手作りカードが一気にお洒落に♪バレンタインにぴったりなレタリング

手作りカードがプロの仕上がりに♪

 


 
バレンタインの準備はもう済みましたか?意外と忘れがちなのが、チョコレートに添えるメッセージカードです。
 
小さい面積のグリーティングカードを手作りする上でキモとなるのが、バランスとレイアウト。
 
そのほか、イラストとの比率やカラーバランスなどによっても印象はがらりと変わります。
 
今回は、初心者さんにも描きやすい文字メインのものから少し凝ったデザインまで、バレンタインにおすすめのレタリングをご紹介。
 
カードを贈りたいお相手やラッピングに合わせて、手作りメッセージカードの参考にしてみてくださいね♪
 

文字が主役のレタリング

 

シンプル

 


 
まず初めにご紹介するのは、黒のペンのみで描かれたレタリングデザイン。
 
こちらはイギリスのバンドの歌詞を引用したもの。
 
適度にゆるく描かれた筆記体に合わせて、文字周りの装飾もカジュアルな雰囲気に。
 
上下に十分なスペースを残したことで全体がまとまり、シンプルながら完成度の高いデザインになっていますね。
 

ステンシル

 


 
お次は、短いメッセージを贈りたい方におすすめのレタリング。
 
背景としてハート型のステンシルを施すことで、あとから描く文字がぐっと引き締まります。
 
大きな文字の間に小さな文字を入れると、デザインの印象が単調になるのを防ぐ効果も。
 
メッセージの内容に合わせて、ステンシルの色を変えてみても面白いかもしれません。
 

ピンクカラー

 


 
とてもガーリーなこちらのレタリングで注目すべきは、ダイナミックな配置とピンク系で統一された色使い。
 
一見同じフォントを使っているように見えて、実は活字体、太めの筆記体、細めの筆記体が混在。細やかな工夫がポップさの演出に一役買っています。
 
フォントと色を工夫しただけで、モノクロの味気ないハガキが、まるで雑貨屋さんで販売されているようなキュートなカードに大変身♪
 

フォントonフォント

 


 
こちらのレタリングも、イラストを描くのが苦手な方には嬉しいデザイン。
 
色の異なる二枚のカードを重ねることで、一気に華やかな見た目に。
 
ごちゃついて見えないようにするには、下のカードの文字を白にするのがポイント。
 
カラフルなカードのデコレーションには、シルバーやゴールドなどシンプルなリボンが◎。
 

エンボス風

 


 

続いてご紹介するのも、ペンの使い分けで見映えが変わるレタリング。
 
上品なシャンパンゴールドで描かれた文字をよく見ると、ぷっくり膨らんでいるのが分かります。
 
わずかに陰影ができることによって、ややゴージャスな雰囲気に。
 
お相手にロマンチックな言葉を贈るなら、レタリングやカードのデザインにもとことんこだわりたいものですね。
 

ミニカード

 


 
ご友人や職場の同僚など、たくさんの人にチョコレートをあげたい時に向いているのがこちらのミニカード。
 
どれもすっきりとしたレイアウトで、美容院やカフェのショップカードを彷彿とさせるデザインです。
 
ペンの幅や書体を変えることで、背景の模様やイラストとのバランスがとれたレタリングとなっていますね。
 

イラストと組み合わせたレタリング

 

簡単な図形

 


 
ここからは、イラストを使ってレタリングを活かすデザインをご紹介。
 
まず最初は、色々な図形を描いたバレンタインカード。
 
図形はどれも、ハートや三角、点、波線といった簡単なものばかりなので、絵を書くのが苦手な方でも取り入れることが可能ですよ。
 
あれこれと加えたい絵柄がある場合には、背景は白や黒などシンプルな色がベター。
 

チョコレート

 


 
こちらは、ザ・バレンタインなレタリング。
 
スマートなフォントのバックには、可愛らしいタッチで描かれた色々な種類のチョコレート。
 
レタリングを活かすためには、イラストはあくまで小さめに、色もパステル寄りの控えめなトーンで描くのがおすすめ。
 
お店や雑誌に載っているチョコレートを参考にすると、素敵なデザインに仕上がりそう♪
 

ダジャレ

 


 
「Be mine(私のものになって)」のBeを蜂の「Bee」にしてしまう、洒落の効いたデザインがこちら。
 
よく見ると、黒い筆記体が黄色のフォントの前に出ている構図になっており、のっぺりしがちなレタリングに動きが出ていますね。
 
切実なメッセージに反して、何ともユニークなデザインの一枚です。
 

カフェラテ

 


 
今はまだ友達以上、恋人未満というお相手がいる方には、こちらのレタリングはいかがでしょう?
 
「あなたのこと嫌いじゃないわよ」というそっけないメッセージですが、すぐそばに描かれたカップにはハートのラテアートが♪
 
優しいタッチのイラストがクールな黒のレタリングを中和して、温かみが感じられるデザインとなっています。
 

お相手に合わせたレタリングデザインを♪

 


 
最近のバレンタインでは、チョコレートを贈る相手は意中の人だけにあらず。友チョコや義理チョコなど、バレンタインの形も多様化してきています。
 
チョコレート本体だけでなく、カードのデザインもお相手やTPOに合わせてチョイスしたいものですよね。
 
会社の同僚や上司用などの場合は、色やハートは控えめに、オフィシャルなデザインにしておきましょう。
 
もちろん意中の人や友達に贈る用であれば、存分にハートやカラフルな色を使ってOK。
 
シチュエーションに合わせて、色々なレタリングを楽しんでくださいね♪