいモチーフですと刺しにくいので、加減が必要です。
 
刺繍糸はお好きな色を選びましょう。最初に購入するなら、25番と書かれた太さの糸がおすすめです。
 
グラデーションにする場合は何色も必要ですが、刺すモチーフに見合う色を購入してみてください♪

 

刺繍初心者さんには図案付きキットもおすすめ♪

 


サテンステッチやアウトラインステッチ、バックステッチ…などなど。
 
刺繍の手法は、クロスステッチ以外にもたくさんの種類があります。
 
「いろいろなステッチを覚えて、作品づくりの幅を広げたい」
 
そんな方には、たった3週間で刺繍の基本をマスターできるMIROOMのスターターキットがおすすめです。
 
こちらのキットで学べる内容は、以下の6つ。

◆ランニングステッチ
◆1本取りと2本取りの使い分け方
◆刺繍枠・刺繍針・糸の使い方
◆PDF図案のダウンロードと印刷方法
◆くるみボタンの刺繍ブローチ
◆ステッチ1つで作るフォトスタンド

 
まずは基本のランニングステッチを身に付けながら、ワンポイント刺繍の可愛いブローチとインテリアにも映えるおしゃれなフォトスタンドを作っていきましょう♪
 

気になる価格は、6つの動画レッスンと材料一式がセットになって送料込1,980円。
 
1レッスンあたり約30分でマスターできるので、ご自分のペースに合わせてながら気軽にお取組みいただけます。
 
「スキマ時間を利用して刺繍を始めてみたい」
「可愛い作品づくりを楽しみながら刺し方を覚えたい」
 
こんな方たちにも、MIROOMのスターターキットはうってつけ。
 
ライブ感溢れる動画レッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題♪
 
インスタでも話題の著名な先生から直接教われば、素敵な刺繍作品も思いのままにお作りいただけますよ。
 

さらに全750本のレッスン動画が受講し放題MIROOM月謝会員なら、いつでも資材が送料無料に。
 
編み物・羊毛フェルトの可愛い手芸レシピから、人気のポーセラーツやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

今年の冬はクリスマス刺繍でお部屋を飾ろう♪

 


北欧モチーフ&クリスマスモチーフのクロスステッチ作品は、いかがでしたか?
 
手軽で簡単に始められるクロスステッチは、寒い冬にピッタリの趣味です。
 
クリスマスまでまだ1ヶ月ありますので、ぜひこの機会に素敵な作品を手掛けてみてくださいね♪