オーブン要らず!フライパンで作る簡単ちぎりパンアレンジ

フライパンで基本のちぎりパン

A post shared by Eriko Furuya (@eriko_furu) on


 
今やレシピ本も多数出版され、InstagramなどのSNSでも人気が高まっている「ちぎりパン」。
 
自宅にオーブンがなくパン作りを諦めていた…という方も、フライパンで気軽にパン作りを楽しむことができますよ。
 
この機会に、ご自宅で様々なちぎりパンアレンジに挑戦してみませんか?
 
まず始めに、フライパンで作る基本のちぎりパンの作り方を見ていきましょう。
 

基本の材料

ちぎりパンを作るのに必要な材料は以下の通り。
 
・強力粉
・イースト
・牛乳
・砂糖
・マーガリン
・塩

 
ご家庭に常備してあるもので作ることができるのも、嬉しいポイント。添加物を使わないため、お子さんのお菓子としても安心です。
 
アレンジちぎりパンを作る場合には、この基本の材料に、アレンジに必要な材料を揃えるだけでOKです。
 

フライパンでの基本の作り方

溶かしたマーガリンと牛乳をボウルでよく混ぜ、イーストを加えて残りの材料を全部入れます。ヘラなどを使いながら生地をまとめていき、生地がまとまってきたら手でこねていきます。
 

A post shared by misa fujita (@mfgthic) on


 
生地ができたら、少量の水を入れたフライパンにクッキングペーパーを敷き、弱火でしばらく温めた後、4等分に丸めた生地を乗せます。蓋をして30分ほど放置すれば、発酵が進みます。
 

A post shared by ももこ (@momocha98) on


発酵が進んだらガス抜きをし、さらに細かく丸めてフライパンへ。再び蓋をして30分待ち、2倍ほどの大きさになっていれば発酵終了。そのまま弱火で両面を焼き上げれば完成です。
 

A post shared by Kazue Takayama (@kazuetakayama) on

簡単ちぎりパンアレンジ

基本のちぎりパンをマスターしたら、簡単なアレンジに挑戦してみましょう。
 
基本のレシピに一工夫加えるだけで、菓子パンや惣菜パンに早変わり。お客さんのおもてなし料理にもおすすめですよ。
 
それでは、初心者の方でも簡単に作ることができる、5つのアレンジをご紹介します。

チョコがけちぎりパン


甘いものが大好きな方にぴったりの「チョコレート」を使ったアレンジ。
 
基本のレシピで作ったちぎりパンの上に、チョコスプレッドを塗るだけで完成です。さらに上からカラフルなチョコスプレーをトッピングすれば、市販のドーナツのような華やかな見た目に!
 

A post shared by Akiko Kamiya (@vic_mamae) on


絵が得意な方は、チョコペンを使って、ちぎりパンに顔やキャラクターを描くアレンジもおすすめ。お名前やメッセージを書いてみるのもいいですね。
 

ちぎりメロンパン

子どもも大人も大好きな「メロンパン」アレンジ。お菓子にも朝ごはんにもぴったりのレシピです。
 
一見難しそうに見えるメロンパンですが、パンを焼き上げる時に上からクッキー生地を載せて焼くだけでOKなので簡単。
 

A post shared by @w_gohan on


クッキー生地は以下の5つの材料で作ることができます。
 
・薄力粉
・バター
・砂糖
・卵
・バニラエッセンス

 
さらにグラニュー糖を加えれば、より甘いメロンパンに仕上がります。
 
ちぎりパンのふわふわ感に、表面のサクサク感が加わり、食感も楽しむことができる一品。普通のちぎりパンに少し飽きてしまったという時にも、美味しく食べることができますよ。
 

ちぎりカレーパン

お食事代わりにちぎりパンを食べているという方へのおすすめは「カレーパン」アレンジ。少しハードルが高く感じてしまう惣菜パンですが、基本のちぎりパンに一手間加えるだけで、簡単に作ることができます。
 

A post shared by @chicachica49 on


中のフィリングとして使用するカレーは、手作りのものはもちろん、レトルトのカレーでもOK。できるだけ手間を少なくしたいという方は、レトルトカレーを使ってみてくださいね。
 
フィリングの作り方は、カレーに薄力粉を少しずつ加えながら、薄力粉がダマにならないように煮込むだけ。生地で包めるくらいの固さになったところで火を止め、小分けにして冷ましておきましょう。
 


あとは小分けにした生地をフライパンに並べるタイミングで、フィリングを包み込むだけで出来上がり!パン粉をかければ、よりカレーパンらしく仕上がります。
 

マシュマロちぎりパン

優しい甘さのマシュマロをふんだんに使った「マシュマロちぎりパン」。焼き上げる前にマシュマロをのせるだけ、手間いらずの簡単アレンジです。
 
焼くことでさらに甘みを帯びたマシュマロと、ほのかなちぎりパンの甘さがたまりません。
 

A post shared by ♡kanayo♡ (@ka.na.0813) on


マシュマロをのせる前に、つなぎとしてピーナッツバターやチョコレートなどを塗っておくのもおすすめ。
 
ピーナッツやチョコレートの甘さが加わり、よりスイーツ感覚で楽しむことができますよ。
 

あん入りちぎりパン

和菓子好きの方におすすめなレシピは、「あんこ」をたっぷりと使ったあんパンアレンジ。一つ一つのパンを小さめに作っておけば、おやつ感覚でパクパクと食べることができます。
 
ちぎりパンに入れるあんは、食感を楽しむことができる「粒あん」がおすすめ。生地を丸めて並べる際に、粒あんを包みこむだけの簡単アレンジです。
 

A post shared by ぽんまる (@ponmalu) on


 
さらにアレンジを加えたい方は、粒あんと一緒に栗を包んだ「栗入りあんパン」や、ちぎりパン生地を作る際に抹茶パウダーを練り込む「抹茶あんパン」にも挑戦してみてください。
 
出来上がり前に、白ごまをトッピングすれば、さらにあんパンらしさを加えることができますよ。
 

アレンジを覚えて、食卓をさらに楽しく♪

 
今回は、ご自宅にオーブンがなくてもフライパンで簡単に作ることができる、「ちぎりパン」のアレンジレシピ5つをご紹介しました。
 

A post shared by midori (@dori.chan.pipo) on


基本の材料にたった一工夫加えるだけで、アレンジの幅がぐんと広がるのが、パン作りの魅力。ちぎりパンの様々なアレンジをマスターすれば、パン作りも食卓もさらに楽しくなること間違いなし♪
 
難しそうでアレンジに挑戦したことがない…という方は、ぜひこの記事を参考にしてアレンジに挑戦してみてくださいね♪