パン作りの初心者さんでも簡単♪ ふっくら可愛い動物パンの作り方

不器用さんでも簡単♪ふっくら可愛い動物パン作り


 
可愛らしくてどこかユーモラスな「動物パン」。
 
一つ一つ異なる表情や、パンならではの丸いフォルムも人気の秘密です。
 
パン屋さんの店頭に並べられているような可愛らしい動物モチーフのパンを、ご家庭で作ってみたいと思いませんか?
 
今回は、初心者の方でも作ることのできる、簡単な動物パンのアイデアをご紹介します。
 

焼き型でお手軽に♪動物食パン


 
食パンと聞くと、四角形のものを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
 
実は、断面が動物型になるパンの焼き型も販売されています。
 
パン生地を型に入れて発酵させ、そのまま焼くだけで、可愛らしい動物型の食パンが完成♪
 
食卓に並べる際に、チーズやチョコレートなどで顔を描いてあげると可愛らしさがアップして、お子さんも大喜び。
 

動物大集合!トレンドのちぎりパン

キュートな見た目と、ちぎって食べる楽しさが話題の「ちぎりパン」。
 
丸めたパン生地をバットに並べ、発酵させて焼くだけの簡単なパンです。
 
焼き上がったちぎりパンの、ぽっこりと盛り上がった山の一つずつにチョコペンなどで顔を描くだけで、何とも可愛い動物たちが大集合♪
 
それだけでは物足りないという方は、生地をバットに並べるときに、動物たちの耳や鼻を小さく丸めた生地で付け足してみましょう。
 

生地の色を変えて、カラフルな動物にアレンジするという方法もありますよ。
 
目や鼻の部分に、ナッツやドライフルーツなどを乗せても可愛いですよね。
 
作っている最中も、焼き上がった瞬間も、食べるときにも楽しめるちぎりパン。ぜひお子さんと一緒にチャレンジしてみてください。
 

アレンジ自在な動物型パン

続いては、生地を動物の形に成形してつくる「動物型パン」。
 
焼き加減や膨らみ具合によって、作るたびに動物たちの新しい表情に出会えるのが魅力です。
 
「小さなパーツが多かったり、細かい手作業が必要だったりしないの?」と不安になった方もご安心を。
 
ここからは、初心者の方でも簡単に作ることができる動物型パンを、7種類ご紹介します。

ひよこ

初心者さんにまずおすすめしたい動物型は「ひよこ」。
 
丸めたパン生地を2つ重ねて、目とくちばしを付け足すだけのとてもシンプルな成形です。
 
目とくちばしには、コーンやナッツを使用するのがおすすめ。
 
少し小さめに作ってお皿に数羽並べると、とてもにぎやかな食卓になりますよ♪

うさぎ

表情を描いても描かなくても、形だけで可愛らしい「うさぎ」。
 
丸めたパン生地に、細長く成型したパン生地を2つ接着して耳を作りましょう。
 
そのままでも、目や鼻を付け足しても、ほんわりと素敵なうさぎに仕上がりますよ。
 
耳を曲げたり目を赤くしたり、お好みでアレンジを加えてくださいね。

くま

表情に変化をつけやすい人気の動物パンが「くま」。
 
大きめに丸めたパン生地を土台に、耳と鼻には小さく丸めたパン生地をくっつけていきます。
 
ぱっちりと大きな瞳にしても、つぶらな瞳にしても、キュートな表情がたまりませんね。
 
ナッツや海苔、チョコペンを使って、オリジナルのキャラクターを作ってみてもいいかもしれません。

パンダ

国民的に愛されている動物「パンダ」も、パンで作ることが可能。
 
プレーンのパン生地を土台に、ココアを混ぜた暗い色の生地で目や耳、鼻を付け足します。
 
色を変化させるだけで簡単に作れるので、顔を描くのが苦手な方にもおすすめ。
 
目尻を下げてあげると、優しい雰囲気のパンダに仕上がりますよ。

ブタ

正面を向いていても、ぷいとお尻を向けていても愛らしい「ブタ」。
 
鼻が特徴の動物ですが、あえて後ろ向きで尻尾を強調してみても◎。
 
顔を作るときは、丸めたパン生地を土台に、耳と鼻をくっつけていきます。
 
耳や鼻の部分は、生地の色を変えたり、ハムやソーセージなど別の素材を使ってもいいですね♪
 
お尻を作るときは、くるんと可愛い尻尾をつけてあげてください。少し下の方をつまんでひづめの形にすると、よりリアルに仕上がります。

リス

こちらは、ぷっくりした頬とボリュームある尻尾が特徴的な「リス」の動物パン。
 
丸めたパン生地を変形させて、ぷくっと膨らませた頬を表現してみましょう。
 
手足の形を意識して胴体を成型し、少し巻かれた尻尾をプラス。
 
2色の生地を使ってしま模様にすると、よりリアルなリスが完成。額の模様もお忘れなく。
 
アーモンドなどのナッツを持たせてみると、パン屋さんに並ぶような完成度の高い動物パンが出来上がります。

ハリネズミ

とげとげの見た目が大人気の「ハリネズミ」。
 
丸めたパン生地にキッチンばさみで切れ目を入れて、トゲを表現していきます。トゲの大きさや数、向きはあなた次第♪
 
焼き上がったら、水で溶いたココアパウダーを使って目と鼻を描き入れましょう。
 
焼き色のついたトゲも、粉砂糖を振りかけて白くなったトゲも素敵です。
 
あまりの可愛さに眺めてばかりで、なかなか手を伸ばすことができないかも。

見て食べて二度美味しい♪キュートな動物パンの世界

今回は、初心者の方でもトライできる簡単な動物パンをご紹介しました。
 
焼き色や膨らみ方によって変化する動物たちの姿に、つい乙女心をくすぐられますよね。
 
成形や表情を工夫すれば、アイデア次第で様々な種類の動物を作ることができますよ♪
 
食べるのがもったいないほど可愛らしい動物パンを、ぜひみなさんの手で作り出してみてくださいね。