手作りキャンドル風に楽しめる♪LEDキャンドルの簡単アレンジ実例10選

 

LEDキャンドルで格上げインテリアコーディネート♪

 

 
自然の温かみや光の揺らぎがあるキャンドルは、火を灯すだけで特別な空間にしてしまう魔法のようなアイテム。
 
でもやっぱり火を使うのは心配なので、躊躇しがち。憧れはするけれど、なかなか手が出しにくいものですよね。
 
そんな方のために、今回はご家庭に小さいお子様がいたり、ペットと暮らしている方でも安心な、LEDキャンドルのアレンジ実例を10種類ご紹介。
 
市販のLEDキャンドルにひと手間加えるだけで、ハンドメイドキャンドルの雰囲気を手軽に楽しめます。
 
インテリアコーディネートが格上げできるアレンジばかりを集めたので、ぜひアイデアの参考にしてください。

 

お安いLEDライトを置くだけで部屋の雰囲気がアップ!

 

 
最近は、もともと火を使うキャンドルを使っていたシーンでもLEDキャンドルを見かけることが多くなりました。
 
それに伴い、少し高価だったLEDアイテムもお求めやすくなっていますよね。
 
装飾品の付いたインテリア性の強いものはやはりお高めですが、シンプルなLEDキャンドルならお安く入手可能。
 
たくさん集めて、まとめてテーブルに飾るだけで充分に素敵な空間を演出できますよ。

 

LEDキャンドルはどこに売っているの?

 

LEDキャンドルは、お洒落なキッチンインテリアの雑貨屋さんにはもちろんのこと、ホームセンターや100円ショップでも売られています。
 
インターネットの通信販売だと高さが4センチほどのものなら、とてもお安い価格でお求めできます。
 
Amazonを見て見ると125個入りで1,999円の格安商品も。1個当たり約16円でなので、たくさん集めたい方はぜひチェックしてみてください。
 
操作は本体の底にスイッチが付いたタイプの他、リモコン操作ができるタイプもあります。
 
直接操作しないリモコン式であれば、バースデーパーティの際など、サプライズのような演出も出来そうですね。
 
■参考:LED キャンドルライト|Amazon

 

LEDキャンドルを買うならどの種類がおすすめ?

 


白くて小さいLEDキャンドルは、基本の形状。まず最初に手に取ってみるなら、このタイプがおすすめです。
 
飾りかたによって、初心者から上級者まで幅広くアレンジできるので、いくつあっても困りません。
 
きらびやかにデコレーションされたものもいいけれど、まずはそのまま置いて無垢なかわいらしさを楽しみたいものです。
 
長さはとても短いものから長いものまで、その種類はさまざま。
 
実際に手に取って、ご自宅のどこに飾るかを想像しながら選ぶと楽しいですね。
 

 

シンプルなLEDキャンドルを装飾!見本アイデア3選

 
ここからは、シンプルなLEDキャンドルを装飾する簡単アイデアを3つご紹介。
 
どなたでも手軽に楽しめるので、ぜひ参考にしてください。

 

フェイクグリーンを置く

 

 
「シンプルなインテリアもいいけれど、飾る場所によっては少し存在感が欲しい。」
 
そんなときに使える簡単×お手軽な装飾アイディアは、こちら。
 
白い無垢なLEDキャンドルも、周囲にフェイクグリーンを置くだけでこんなに素敵に変身します。
 
燃える心配がないので、どんな素材を使っても安心ですね。
 
秋には本物のもみじで飾ったりすると、オリエンタルな雰囲気に。
 
うんとかわいらしくするなら、ベリーなど実の付いたグリーンで飾ってもいいですね。
 
もともとドーナッツ形に作られているグリーンを使えば、中央にLEDキャンドルを置くだけなのでなんの手間も掛かりません。
 

グラスの中に入れる

 

View this post on Instagram

@uribonneがシェアした投稿 – 2018年 9月月17日午後3時20分PDT

 
もっとお手軽に楽しみたいのなら、お気に入りのグラスの中に入れてしまいましょう。ブランデーグラスなど脚の付いたものもいいですね。
 
カットの凝ったものであれば、広がる光のバリエーションがまた違ってきます。
 
火が消えてしまうこともないので、ボトルの中に入れてしまってもいいですね。
 
LEDキャンドルを入れる容器は、透明なガラスじゃなくても面白そう!
 
溶けてしまう心配がないから、色のついたアクリル製のものだって大丈夫。
 

ドライフラワーや造花を入れてもOK

 

 
フェイクグリーンと透明容器の合わせ技。
 
大きさの違う容器を組み合わせ、外側の隙間にフェイクグリーンやドライフラワー、造花などを入れるという素晴らしいアイディアです。
 
素材をそのままぜんぶ入れ込んでしまうのは難しいので、必要な分だけカットして使うといいですね。
 
なお、このグリーンなどの入っている外側の部分にジェルワックスという素材を注ぐと、ジェルキャンドルが完成します。
 
聞きなれない素材名ですが、ジェルワックスとは、透明なゼリーのようなキャンドル専用のワックス素材のこと。
 
溶けた状態でも固まっている状態でも透き通っている、化学的に合成されたワックスなのです。
 
お花とジェルワックスを使ったボタニカルキャンドルの作り方は、以下の動画レシピを参考にしてみましょう。
 
◆参考レッスン:
ボタニカルキャンドルホルダー
ジェルとアロマソイキャンドル

 

手作りキャンドル風♪LEDキャンドルのアレンジ方法6選

 
ここからは、LEDキャンドルのアレンジ方法を6つご紹介。
 
「手作り風のオリジナルキャンドルを簡単に楽しみたい」という方にもおすすめですよ。

 

押し花キャンドル風

 

 
最初にご紹介するのは、押し花をあしらったLEDキャンドル。
 
本物の押し花を探すのがたいへんであれば、小ぶりになりますがネイルアート用のお花やシールを使うという手もあります。
 
キャンドル本体にくっつけるのには、デコパージュ液が便利。
 
飾り部分だけでなく全体に塗ってしまえば、ムラも気にならなくなり、まるでキャンドルにお花が埋め込まれたように見えますよ。

 

3Dボタニカルキャンドル風

 

 
こちらは「押し花では物足りない。もうちょっと立体的なのがいいな~」という方向けのアレンジ方法。
 
草花をボンドでくっつけてしまえば、立体的なボタニカルキャンドル風に。
 
ナチュラルで素朴なドライフラワーもいいですし、うんとカラフルな造花をくっつけてポップなイメージにしてしまうのもかわいいですね。
 

アロマキャンドル風

 

 
こんなふうに炎部分の周囲に装飾ができるのは、LEDキャンドルだからこそ。
 
炎の近くに燃えるものがあっても安全だから、装飾品や置き場所を選ばなくていいですね。
 
もちろん装飾品は植物だけが向いている訳ではないので、アイディアによってはいろんなアレンジが出来そうです。
 

ペイントキャンドル風

 

View this post on Instagram

@ate.kouがシェアした投稿 – 2018年 7月月9日午前3時37分PDT

 
絵心のあるかたは、自分でペイントしてしまってもいいですね。
 
イラストに自信がなくても、アニマル模様やラフな水玉模様といったものならチャレンジできるかも。
 
もっと簡単なものだと、色とりどりのペンキをランダムに散らしたようなペイントにしても、ファンキーで一風変わったキャンドルになりそうです。
 

クリスタルキャンドル風

 

 
キラキラしたキャンドルに、さらなるキラキラを追加。
 
LEDキャンドルの炎の周囲をクリスタルの結晶で周囲を囲めば、とても神秘的な雰囲気になります。
 
もちろん本物のクリスタルじゃなくても大丈夫。
 
発色がよくて色数も豊富なおもちゃのクリスタルを使うと、神秘的な中にかわいらしい雰囲気もプラスされます。
 
細かい作業が得意なかただったら、ラインストーンを散りばめてもいいですね。

 

ドイリーレースキャンドル風

 

 
「面倒で難しい作業はしたくないけど、何かしらオリジナル要素を加えたい」
 
そんな時は、ペーパーナプキンで包むだけというアイディアがおすすめ。
 
もっと簡単なものだと、リボンを結ぶだけというものも。
 
レースやオーガンジーを使えばファンシーに。ベルベットやサテンだとフォーマルな印象に。
 
キッチンに飾るのに最適なインテリアになりますよ。リボンの種類でまったく違ったキャンドルに見えることでしょう。

 

キッチン&テーブルに飾れば料理も美味しそう!

 

 
LEDキャンドルをダイニングやキッチンに並べると、料理のグレードまで格上げしてくれます。
 
光の加減により、料理がおいしそうに見えたり、豪華に見えることってありますよね。
 
キャンドルは特別な日だけに使うというイメージがありますが、なんでもない日にこそ使って日常をグレードアップさせましょう。
 
テーブルの上に灯るいくつかの小さな光が、毎日の風景をちょっとだけ素敵な空間に変えてくれるかもしれませんよ。
 

 

本物のアロマキャンドルも手作りしてみよう♪

 


今回はLEDキャンドルを使ったキャンドルのアレンジ実例をたっぷりとご紹介しましたが、いかがでしたか?
 
キャンドルの癒しパワーを最大限に楽しむなら、お好きな素材を使った本物のアロマキャンドルを手作りしてみるのもおすすめですよ♪
 
一流のハンドメイド技術を動画で学べるMIROOMでは、世界トップレベルの技術を持つ著名な先生がはじめての方にもやさしくレクチャー。
 
プロの手元を間近で見ながら先生と一緒に作れるので、話題のキャンドルレシピも簡単です。
 
必要な材料と道具は、レッスン画面から注文してあとはご自宅で待つだけ。
 


あれこれ材料を買い集める必要もないので、空き時間を有効活用しながら気軽にスタートできますよ♪
 
さらに最新レッスン動画もすべて見放題MIROOM月謝会員なら、他ジャンルの多彩なレッスンも定額で学べるので、趣味の幅を広げる絶好のチャンス。
 
→ 著名な先生の技術を習得できる動画ファンサイト MIROOM (ミルーム)
 
LEDキャンドルにも本物のキャンドルにも、それぞれの良いところがたくさんあります。
 
今なら、初回7日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの記事を参考に日常のふとしたシーンにキャンドルを取り入れてみると、きっとこれまで以上に毎日が楽しくなることでしょう♪