【ちぎりパン中級者さんに♪】立体的な「3Dちぎりパン」の作り方

3Dちぎりパンって?

これまでにパンを作ったことがない方でも、自宅で簡単にパン作りを楽しむことができると話題の「ちぎりパン」。
 
最近では、ちぎりパンをよりカラフルに、より立体的に焼き上げた「3Dちぎりパン」の人気が急上昇中♪
 


 
様々なデザインを楽しむことができる「ちぎりパン」ですが、中でも動物やキャラクターをモチーフにした華やかなパンはとてもフォトジェニックで、InstagramなどのSNSでも人気が高まっています。
 
今回は初心者の方でも簡単に挑戦できる、3Dちぎりパンの作り方をご紹介します。お子さんのお菓子としてはもちろん、お祝い事やおもてなしのお茶菓子としてもおすすめですよ。
 

3Dちぎりパンの基本の材料

 
ちぎりパンの基本の材料は以下の通り。
 
・強力粉
・イースト
・牛乳
・マーガリン
・砂糖
・塩

 
この基本の材料に加え、作りたいデザインに合わせて必要なものを揃えていきます。
 

A post shared by Yuki Kikuchi (@yukinko__94) on


 
カラフルな生地を使用する場合は、以下のような材料で生地に色をつけていきましょう。
 
・かぼちゃパウダー(黄色)
・抹茶パウダー(緑色)
・ココアパウダー(茶色)
・ホワイトチョコ(白色)

 
顔などを描く場合には、チョコペンが必要です。
 

3Dちぎりパンの基本の作り方

 
3Dちぎりパンは、「四角型」を使ってつくる方法と、「シフォンケーキ型」を使ってつくる方法の2種類の作り方があります。
 

四角型の特徴

四角型は、ちぎりパン用に新しいものを購入するのもいいですが、オーブントースターなどに付属している四角の天板でもOK。
 

A post shared by momo (@momokyaraben) on


通常のちぎりパンと高さは変わらず、大きな四角の中に、小さなパンがぎゅっと詰まったような焼き上がりが特徴です。
 

シフォンケーキ型の特徴

シフォンケーキ型は、14cmから20cmほどの型を使用するのがおすすめ。通常のちぎりパンよりも高さを出すことができるため、四角型よりも立体的な仕上がりになります。
 

A post shared by うみ * umi (@umi0407) on

頭だけでなく胴体や足といった細かいパーツまで作ることができるため、動物やキャラクターモチーフに向いています。慣れてくれば、まるでぬいぐるみのようなクオリティのパンを作ることができますよ♪
 

ちぎりパンの生地を作る

 
ボウルに入れたマーガリンと牛乳を温めてよく混ぜ、イーストと残りの材料を全部加えます。フォークやヘラなどを使い生地をまとめていき、パウダーや着色料などを加えて生地に色をつけましょう。
 
生地がひとまとまりになったら、手で力を入れてこねていきます。
 
なめらかになったら、生地を丸めてラップをかけ、30〜40分暖かいところに置き一次発酵させましょう。
 

A post shared by ゆかぱん (@yucachito) on


一次発酵後、生地が約2倍ほどに膨らんだら、ガスを抜き、小分けに丸めて成形します。濡れ布巾などをかけ10分ほど寝かせましょう。
 
二次発酵は型に組み込んでから行います。
 

四角型で焼く

 
寝かせた生地をこね直して、パンの形を整えていきます。動物やキャラクターの顔を作る場合は、耳や目、鼻をくっつつけて、型に並べましょう。
 
二次発酵でひとまわり大きくなり、焼くことでさらに膨らむため、パンとパンの間には少し余裕を持って並べておくのがポイント。
 

A post shared by tomo (@rosekitty_cl) on


 
生地が乾燥しないよう、濡れ布巾をかけながら作業してくださいね。
 
全部並べ終わったら、いよいよ二次発酵。ラップをして室温で発酵させてもいいですが、40℃に設定したオーブンで20分ほど温めて発酵させてもOKです。
 
二次発酵が終わったら、予熱した150℃のオーブンで30分ほど焼きましょう。
 
焼き上げたら、チョコペンなどで仕上げのデコレーションをして完成です。
 

シフォンケーキ型で焼く

四角型と同様、寝かせた生地をこね直し、シフォンケーキ型に生地を組み上げていきます。外枠を外した状態で作業をするのがおすすめ。
 
シフォンケーキ型の中心の柱が背になるように組んでいくと、初心者の方でもバランスよく仕上げることができます。二次発酵や焼き上がりで膨らむことを考慮し、余裕を持って並べていきましょう。
 
耳や胴体、目や手などのパーツは、分離してしまわないよう、しっかりとくっつけておいてくださいね。
 

A post shared by うみ * umi (@umi0407) on


 
生地を組み終えたら、常温で発酵させるか、40℃のオーブンで20分ほど温め、二次発酵させます。二次発酵が終了したら、シフォンケーキ型の外枠をつけ、予熱しておいた150℃のオーブンで30分ほど焼きます。
 
焼きあがったら、デコレーションの仕上げをして完成です。
 

3Dちぎりパンをマスターして華やかな食卓を♪

立体的な焼き上がりがとても華やかな3Dちぎりパン。
 
生地の発酵の時間を確保しなければならないため、完成までにはある程度の時間が必要になりますが、作業はとても簡単♪
 

A post shared by あい (@wakaayum) on


 
料理初心者の方でも、工作感覚で楽しく焼き上げることができますよ。
 
発酵を楽にしたい場合は、ホームベーカリーの購入を検討してみるのもおすすめです。
 
ぜひ3Dちぎりパンの作り方をマスターして、華やかな食卓を楽しんでみてはいかがでしょうか?