人気の秘密って何なの?今ホームベーカリーが流行っている4つの理由

ホームベーカリーって本当に便利なの?


今や5家庭に1家庭が保有しているというホームベーカリー。
 
ご家庭にホームベーカリーがあることは珍しいことではなくなり、それに対応したパン作りのレシピも増えてきました。
 
まだ持っていないという方の中にも、購入を検討しているという方がいらっしゃるのでは?
 
しかし実際に使ったことがない方からすれば「どうしてそんなに人気なの?」と不思議に思うこともあるかもしれません。
 
そこで今回は、ホームベーカリーが流行している理由をご紹介します。
 

ホームベーカリーのブームはいつから?


ホームベーカリーが初めて発売されたのは1987年と言われています。
 
当時のホームベーカリーは、専用の小麦粉が必要だったり、冷めるとぱさついたりといういくつかの欠点を抱えていました。
 
1993年の米不足のときには、ホームベーカリーが一時的に大ブームに。
 
けれども機能が十分でないため、ブームは一気に冷めてしまったのです。
 
本格的なブームは2003年以降。
 
ホームベーカリーが高機能化したことに加え、不景気によって「外食」より「内食」に注目が集まったこともその要因と言われています。
 

ホームベーカリーのメリットは?


では、実際にホームベーカリーを使っている方はどのように感じているのでしょうか?
 
口コミでよく挙げられるメリットは「コスト」「味」「機能」「健康」など人によって様々。
 
ホームベーカリーをご家庭で頻繁に利用している方は、やはり明確なメリットを感じている模様。
 
ここからは、よく挙げられるメリットをご紹介します。
 

美味しいパンがお得な価格で食べられる


ホームベーカリーの購入を検討している方にとって、まず気になるのは一斤当たりのコストではないでしょうか?
 
ホームベーカリーで作るパンの価格を計算してみると
 
・小麦粉250g 36円
 
・バター15g 24円
 
・牛乳100cc 15円
 
・水80cc 0円
 
・砂糖15g 2円
 
・ドライイースト4g 12円
 
・電気代 5円
 
合計で94円になります。
 
コスト自体は、スーパーで安売りされているパンとさほど変わりませんね。
 
けれども味は1斤200円~300円のパンに匹敵するのだとか。
 
だからホームベーカリーを買うと「得した」と感じるのです。
 
腕を上げればさらに美味しく焼き上げることも可能ですよ。
 

パンをこねる手間が省ける


ホームベーカリーで作ることができるのは、食パンだけではありません。
 
手作りの菓子パンやおかずパンを作りたい方にとっても、ホームベーカリーはぴったりです。
 
ホームベーカリーがなくてもパンを手作りすることはできますが、強力粉をこねる作業はかなりの重労働。
 
ところが、ほとんどのホームベーカリーには「パン生地」コースも用意されているので、生地作りは機械におまかせ。
 


具材を詰めたり成形したりと、パン作りの楽しい部分だけ味わいながら、好きなパンを焼くことができるのです。
 
菓子パンやおかずパンの場合、コストはホームベーカリーで作ったほうがかなりお得。
 
たとえば卵パンを作ったとして、材料費は食パンの材料に卵3個(54円)、塩ひとつまみ(1円)を加えるだけ。
 
おかずパンを5つ購入した場合、最低でも500円以上はかかるはず。
 
ホームベーカリーなら、合計147円で5~6個の卵パンを焼くことができるのです。
 
もちろん食パンよりも手間はかかってしまいますが、趣味の一つとしてパン作りを楽しむ方には最適♪
 

パン以外のメニューが充実


最近のホームベーカリーは、パン以外のメニューも豊富。
 
特に人気のメニューの一つは、焼き立てが美味しいピザです。
 
お好きな具材をトッピングして作るオリジナルのピザに、お子さんたちも大喜び。
 
宅配ピザより格段にお得な価格で楽しむことができますよ。
 


そして、同じく人気のメニューがお餅。
 
最近はつきたてのお餅を味わう機会がめっきり減っていますが、ホームベーカリーがあればお餅も簡単に出来上がります。
 
来年のお正月には、つきたてのお餅でお雑煮を振る舞うのもいいかもしれませんね。
 
シンプルにきな粉やあんこ、大根おろしなどをかけて食べたり、お好み焼きに入れたり。
 
お餅のほかにも、パスタやうどん、米粉パンなど、ホームベーカリーで作れるメニューは多数。
 
さらに機種によっては、手作りチーズやヨーグルトなどのメニューを搭載しているものもあります。
 
パンに限らず、出来立ての味はやはり格別。
 
一度味わってしまったら、市販の味には戻れないという方も。
 

添加物の摂取を抑えることができる


市販のパンには防腐剤や防虫剤など様々な添加物が含まれています。
 
食べてすぐに問題が起こることは考えにくいですが、体内に蓄積することによって健康に悪影響を及ぼすことも。
 
イーストフードやショートニングはパンに使用されている添加物として有名です。
 
小麦粉を生成する段階で、大量に添加物が使われてしまうことも。
 
さらに酸化防止剤、乳化剤など、挙げていけばキリがありません。
 
素材をよく選んでご自宅で手作りすれば、お子さんにも安心して食べさせることができますね。
 

食生活をさらに豊かに


ホームベーカリーが一台あるだけで、料理のレパートリーがぐんと広がります。
 
ご家族の喜ぶ顔を見たら、もうホームベーカリーなしの生活は考えられない、という方も続出中。
 
購入を迷っているという方も、ぜひこちらの記事を参考にして手作りパンへのイメージを膨らませてくださいね♪