コッペパンに挟むなら?おすすめのフィリング10選

主食にも最適のコッペパン


懐かしのコッペパン。
 
給食に出たことを懐かしく思い出す方も多いのでは。
 
シンプルな味わいは、塩辛い具にも甘い具にもマッチ。フィリングを入れることでそのまま食べるよりもずっと美味しい。
 
前日の余ったおかずを挟むだけで、味わい深い特製コッペパンに。
 
今回はそんなコッペパンに挟みたい、おすすめのフィリングをご紹介しましょう。
 

定番のフィリング


サンドイッチの定番フィリングは、コッペパンとも好相性。
 
普段食パンで作っているサンドイッチにコッペパンを使用するだけで、ひと味違った味わいを楽しむことができます。
 

ホットドッグ

コッペパンと言えばまずはこちら。
 
キャベツ+ソーセージ+ケチャップ&マスタードで作るホットドッグは定番中の定番。
 
キャベツはカレー粉と少量の醤油で炒めてから挟み込むと、より本格的な懐かしいホットドックの味に。
 
具をはさんだあとトーストすれば、パンの香ばしさと柔らかさがさらに増しますよ。
 
食べる直前に軽くトーストしてみて。
 

ハム&チーズ


ハム&チーズもサンドイッチの定番フィリングですが、コッペパンにはほんのり甘いクリームチーズがおすすめ。
 
コッペパンの甘みとほどよく調和します。
 
クリームチーズは温めると溶けてしまうので、先にパンをトーストしてからフィリングを詰めましょう。
 

小倉&マーガリン


甘党の方におすすめしたい第一位は、小倉マーガリン。
 
バターを塗って既製品のつぶあんをのせるだけでできるおやつパンです。
 
小倉とマーガリンを合わせていただくのはもともと名古屋の文化なのだとか。
 
名古屋の各喫茶店が食パンにマーガリンと小倉あんをのせて提供していたのが始まりでした。
 
その好評ぶりを見た敷島製パンが類似品のサンドロール 「小倉&ネオマーガリン」を発売、全国に広まったのだそう。
 
今やすっかり甘党さんに人気の組み合わせとなりました。
 

フライ+タルタルソースまたはウスターソース


「夕飯のフライが余っちゃった!」というときにも、コッペパンが大活躍。
 
エビフライやサーモンにはタルタルソース、とんかつならウスターソースをかけていただきましょう。
 
お好みでレタスやトマトを加えるとパンや具の味がさらに引き立ちます。
 
栄養バランスも◎。
 

卵+マヨネーズ


子どもも大人も、みんな大好きな卵サンド。
 
コッペパンの優しい味わいと卵のハーモニーはお子さまにも人気です。
 
ゆでた卵はつぶして、マヨネーズと塩コショウで味付けをしておきましょう。
 
トーストしたコッペパンに挟めば出来上がり。
 

焼きそば


焼きそばを作ったら少しだけ残しておくと、翌日の朝食にも大活躍。
 
粉末ソースで味付けをした焼きそばを挟むだけと、こちらも簡単お手軽なレシピです。
 
サンドイッチには濃いめの味付けのほうが合うので、お好みでウスターソースやお好み焼きソースを少量加えて味をととのえるといいでしょう。
 
紅しょうがをのせれば、より本格的な屋台風焼きそばパンに。
 

焼肉


続いては、ホットドッグのソーセージの代わりに焼肉を使用したアイデアレシピ。
 
味付けはもちろん焼肉のたれ!
 
キャベツは味付けをせずレンジでチンしてからはさむと、甘みが出て食べやすいのだとか。
 

変わり種フィリング


ここからは「定番フィリングはすでにトライ済み!」という方におすすめの、変わり種フィリングをご紹介。
 
パンと合わせる機会の少ない食材や、一般家庭ではあまり使用しない食材を加えると、一気におしゃれ度がアップ。
 
パーティーにもおすすめの「おっ」と言わせるサンドイッチの出来上がり♪
 

サンマ


こちらは塩焼のイメージが強いサンマを洋風にアレンジしたクックパッドのレシピ。
 
小麦粉をまぶしたサンマをオリーブ油で焼き、塩もみした大根といっしょに挟みます。
 
ソースはヨーグルトに醤油とオリーブ油を少々加えたものを使用するとおいしいのだそう。
 
大根の塩もみがさんまとよく合い、いつもと違った味を楽しむことができるようです。
 

パクチー


ベトナム料理などアジア料理に欠かせないパクチー。
 
独特の香りがファンにはたまりません。
 
ベトナム料理ではエビなどの具とパクチーをライスペーパーで巻いた「ベトナム風春巻き」が人気。
 
この春巻きの具は、実はコッペパンともよく合います。
 
ライスペーパーの代わりにコッペパンを利用し、スイートチリソースなどお好みのエスニックドレッシングでいただきましょう。
 

黄桃

View this post on Instagram

@charukkyがシェアした投稿


最後は手作りケーキの具としても人気の黄桃の缶詰を使用したおやつパン。
 
手作りケーキと言えばいちごのショートケーキというイメージですが、イチゴの酸味が苦手なお子さまも多いでしょう。
 
黄桃の缶詰はイチゴよりも甘みが強く酸味が少ないので、子どもたちからも大好評。サンドイッチの具材としても好評なのです。
 
生クリームやカスタードとも相性抜群なので、お好みのクリームと合わせてみてください。
 

やっぱり万能!コッペパン


コッペパンには、どのような具材でも受け入れて味を引き立たせる懐の深さがあります。
 
だからこそ、長く給食の主食としてお米の代わりに提供されてきたのかもしれないですね。
 
スパゲッティやドライカレー、からあげやきんぴらごぼう。
 
洋風和風問わず、余ったおかずや食材を、ぜひコッペパンに挟んで味わってみてくださいね。