お財布にも環境にも優しい♪「廃油」でオリジナルキャンドル作り

廃油でキャンドルが作れるって本当?


大量の油を使って調理する際に出る廃油。いつもご家庭で固めて捨てているという方も多いはず。
 
しかしこの廃油、実はキャンドル材料として再利用することも可能なのです。
 
廃油キャンドルには、
 
・家庭ゴミが減る
・キャンドル作りのコストを削減できる

 
…などのメリットが多く、近年ハンドメイドを楽しむ方の中でもじわじわと人気が上昇しているジャンルです。
 
必要な道具や材料もシンプルなので、「家にあるものだけでキャンドルを作りたい!」という方にもおすすめですよ。
 
ではここからは、廃油をキャンドル材用として活用する方法やアレンジ方法などを見ていきましょう♪

 

【基本】廃油でキャンドルを作る方法


 
ではさっそく、廃油をキャンドルに変身させる方法からチェックしていきましょう♪
 

準備するもの

 
必要な材料と道具は、こちらの9つ。
 
・廃油…200ml程度
・市販の廃油凝固剤…60g程度
・湯せん用鍋
・湯せん用容器
・キャンドル用容器
・太めのたこ糸(キャンドル芯に使います)
・割り箸
・コーヒーフィルター
・コーヒーフィルターをのせる容器

 
もしお手元に廃油凝固剤がない場合は、ろうそくやパラフィンワックスでも廃油を固めることができますよ。
 
混ぜる割合は、廃油200mlに対して、溶かしたろうそく(パラフィンワックス)60ml〜70ml程度あればOKです♪
 

廃油キャンドルの作り方


 
材料の次に、廃油キャンドルの作り方を見ていきましょう。
 
1. 廃油を人肌より少し温かいくらいの温度まで温めます。
 
2. コーヒーフィルターを容器の上にのせ、廃油を容器の中に流し込みます。
 
廃油から焦げなどがなくなるまで、2回〜3回程度濾しておくとベター。
 
3. 濾した廃油を湯せん用容器に注ぎ、80℃まで加熱します。
 
4. 廃油が80℃まで温まったら、廃油凝固剤を入れてかき混ぜます。
 
5. キャンドル用容器に廃油を注ぎ、たこ糸を割り箸に挟み、中央にセットして出来上がり!
 

廃油キャンドルのアレンジ方法


 
色付けしたい場合はクレヨンを、香り付けしたい場合はアロマオイルを準備しておくといいでしょう。
 
・色付けする場合…あらかじめクレヨンを細かく砕いておき、廃油凝固剤を入れる前に廃油に入れて溶かしておくとスムーズです。
 
・香り付けする場合…廃油凝固剤を入れてかき混ぜたあと、火を止めて60℃まで温度が下がったらアロマオイルを数滴垂らし、かき混ぜておきましょう。
 
温度を下げる理由としては、温度が高すぎる液体にアロマオイルを入れるとアロマ成分が揮発してしまうため。
 
アロマ成分が揮発すると香りが消えてしまうので、廃油の温度を下げておくことはとても重要なのです。
 


また、クレヨンやアロマオイルを入れる際はどちらも量は控えめに。
 
あまり多く入れすぎるとすすが発生しやすいのです。
 
「ちょっと少ないかな?」程度の量がおすすめですよ。
 

エコで楽しい廃油キャンドルデザイン集

この投稿をInstagramで見る

@co.sanがシェアした投稿


 
ここからは、廃油を使ったエコで楽しいキャンドルデザインをご紹介。
 
廃油キャンドルを作る際の参考にしてみてくださいね。
 
まずは、容器に卵の殻を使ったエコキャンドル。
 


 
卵の殻も廃油と同様、ゴミとして捨ててしまうものですが、キャンドルの器に活用するというアイデアも。
 
アウトドアのイベントに持ち寄ってみてもいいかもしれませんね。
 
続いては、ティーカップとソーサーを使ったキャンドル。
 


 
ご自宅に何年も眠っているティーカップやソーサーセットはありませんか?
 
廃油を使ってキャンドルを作るなら、使っていないカップ・ソーサーセットをキャンドル容器として使ってみるのはいかがでしょう。
 
絵柄によっては華やかでゴージャスなキャンドルが完成するかも。
 
和風に仕上がる場合は使わない酒器などを使うのも◎。
 
そして続いては、貝殻を使ったアイデア。
 


 
最近では百均などで目にする機会も増えてきた貝殻。
 
可愛らしい模様がついたものも豊富です。
 
火を灯し終わったらそのまま捨てることも可能。
 
最後にご紹介するのは、まるでパラフィン(ろう)で作ったかのようなキャンドル。
 


 
製菓用のシリコンモールドレジンモールドに廃油を注いで固めれば、様々な形のキャンドルの出来上がり。
 
容器に流し込んだキャンドルをダイス状にカットして空き瓶に詰め込むだけで、まるで可愛い洋菓子のような出来栄えに♪

 

エコキャンドルをもっと可愛くアレンジするなら?

 


ここまで廃油を使ったキャンドルの作り方や手軽なアレンジ方法をご紹介しましたが、「シンプルなキャンドルをさらに可愛く見せる方法が知りたい!」と思われた方も多いのではないでしょうか♪

 
そんな時は、インスタでも人気の著名な先生からキャンドル作りの基本を学んでみませんか?
 

最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、話題のキャンドルレシピもまるごと定額で習得可能♪
 
キャンドル作りに必要な材料と道具は、レッスン画面から注文してあとは待つだけ。
 
あれこれ調べながらご自分で買い揃える必要もないので、空いた時間を有効活用しながらキャンドル作りに専念いただけます。

 

「可愛いキャンドルの作り方をまとめて覚えたい!」
 
そんなビギナーさんには、アロマンティックバー・ボタニカルキャンドル・パームソイキャンドルの3種類のキャンドル作りを資材費込みで楽しめるMIROOMのスターターキットがおすすめ。
 
・ワックスの扱い方
・芯の通し方
・お好きな色に着色する方法
・アロマの香りをつける方法
・きれいな形に成形する方法

 
…などなど、キャンドル作りに必要な基礎知識と技法をまとめてマスターできますよ♪
 
気になるお値段は、キャンドルづくりの基本道具と3レッスン分の材料がすべて入って税込¥4,980。
 


ご自宅に届き次第すぐにスタートできるので、「本格的な手作りキャンドルをおトクに楽しみたい!」という方にもぴったりですね。
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
見た目にも香りにも癒されるお洒落なキャンドルは、親しい方へのギフトや自分へのご褒美にも最適。
 
キャンドル作りの基本を身に付ければ、SNS映えする人気キャンドルもカンタンに手作りできるようになるはず。
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会を利用して、新しい趣味の世界を体験してみてください。

 

手作りエコキャンドルの使い道はさまざま♪


 
今回は、廃油を使ったエコキャンドルの作り方を素敵なデザインと合わせてご紹介してきました。
 
凝固剤やパラフィン(ろう)を使うことで、捨てるはずだった廃油をキャンドルに変身させることができるのです。
 
廃油を使ってインテリア用のキャンドルを楽しむだけでなく、非常時・避難用のろうそくを作っておくことも可能ですね。
 
家庭ゴミが減らせるだけでなく、お子さんの自由研究としても一役買ってくれそう。

 
メリットがたくさんのエコキャンドル、ぜひご家庭でチャレンジしてみてはいかがでしょうか♪