自分らしい文字が見つかる♪モダンカリグラフィーってどんなもの?

モダンカリグラフィーって何?

 
西洋の書道とも言われている、お洒落な筆記体「カリグラフィー」。
 
結婚式の招待状やウェルカムボードなどで見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?
 
カリグラフィーは古代ヨーロッパ発祥の格式高いアートで、文字を美しく見せるための細かいルールがたくさんあります。
 


 
それに対して「モダンカリグラフィー」は、十数年前に始まった新しいスタイルのカリグラフィー。
 
厳密なルールに囚われることなく、自分らしく自由なスタイルでアレンジを楽しむことができるのが特徴です。
 
自分らしさを表現できる趣味を探している方におすすめですよ。
 

ペンの種類

A post shared by maki shimano (@mscalligraphy) on


 
モダンカリグラフィーに必要な道具といえば、ペンですよね。
 
モダンカリグラフィーを始めるには、どのようなペンが必要なのか見ていきましょう。
 

カリグラフィーペン

 
モダンカリグラフィーでは、オブリークペンホルダーにペン先(ニブ)を付けたものを使用します。
 
オブリークペンホルダーとは、傾斜が付いているペンホルダーのこと。
 
傾斜の付いていないストレートのペンホルダーよりも描きやすいことで知られています。
 

A post shared by Martina 🇨🇭 (@tiniletters) on


 
文房具専門店などで販売されていますが、通販サイトでも購入可能。
 
約2,000円程度から、比較的安価で購入することができ、様々な色やデザインのものが販売されています。
 
形からしっかりと入りたいという方は、まずペンホルダーとニブを購入してみましょう。
 

筆ペン

驚く方もいるかもしれませんが、モダンカリグラフィーの世界で注目を集めているのが「筆ペン」。
 
ペン先が柔らかく、線の太さや色の濃さを自在に調節できることから、筆ペンを使用してモダンカリグラフィーを楽しむ方が増えているのだとか。
 

A post shared by Pam Chee (@pamintoronto) on


 
特に「ぺんてる」の筆ペンやサインペンは世界中のカリグラファーからの支持も篤く、SNSでもぺんてるの筆ペンを使用した作品がたくさんアップされています。
 
本格的な道具を始める前に、気軽にカリグラフィーを試してみたいという方は、まずは筆ペンで始めてみてはいかがでしょうか?
 

モダンカリグラフィーの始め方


 
それでは続いて、モダンカリグラフィーの始め方についてご紹介します。
 

教室レッスン


 
最近では、モダンカリグラフィーを習うことのできる教室がどんどん増えています。
 
通学タイプのものに加えて、単発で受講できる1Dayレッスンなどもあるため、本格的にモダンカリグラフィーを学びたいという方は、一度レッスンに足を運んでみるのがおすすめ。
 
講師から直接レクチャーを受けることができるだけでなく、同じ趣味を持つご友人との出会いのきっかけにもなりますよ。
 

書籍やSNSを参考に独学


 
近くにモダンカリグラフィーの教室がないという方も心配はご無用。
 
現在、モダンカリグラフィーに関する書籍は多数出版されていて、SNSでもレッスン動画がたくさんアップされているため、今すぐ独学で始めることもできます。
 
自己流のアレンジが魅力のモダンカリグラフィー。SNSなどで画像を検索すると、作家さんごとに様々な作風を見ることができます。
 
ご自身のイメージに合う作風の作家さんを見つけて、作品を参考にしながら練習を進めていくのもいいですね。
 

モダンカリグラフィーの活用法


 
美しい文字を書くことができるモダンカリグラフィー。
 
マスターすることで、どのように活用できるのでしょうか?
 
様々な活用方法がありますが、主な3つの用途をご紹介します。
 

メッセージカード


 
まず1つ目は、メッセージカードです。
 
年賀状やクリスマスカードなどの季節の行事から、誕生日やウェディングなどのお祝い事まで、様々な場面で大活躍するメッセージカード。
 
手書きのモダンカリグラフィーをあしらえば、世界に一つだけの素敵なカードに仕上げることができますよ。
 

スケジュール帳


 
2つ目は、予定管理に欠かせないスケジュール帳。
 
カレンダーの余白をカリグラフィーでお洒落に埋め、日々のタスクや予定もカリグラフィーで書き込めば、誰かに見せたくなってしまうような素敵なスケジュール帳に早変わり!
 
スケジュール帳だけでなく、カレンダーやノート、メモ帳などにも活用できます。
 

手紙の宛名

A post shared by Debbie Wong (@debbiewongdesign) on


 
最後にご紹介するのは、手紙の宛名。
 
日本国内に送る郵便も、英字で宛名を書けばエアメール風のお洒落なお手紙に。
 
書いている時も楽しいですが、お手紙を受け取る側も幸せな気持ちになれそうですね。
 

自分らしい文字アートを楽しもう♪


 
今回は、自由に文字のアレンジを楽しむことができる「モダンカリグラフィー」をご紹介しました。
 
厳密なルールが決められているカリグラフィーに比べ、ご自身の好きなスタイルを追求できるため、自分らしい文字を見つけることができますよ。
 
普段使用してる手帳やノートをより華やかに彩ったり、メッセージカードに花を添えたりと、マスターしたらすぐに日常生活で応用できるのも嬉しいポイント。
 
まずはご自宅にある筆ペンで、気軽にモダンカリグラフィーを始めてみてはいかがでしょうか?