【MIROOM MAG編集部が実際にやってみた】アロマンティックバー作り

動画を見るだけで本当にキャンドルが作れるの?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

あたらし もぐら/ ATARASHI MOGURAさん(@atarashi_mogura)がシェアした投稿


 
ふんわり香るお洒落なインテリアとして、最近話題のアロマンティックバー。
 
玄関やリビングに飾れば優しく香るインテリアに、ラッピングをすれば素敵なギフトにもなる優秀アイテムです。
 
火を使わない安全なアロマキャンドルとしてその人気に火が点き、近頃はご自身でハンドメイドする方も多数。
 
MIROOMでは、あたらしもぐら先生によるアロマンティックバー作りのレッスンを配信中です。
 
「でも、キャンドル作りって難しそうだし…」
 
「本当に動画を見るだけで作れるようになるの…?」
 
今回はそんな不安を解消するべく、MIROOM MAG編集部が実際のレッスンで作品作りにチャレンジします。
 
挑戦するのは、アロマンティックバー作り未経験というスタッフ。一体どのような作品が出来上がるのでしょうか♪
 

あたらしもぐら先生ってどんな人?

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

あたらし もぐら/ ATARASHI MOGURAさん(@atarashi_mogura)がシェアした投稿


 
「癒されるキャンドル」ではなく、「元気の出るキャンドル」を作ることをモットーに活動されているあたらしもぐら先生。
 
渋谷でキャンドルの教室を開いたり、アジア諸国でワークショップを開催したりと、国内外でマルチに活躍されている人気のキャンドルアーティストです。
 
先生が作るキャンドルの魅力は、何といってもそのカラフルで可愛らしい見た目。
 

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

あたらし もぐら/ ATARASHI MOGURAさん(@atarashi_mogura)がシェアした投稿


 
宝石のようなスイーツのような、乙女心をくすぐるキュートなキャンドルに魅入られる方が続出中♪
 
教室やワークショップは毎回予約でいっぱいという盛況ぶりです。
 
ここからは、そんなあたらしもぐら先生の動画レッスンで、実際にアロマンティックバーを手作りする模様をお伝えしていきます。
 

いざ、アロマンティックバー作りにトライ♪

 
今回編集部が挑戦するレッスンでは、それぞれの工程から綺麗に仕上げるコツまでを丁寧にレクチャー。
 
キャンドル作り初心者の方でも今すぐトライできる充実の内容となっています。
 
使用した材料や道具は、以下の通り。
 

 
【必要な材料】
・パラフィンワックス
・ドライフラワー
・香料
・麻ひも
 
【必要な道具】
・IHクッキングヒーター
・ホーロースープパン
・シリコンモールド(タグ穴あり)
・温度計
 
レッスンではビーズワックスが使用されていますが、今回は入手することができなかったため、パラフィンワックスを増量して対応。
 
ビーズワックスを使用することで、透明感のないマットな仕上がりになります。
 
モールドは、麻ひもを通す穴(タグ穴)があるものを。
 
実際にレッスンをご購入いただくと、必要な材料と道具もその場でご購入いただけますよ。
 
  それでは、レッスンスタート!
 
動画の再生ボタンを押して、さっそく作業を進めていきます。
 

 
まず最初に、ドライフラワーの配置を決めます。モールドのサイズに合わせて、あらかじめ短くカットしておくとベター。
 
「色合いやバランスを考えて…アジサイはここがいいかな?」
 

 
大体の位置が決まったら、ホーロースープパンにパラフィンを加えて、IHクッキングヒーターで加熱。
 

 
始めは乳白色だったパラフィンワックスが、みるみるうちに溶けて透明になっていきました。
 

 
ここで忘れてはいけないのが、パラフィンワックスへの香り付け。
 
今回は、フレッシュで清涼感のあるティーツリーの香料を使用しました。
 

 
液をモールドに流し込んだら、しばらく放置します。
 

こちらは、ワックスにドライフラワーをのせていく作業中。
 

 
最初の配置を思い出しながら、慎重にドライフラワーを浮かべていきます。
 
「一発勝負だ!緊張する〜」
 

動画にならってちょうどいいタイミングでのせると、ドライフラワーは少しだけ沈んで留まり、全体的にすっきりと配置することに成功。
 

 
「手先が不器用だから…」という方は、ピンセットを使うとよりスムーズに作業できますよ。
 

気になる仕上がりは…

 
しばらく時間を置いて、ワックスが固まったら完成間近。
 
ゆっくりとモールドから取り外していきます。
「わあ!綺麗に出来てる♪」
 

ここまできたらあと一歩。適度な長さにカットした麻ひもを、タグ穴に通していきます。
 
すると、一気にインテリアらしいお洒落な装いに。
 

 
しっとりと大人っぽい色合いのアロマンティックバーが完成しました。
 
作りたての作品を手に「どこに飾ろうかな…」と目を輝かせる編集部スタッフ。
 
初めての挑戦でドキドキしましたが、「こんなに簡単ならもっと作ってみたい!」とキャンドル作りの楽しさを実感。不器用なわたしでも、とても可愛いアロマンティックバーを手作りできました!
 
レッスン通りに作業するだけで初心者の方でも上手に作ることができるので、みなさんぜひトライしてみてください♪

MIROOM MAG編集部から

 
いかがでしたか?
 
あたらしもぐら先生のレッスンを見ながら作ったアロマンティックバー、なかなかの出来栄えだったのではないでしょうか?
 
実際にMIROOMで配信しているレッスンでは、
 
・ドライフラワーをのせるタイミング
・表面を綺麗に仕上げるコツ
・お好きな香りをつけるときのアロマの添加方法

 
など、作る上で重要となるポイントも盛りだくさん。
 

アロマンティックバー

MIROOM

「キャンドル作りが初めて」という方は、ぜひこちらをご覧ください。

毎日が楽しくなるようなハンドメイドキャンドルの魅力や、おすすめのオンラインレッスンなど、初心者さんに役立つ情報が満載です。

さらに、世界中の有名な先生のレッスンを動画で学べるMIROOMなら、キャンドル作りに必要な材料や道具もすべて購入可能♪

先生の手元をアップで見ながら、一連の動画で手順をしっかり確認できるので、「不器用だからうまく作る自信がない…」という初心者さんでも安心ですよ。

→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
慣れればアレンジも自在なアロマンティックバーのレッスンで、みなさんもキャンドル作りの魅力を体感してみてはいかがでしょうか♪