一度は食べたい!こだわりの高級食パンが買えるお店4選

1,000円高級食パンが大ブーム!


今や空前の高級食パンブーム。各地に専門店も次々とオープンしています。
 
値段の相場は1,000円前後と、普通の食パンの5倍以上のものも。
 
それでも売れ行きは絶好調だという高級食パン。
 
一体どのような食パンで、どこで食べることができるのでしょうか。
 
今回は、巷で人気の高級食パンのお店をご紹介します!
 

乃が美


まずは高級食パンブームの先駆けとも言われる、乃が美。
 
2013年に大阪本店をオープンしてからというもの、行列のできる店と評判を呼び、2018年現在は全国に105店舗を展開。
 
2016年には「パン・オブ・ザ・イヤー 食パン部門」(パンスタ主催)で金賞を受賞。
 
百貨店の催事出店でも数十分で売り切れるほどの人気ぶりで、その勢いはとどまるところを知りません。
 
高級食パンを味わうなら、ぜひ最初に足を運んでいただきたいお店です。
 

乃が美の食パンの特徴


一日に全国で20,000本売れることもあるという乃が美の「生」食パン。
 
しっとりもちもちした食感が人気の理由。
 
もともとはパン職人のタブーとされた腰折れ(側面が折れること)に近い、ぎりぎりの焼き上がりを狙うことで、柔らかさを保っているのだとか。
 
外はさくさく、中はしっとりの焼き上がり。
 
香ばしく噛み応えのある耳からはほんのりキャラメルに似た風味が漂い、一度食べたらやみつきになる味。
 
まさに耳までおいしい食パンです。
 

乃が美総本店の店舗情報


・営業時間:11:00~18:00
 
・定休日:月(祝日は営業)
 
・所在地:大阪府大阪市天王寺区上之宮町2-2
 
・電話番号:06-6773-6488
 
・HP:http://nogaminopan.com/goods/plain_bread/
 

あずき


お次は、フジテレビの「めざましテレビ」やTBSの「櫻井・有吉THE夜会」などで紹介され、一躍有名店の仲間入りを果たした高級食パン専門店あずき。
 
二子玉川玉川高島屋SC南館のすぐ裏に本店を構えています。
 
「新しいのに懐かしい」ずっと前から知っていたような感覚を重視。
 
昔ながらの日本の食卓になじむ味が特徴です。
 

あずきの食パンの特徴

View this post on Instagram

@ake028がシェアした投稿


代表作であるAZUKI食パンは、店名のとおりあずきを練りこんだ食パン。
 
北海道産のあずきの中から特に収穫量の少ない小粒を厳選して使用しています。
 
パンの柔らかさの調整にはヨーグルトを使用。
 
さらにマスカルポーネのコクが甘みを引き立て、噛めば噛むほど味が深まる仕上がりです。
 
1日目は生で、2日目はトーストで、3日目以降は冷凍保存して食べるのがおすすめだそう。
 

あずきの店舗情報


・営業時間:10:00-20:00
 
・定休日:なし
 
・所在地:東京都世田谷区玉川3-9-3ストリーム タマガワ1階B号室
 
・電話番号:03-6431-0302
 
・HP:https://www.shokupan-azuki.jp/
 

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)


乃が美と並んで、高級食パンブームの火付け役となったと言われるのが、銀座の名店セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)。
 
渋谷にあるバゲットの人気店、ヴィロンのオーナーが経営しているお店。
 
香ばしい匂いが漂う店内では、職人さんがパンをこねたり焼いたりする様子を眺めることができます。
 
パン好きにはたまらない空間といえるでしょう。
 

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY) の食パンの特徴


食パンを購入するだけで1時間以上待つのが普通という、超人気店。
 
不動の一番人気は、もちろん角食パン。
 
北海道産小麦の「ゆめちから」を使ったしっとりもっちりの食パンです。
 
あまりに人気のため、食パンの購入は一人三本までに制限されているのだとか。
 
まとめ買いはできないので注意しましょう。
 

セントル ザ・ベーカリー (CENTRE THE BAKERY)の店舗情報


・営業時間:10:00~19:00(食パンが完売次第終了)
 
・定休日:なし
 
・所在地:東京都中央区銀座1-2-1 東京高速道路紺屋ビル 1F
 
・電話番号:03-3562-1016
 
・HP:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13157424/
 

最高級パン専門店 recette(ルセット)


最後にご紹介するのは、100%国産素材で作られたプレミアム食パンが人気を博しているrecette(ルセット)。
 
世田谷区に工房があり、販売は姉妹店の食パン専門店Bread Code by recette(ブレッドコードバイルセット)や、パンスイーツ専門店【カフェルセット鎌倉】などで行われています。
 

最高級パン専門店 recette(ルセット)の食パンの特徴

群馬県榛名山の天然湧水や日本酒の麹菌技術を活用した天然酵母。
 
細かい手順を踏み、多くの時間を費やしてパンを育てることで、どのような天候の日でも均一な仕上がりに。
 
職人さんが天然酵母や素材とじっくり向き合って出来上がったパンは、キメの細かいデニッシュのようなリッチな味わいです。
 

recetteの店舗情報(Bread Code by recette)

・営業時間:10:00~17:00
 
・定休日:不定休
 
・所在地:神奈川県鎌倉市坂ノ下22-23
 
・電話番号:0467-53-7307
 
・HP:http://bread-code.com/
 

一度食べたらやみつきに

高級食パンの価格には尻込みしてしまいそうですが、「1度だけ」と買った方も「また食べたい!」とハマってしまうのだとか。
 
最もご自身好みの味はどれなのか、高級食パンを食べ比べてみるのも楽しそうですね。
 
普通の食パンとはひと味もふた味も違う、香り・食感・風味をぜひ一度お試しあれ。