大人女性なら知っておくべき?ボジョレヌーヴォーって何なの?

ワイン上級者も心待ちにする解禁日


11月の第3木曜日は、ワイン好きが楽しみにしている日。
 
ボジョレ・ヌーボーの解禁(販売開始)の日だからです。
 
どうしてボジョレ・ヌーボーはこれほどに注目されるのでしょうか。
 
そして、ボジョレ・ヌーボーの魅力とは?
 
今回は、大人の女性が知っておきたい、ボジョレー・ヌーボーの基礎知識をご紹介します。
 

ボジョレ・ヌーボーとは?

「ボジョレ」は、フランス・ブルゴーニュ地方にあるボジョレー地区のことで、ヌーボーはフランス語で「新しいこと」「新しいもの」の意味。
 
「ボジョレ・ヌーボー」はフランス・ボジョレー地区でその年に収穫したぶどうを醸造した新種ワインのことです。
 
もともとはボジョレー地区の地酒だったのですが、フランス政府が11月15日をボジョレ・ヌーボー解禁日と定めた1967年を期に、パリを中心に大ブームが起こり、やがて世界に知られるようになりました。
 

ボジョレ・ヌーボーの解禁日は?


現在では11月の第3木曜日が解禁日となっていますが、一番最初は11月11日と定められていました。
 
ボジョレー地区で最も収穫の早いワインが出回るのがこの時期で、さらにこの日はサン・マルタンという聖人の記念日だったため、縁起が良いと考えられたのです。
 
ところがのちに11月11日は無名戦士の日に変更されてしまいます。
 
そのためボジョレ・ヌーボーの解禁日は一度は11月15日のサンタベールという別の聖人の日に変更されました。
 
ところが、解禁日を日付で決めると年によって曜日が変わり、売れ行きに大きく影響します。
 
流通業者やワインショップ、レストランなどの営業していない日曜日に当たる場合も。
 
このような問題の解決策として、1984年に「11月の第三木曜日」が解禁日として定められたのです。
 

ボジョレ・ヌーボーが注目される理由


ワインの初心者さんにも上級者さんにも人気の高いボジョレ・ヌーボー。
 
「一体なぜ、毎年それほどの大騒ぎになるの?」
 
「ボジョレヌーボーってそんなに美味しいの?」
 
ここからは、ボジョレ・ヌーボーが話題になる理由を一つずつ見ていきましょう。
 

その年のブルゴーニュワインの味を予想できる


ボジョレ・ヌーボーは初心者にとっても飲みやすいワイン。
 
一方で上級者の方も、毎年ボジョレヌーボーの味をチェックできるのを心待ちにしています。
 
それは、その年のブドウの出来栄えの指標となるから。
 
ボジョレ・ヌーボーは短期間で醸造されるワインなので、ブドウの質がワインの味わいに直結するのです。
 
ボジョレー・ヌーボーが美味しかった場合、その年のブルゴーニュ地方のワインも期待できるというわけです。
 

上質なワイン造りに適した土地のワインだから


ボジョレ地方は、ボジョレ・ヌーボーに使用するガメイ種というブドウの主な産地。
 
「ボジョレ」という土地の名は、「美しい高台」を意味するBeaujeu(ボージュ)に由来しています。
 
東から南の斜面一面にブドウ畑が広がり、標高が高いわりに温暖で日当たりのいい土地。
 
花崗岩(かこうがん)質、石灰粘土層の土壌。
 
ガメイ種の栽培に大変適している希少な土地なのです。
 
ガメイ種でつくられるワインは、イチゴやラズベリーのような華やかな香りが特徴。
 
タンニン(渋み)が少なく比較的飲みやすい味に仕上がるので、ワイン初心者にも飲みやすいのです。
 

独特な製法によるフレッシュな味わい


ボジョレ・ヌーボーは「マセラシオン・カルボニック」という独特な醸造方法で作られています。
 
通常はブドウをミキサーなどで砕いてから発酵させますが、ボジョレ・ヌーボーの場合は「ブドウの房」をそのままタンクに入れるのです。
 
すると、自身の重さでつぶれたブドウから果汁が流れ出て、自然と発酵が始まります。
 
この製法の特徴は、渋みや苦みが通常のワインより少なく味もまろやかになること。
 
また、タンニンの少ないワインは色が薄くなりがちですが、ボジョレ・ヌーボーは皮から色素が流れ出て美しいルビー色のワインに仕上がります。
 

時差のため日本が一番早く飲める


日本はボジョレ・ヌーボーの解禁で一番盛り上がる国の一つです。
 
そこには、日本特有の理由がありました。
 
解禁日は11月の第三木曜日。
 
時差の関係で、先進国の中で解禁日が一番早く訪れるのが日本なのです。
 
ボジョレ・ヌーボーが初めて日本でブームになったのは、バブル期のこと。
 
現地フランスよりも早く飲めるボジョレ・ヌーボーは「初めて」「世界一」という言葉に敏感な世代の心に刺さったのです。
 
そして0時解禁とともに売り出される一大イベントとなりました。
 

2018年の解禁日は11月15日


ボジョレ・ヌーボーが人気の理由を知ると、解禁日が楽しみになりますね。
 
10月や11月は欧米の「サンクスギビングデー(収穫祭)」の時期でもあります。
 
収穫祭にはクランベリーソースを添えた肉、特に七面鳥料理とともにワインを楽しむ風習も。
 
フルーティーなソースはボジョレ・ヌーボーにぴったりな味わいなので、一緒に楽しむのもいいかもしれません。
 
普通のワインの場合は、冷やしすぎるとタンニンの渋みが強調されてしまいますが、ボジョレ・ヌーボーは冷やした方がすっきりとした味わいになると言われています。
 
冷蔵庫で1時間くらい冷やしてからお料理に合わせて楽しんでみてください。