かわいい文字の簡単な書き方5選♪手書きで日本語をデザインしよう

 

可愛い文字を手書きで書けるようになりたい!

 


最近ではスマホやパソコンを使ったやり取りがメインとなり、手書きのメッセージを送る機会も減ってしまいましたよね。
 
しかし最近では、再び手書きの良さが見直されつつあり「かわいいデザインの文字を簡単に書いてみたい!」と思う人が増えているのだそう。
 
とはいえ、英語ならかわいいデザインのアルファベットも多いですが、それに比べると日本語は若干少なめ。
 
お手本を見ながら書いてみたいと思っても、なかなか見本が見つからないことも多いのでは?
 
そこで今回は、日本語フォントの簡単なデザインテクニックをたっぷりとご紹介。
 
かわいい文字が書けるようになると、きっと毎日の生活がもっと楽しくなるはずですよ♪

 

かわいい文字の書き方 ~基本編~

 


まずはじめに、かわいい文字の基本的な書き方をマスターしましょう。
 

1. いつものペンで普通に文字を書く
 
2. 1.で書いた文字の線の上下に囲み線を付けて太くする
 
3. 2.で書いた囲み線のなかを塗りつぶす
 
4. 塗りつぶした外形線をキレイに整える

たったこれだけで、かわいい文字の完成!
 
こちらの画像のように、縁取り方をアレンジしてもおしゃれですね♪

 

かわいい文字が簡単に書ける!お手軽アレンジ方法5選

 


さてここからは、基本のかわいい文字をさらにかわいくするためのアレンジ方法を5つご紹介します。
 
どれも簡単なので、ぜひトライしてみてください♪
 

追加する

 

 
まず1つめは、”追加”というデザイン方法です。
 
やり方は、普通通りの文字に、縦線や丸を追加するだけ。
 
たとえば文字の縦線だけ太くしてみると、まるでおしゃれな雑貨みたいにかわいい雰囲気に。
 
アルファベットの“i”や、ひらがなの”う”の「点」だけ丸にしてみるのもGood。
 
文字の端に黒丸や三角、四角などの図形を付けるのもオススメです。
 

伸縮させる

 


続いての2つめは、”伸縮”です。
 
文字全体を縦に伸ばすことで、こんなにも大人っぽい印象に。
 
いつもの文字を少しだけ縦長に書くだけ。
 
細めのペンを使いながら線の太さを少しだけ描き分けると、ちょっと上品でモダンな文字に仕上がります。
 
画像のように、万年筆を使うとより大人な雰囲気を醸し出せそうですね。

 

影を付ける

 

 
3つめのアレンジ方法は、””。
 
背景に影を付けると、文字が浮き上がるようなデザインに。
 
まず薄い色で太めに文字を書き、次に濃い色のペンで、文字の右側の縦線と下の横線だけをなぞります。
 
このとき、どの位置から光が当たっているのかをイメージすると上手に描けますよ。

 

イラストで埋める

 


そして4つめは、”文字の形に沿ってイラストで埋める“方法です。
 
まずは鉛筆で文字のアウトラインを薄く下書きします。
 
そしてその中にお好きなイラストを描いて内側を埋めていきましょう。
 
このとき少し太めに書いておくと、中にイラストが描きやすいですよ。
 
一番外側の下書き線を基準にイラストを描くと、はっきりとしたアウトラインの文字に仕上がるので、かわいさがUPするはず。

 

水彩絵の具で描く

 


さいごの5つめは、”水彩絵の具で描く“方法です。
 
この画像のように、ひらがなのパーツごとに色を分けたり、グラデーションを付けてもおしゃれ。
 
イラストが得意な人は、どうぶつやお花や女の子の絵を添えてもかわいいですね。
 
くわしい書き方については、こちらの動画も参考にしてみてください。
 
◆参考レッスン:水彩フローラル お花の描き方編

 

かわいい日本語文字を書くためのコツとポイントは?

 


かわいい文字を書くためのコツとポイントは、次の3つ。
 
これらのルールを守るだけで、より個性のあるかわいい文字に仕上げることができますよ。
 

書くときのルールを統一する

 
まず1つめは、書くときのルールを統一することです。
 
丸っこい文字やカクカクした文字、白抜きの文字や縁取り文字など。
 
文字のデザイン方法はいろいろありますが、一度方向性を決めたら、そのテイストを守って書くのがかわいく仕上げるコツ。
 
そうすると全体的に統一感が出るので、おしゃれ度もアップしますよ。

 

少し大げさにハネやハライを書く

 
2つめは、多少げさにハネやハライを書くことです。
 
日本語特有のトメ・ハネ・ハライをちょっとだけアレンジすると、さらにかわいくなるはず。
 
飾り文字の基本的な書き方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてくださいね。
 
◆参考記事:ひらがながこんなにお洒落に!今すぐ知りたい可愛い飾り文字の書き方

 

ゆっくり落ち着いて書く

 
さいごの3つめは、ゆっくり落ち着いて書くことです。
 
「かわいく書けなかったらどうしよう…」と焦って書くのはNG。
 
かわいい文字の魅力は「ゆるさ」にあるので、あわてて書くと文字の魅力が半減してしまいます。
 
ゆっくり落ち着きながらワクワクした気持ちで書くと、自分が思っていた以上のかわいい文字が上手に描けるはずですよ。

 

かわいい文字をマスターすれば毎日がHAPPYに♪

 


可愛い文字の書き方を紹介してきましたが、いかがでしたか?
 
こんなに素敵な文字が書けるようになったら、ふとした日常がもっと楽しくなりそうですよね。
 
「かわいい文字の書き方をもっと知りたい!」
 
そんなふうに思われた方は、プロのレタリングアーティストとして活躍する著名な先生から、かわいくておしゃれな文字の書き方を学んでみませんか?
 
最新レッスンもすべて受講し放題月謝会員なら、インスタ映えするブラッシュカリグラフィーやハンドレタリングまで、まるごと定額でマスター可能。
 
先生の手元をアップで見ながら一緒に練習できるので、簡単にコツを掴んで手早く上達できますよ♪
 

出典:miroom

ただいまmiroomでは、月謝会員に登録した方を対象に練習シート&TOMBOW ABTマーカー2色(¥1,000相当)が送料込み¥780で購入できる
レタリングスターターセット」キャンペーンを実施中
 
ブラッシュカリグラフィーやモダンカリグラフィーも習得すれば、SNS映えするようなアルファベットもスラスラ~っと書けるようになるはず。
 
「かわいい文字の書き方をおトクに楽しく身に付けたい!」という方は、ぜひこの機会にふるってご参加くださいね!
 
なおご希望の方は、必ずレタリングスターターセットキャンペーンの専用ページからお申込みをお願いいたします♪
 


ライブ感溢れるオンラインレッスンは、「まるでマンツーマンレッスンを受けているかのよう!」と口コミでも話題。
 
人気のカリグラフィーから、絵画&イラストやフィットネスまで、毎月定額で楽しめるのもうれしいですね♪
 
→ 著名な先生のレッスンで趣味を楽しもう miroom (ミルーム)
 
今なら、初回14日間無料キャンペーンを実施中!ぜひこの機会にレタリングをマスターして、かわいい文字に囲まれた毎日を送ってみましょう。