コッペパンを買うならここ!こだわりのお店4選

コッペパンは日本生まれ


コッペパンは大正8年に田辺玄平が創業した「丸十ぱん店」で作られたのが最初だと言われています。
 
戦後、学校給食に使われたことで急速に日本各地に普及。
 
そのコッペパンが今空前のブームとなっているのです。
 
岩手で人気のコッペパン専門店「福田パン」が系列店「吉田パン」を東京にオープンしたのを皮切りとして、個人店からチェーン店、さらにコンビニまでがコッペパン商品の開発にいそしんでいるのだとか。
 
今回は、コッペパンに強いこだわりのあるお店を続々とご紹介します。
 

吉田パン


まずは都内コッペパンブームの火付け役とも言われる「吉田パン」。
 
岩手県盛岡の「福田パン」で修行を積んだオーナーが出店した系列店です。
 
「福田パン」は1948年から50年以上愛された老舗店。
 
そのコッペパンは地元の方々のソウルフードとも言われているほど。
 
老舗パンの精神・心意気を受け継いだ人気のコッペパンを本店の亀有と北千住店の二店舗で味わうことができます。
 
ご近所さんから芸能人までが足しげく通うお店になっているのだとか。
 

吉田パンの人気商品


「吉田パン」では、オーダーした具材をその場でサンドしてもらうことができます。
 
だから、コッペパンはいつでも出来立て♪
 
その中でも特に女性に人気なのが「黒豆きなこ」味だそう。
 
パンはしっとりとしていながら粘り気がなく、食べやすいところも人気の秘訣。
 
「また食べたい!」という気持ちがこみ上げてくる美味しさ。リピーターで朝から長蛇の列ができていることも珍しくありません。

 

吉田パン (亀有本店)のデータ

・営業時間: (月)7:30~13:00(火~日)7:30~17:30
 
・定休日: なし
 
・所在地: 東京都葛飾区亀有5-40-1
 
・電話番号: 03-5613-1180
 
・HP: http://yoshidapan.jp/
 

大平製パン


続いてご紹介するのは、大平製パン。老舗の三代目である大平由美さんがオーナーをされているお店です。
 
レトロな雰囲気の店内には5席ほどのイートインスペースもあります。
 
パンのほかクッキーなどの焼き菓子や飲み物も販売。
 
おじいさんの代から変わっていないという人気のコッペパンは、柔らかくてほんのり甘い、昔懐かしの優しい味。
 
お店のマスコットの焼き印がとてもキュートです。
 

大平製パンの人気商品

コッペパンの具材は、全部で15種類ほど。
 
たまごドッグに焼きそばパン、あん&マーガリンと、シンプルな王道フィリングが人気です。
 
おかずパンの主役はやっぱりたまごドッグ。
 
大平製パンのたまごドッグにはソーセージも挟んであるので、食べ応え満点。
 
ふんわり柔らかくほんのり甘い生地に、マヨネーズのコクと酸味がよく合います。
 

大平製パンのデータ

・営業時間: (平日)8:00~19:00 (土日祝)8:00~18:00
  
・定休日: 月曜(不定休あり)
 
・所在地: 東京都 文京区千駄木2-44-1 苅谷店舗
 
・電話番号: 記載なし
 
・HP: https://www.facebook.com/ohiraseipan/
 

iacoupe(イアコッペ)


上野駅の近く、上野の森さくらテラス3Fにあるイアコッペはコッペパンの専門店。
 
表面さっくり、中はしっとりのコッペパンは、上野のお土産や公園ランチとしても人気です。
 
メニューは毎月更新。
 
おかず系からおやつ系まで約15種類のフィリングを月替わりで楽しむことができます。
 

iacoupe(イアコッペ)の人気商品

イアコッペの人気商品は、こちらの「ステーキ」。
 
オーストラリア産ナチュラルビーフをレタスとともに挟んでいて、ボリュームも申し分なし。
 
噛めば噛むほど味が出る上質なお肉をミディアムレアに焼いて、オーロラソースで味付け。
 
サンドイッチとは思えない満足感を味わえる一品です。
 

iacoupe(イアコッペ)のデータ

・営業時間: 10:00~20:00
 
・定休日: なし
 
・所在地: 東京都台東区上野公園1-54 上野の森さくらテラス 3F
 
・電話番号: 03-5812-4880
 
・HP: http://www.ianak.com/iacoupe.html
 

ニコ アンド コーヒー

最後はアパレルブランド「niko and…(ニコアンド)」のカフェ「ニコ アンド コーヒー」。
 
もともと期間限定メニューとしてコッペパンを発売したのが、あまりに人気のため常設メニューになったのだとか。
 
原宿でのお買い物ついでにふらりと立ち寄ることのできる立地も魅力。
 
カナダ産の小麦粉や渥美半島産の生乳など、こだわりの素材を使用することで小麦の味と香りを引き立て、素朴で優しい味わいに仕上げています。
 

ニコ アンド コーヒーの人気商品


「ニコ アンド コーヒー」のイートインは、懐かしい給食を思わせるシルバープレートで提供され、雰囲気満点。
 
そんなお店で好評なのは、やはり給食を思い出させるナポリタン。
 
リーズナブルな価格、日本的な雰囲気と味わいから、外国人観光客にも受けがいいのだそう。
 

ニコ アンド コーヒーのデータ

・営業時間: 11:00~22:00
 
・定休日: 記載なし
 
・所在地: 東京都渋谷区神宮前6-12-20 niko and … TOKYO内
 
・電話番号: 03-5778-3304
  
・HP: http://www.nikoand.jp/news/4558/
 

懐かしくて新しい味


あの頃の給食を思い出させるコッペパンには、そこはかとなく昭和の雰囲気が漂います。
 
けれど、平成のコッペパンはなんといってもフィリングが豊富。
 
数十種類のメニューがあるお店もあります。
 
どこか懐かしく、それでいて新しいコッペパンの味を、ぜひ堪能してみてくださいね。