卵黄や卵白が余ったらどうすればいい?卵の上手な活用法が知りたい!

余った卵黄や卵白って、どうしたらいいの?


「卵黄1個分」「卵白1個分」と書かれたレシピを見ると、「じゃあ残った片割れはどう活用したらいいのだろう…」と悩みますよね。
 
余った卵の使い道がなかなか思い浮かばずに、別のレシピを探すという方も多いのではないでしょうか。
 
しかし実は、卵黄だけ、卵白だけのレシピや使い道は意外とたくさんあるもの。
 
そこで今回は、余った卵黄や卵白の救済方法を8つご紹介します。
 
いつもの料理に加えるだけでOKという賢い消費方法もお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね♪

 

卵黄の活用術は2つ♪


卵黄のみを使う料理やお菓子は数多くあるので、余ってしまったとしても使い道に困ることはありません。
 
おかずとしてもデザートとしても、活用法はたくさんあります。
 
まずは、卵黄が余ったらぜひ実践したい卵黄の消費方法を2つご紹介しましょう。
 

焼肉などにのせて


最初にご紹介するのは、最も簡単な消費方法。
 
ただのせるだけなので調理は必要ありません。
 
すき焼きに生卵をからめて食べるという方も多いのではないでしょうか?
 
醤油や砂糖を使った甘辛い味付けに卵黄を組み合わせると、旨味とまろやかさが加わって美味しさアップ。
 
牛丼やマグロ丼、焼き肉やドライカレーなどに。お好みでうどんやそばにものせてみてくださいね。
 

カルボナーラ


カルボナーラは、卵黄だけを使って作る料理の代表格。
 
ベーコンや玉ねぎ、きのこなどお好きな具をフライパンで炒め、牛乳・パルメザンチーズを入れて温めます。
 
火を止めて卵黄を入れ、塩コショウで味付ければ完成。
 
卵1個に対し、牛乳は50mlくらいが適量です。
 
こってりな味付けがお好きという方には特におすすめのレシピなので、ぜひお試しあれ。
 

カスタードクリームを作る


「料理に使ってもまだ卵黄が余っちゃう…」というときは、カスタードクリームを作ってみてはいかがでしょう。
 
ホットケーキやアイスクリーム、フルーツなど普段のデザートにかけても美味ですよ。
 
【材料(卵黄2個分)】
 
・牛乳 150ml

・生クリーム 40ml
・砂糖 30g
・無塩バター 10g

・薄力粉 大さじ2

 


【作り方】
 
1.卵黄と砂糖を混ぜて、小麦粉をふるい入れます。
 
2.牛乳と生クリームを鍋に入れ、沸騰直前まで加熱。
 
3. 1に2を加え、中火にかけます。
 
4.とろみがついてきたら、バターを加えます。
 
5.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして完成♪
 

卵白の活用術は6つ♪


お菓子作りをしていると、何かと余りがちな卵白。
 
卵白は高たんぱく低カロリーの食材。
 
そうは分かっていても、上手な活用法が思いつかないこともありますよね。
 
ここからは、卵白のお手軽な消費方法を6つピックアップ。
 
普段の料理に加えるだけのレシピから卵白のみで作るお菓子まで、幅広い活用方法をご紹介していきます。
 

卵焼きを卵白だけで作ってみる


卵白だけでも卵焼きが作れるということをご存知でしたか?
 
ただし、味はかなり淡白になってしまうので、卵白のみで作る際には調味料にマヨネーズを加えてみましょう。
 
卵黄で出来たマヨネーズなら、卵白とのバランスも◎。
 
卵白1個に対してマヨネーズ大さじ1を加え、調理しましょう。
 
ツナやベーコンの具、ネギなどの香味野菜を加えて作るとさらにしっかりとした味に。
 
ふわふわの食感に仕上がります。
 
同じ要領でスクランブルエッグを作ってみても、美味しく出来上がりそう。
 

スープに加える


続いてのレシピは、ふわふわになるまで混ぜた卵白を、毎日の汁ものに加えるだけ。
 
火を止めたところでフタをして一分待つと、、卵白がふわふわに。
 
味噌汁はインスタントのものでもOK。
 
頻繁にお菓子作りをされる方も、卵白が余ったときにはこちらのレシピを試してみてはいかがでしょう?
 
味噌汁の代わりに中華スープやわかめスープでも使える方法です。
 

あんかけに加える


あんかけに卵白を加えると、さらにふわふわ食感に仕上がります。
 
いつもより美味しい!とご家族がびっくりすること間違いなし。
 
あんかけに片栗粉を回し入れたあとに、卵白も加えます。
 
卵白は泡立てたものでもそのままでもOK。
 
インスタントのあんかけに加えてみてもいいかもしれません。
 

エビの下ごしらえに


卵白は余ったときは、エビ料理を作るチャンス。
 
卵白でエビがぷりぷりになるともっぱらの評判なのです。
 
卵白に酒大さじ1、片栗粉大さじ1を加えて混ぜ、生のエビにからめます。
 
お湯を沸かして酒大さじ1を加えてから、先ほどのエビを加えてひと煮たちさせればOK。
 
こちらの方法なら、エビチリもエビマヨも驚くほど美味しく出来上がりますよ。

 

簡単なスイーツを作る


余裕があるときは、卵白で作るウ・ア・ラ・ネージュというスイーツを作ってみましょう。
 
泡立てた卵白にジャムをかけて食べるお菓子です。
 
【材料】
 
・卵白 1個分

・砂糖 25g

・レモン汁またはお酢 大さじ2

・塩 ひとつまみ
 


【作り方】
 
1. 卵白に砂糖と塩を加え、泡立てます。
 
2. お湯を沸騰させ、レモン汁またはお酢を加えます。
 
3. 卵白をおたまやスプーンですくって、2のお湯に浮かべます。
 
4. 5分ほどゆでて卵白に火が通ったら、取り出して冷やします。
 
5. お好きなジャムなどをかけて出来上がり♪
 

アイシングクッキーを作ってみる

 


本格的なお菓子を作るなら、卵白を使ったロイヤルアイシングでアイシングクッキーを手作りしてみましょう。
 
ロイヤルアイシングとは、粉糖と卵白で作ったアイシングクリームのこと。粉糖と何かをミックスして作るクリームのことを「アイシング」と呼びます。
 
そんなロイヤルアイシングを使うと、こんなにも可愛らしいアイシングクッキーをご自分でも簡単に作ることができるんですよ♪
 
「簡単に作れるならトライしてみたいな」と思われた方は、インスタでも話題の著名な先生から、アイシングクッキーの作り方を直接学んでみませんか?
 
おしゃれで可愛いスイーツレシピを動画で学べるMIROOMなら、指導経験豊富なプロの先生たちが初心者さんにも分かりやすくレクチャー。
 
手作りがはじめての方でも、実際のお菓子教室と同じように安心してお取り組みいただけます。
 


また必要な材料や道具も動画と一緒に購入できるので、「どこのお店で揃えたらいいの?」と迷うこともありません。
 
さらに最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、話題のスイーツやパンのレシピもまるごと定額で習得可能♪
 
作り方の基本さえ身に付ければ、SNS映えする人気スイーツもカンタンに手作りできるようになりますよ。
 
人気のカリグラフィーやペン字、フィットネスやヨガまで、毎月定額で楽しめるのも嬉しいですね♪
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)

 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。
 

卵黄と卵白を活用すれば「あと一品」も楽々♪


卵の黄身だけ、白身だけ余ったときがチャンスのレシピは、意外とたくさんありましたね。
 
普段の料理に加えるだけのレシピ、簡単な手順で出来上がるレシピなら、「あと一品」欲しいときでも空いた時間にちゃちゃっと仕上げることができそう。
 
ぜひこちらのレシピを参考に、栄養満点な卵を余すところなく使い切ってくださいね♪