苔玉ってどうやって作るの?初心者でも簡単な作り方

そもそも、苔玉ってなに?

苔玉(こけだま)とは、植物の根を用土で球状に包み、そのまわりにコケ植物を張り付け糸で固定したものであり、インテリアの一部などとして飾られる。コケ玉、草玉とも。

苔に覆われた丸いフォルム、そしてそこからちょこんと生えた植物が独特な雰囲気をかもし出す「苔玉」。
 
インテリアや癒しのアイテムとして、今女性たちの間で人気急上昇中♪
 
見た目が丸くて可愛いというだけでなく、水やりと日当たりや風通しだけを注意しておけばいいという管理の手軽さも、人気の秘訣のよう。

苔玉は自分で作れるって、本当?

苔玉は、初心者でも簡単に作ることができます。
 
最近は苔玉を手作りできるキットが販売されていて、苔玉作りの魅力にハマる人が増えているのだとか。
 
もちろん、キットを購入しなくても、土や材料を揃えれば大丈夫。
 
盆栽のように立派な松などの植物や鉢が必要ないので、気軽に始めることができますよ。
 
作り方は、いたって簡単!
 
ご自身で土を配合して練って丸めて、そしてお気に入りの植物をそこに植えてまた丸めて…。
 
糸をぐるぐる巻いて固定すれば、オリジナルの苔玉の完成です♪
 
コツを掴めば簡単に作ることができるので、ぜひ苔玉作りに挑戦してみてくださいね。

苔玉作りに必要な材料

苔(こけ)

苔には様々な種類があります。園芸店で販売されているので、ご自身が気に入ったものを使いましょう。
 
もちろん、庭の隅や公園、空き地など身近な場所に生えているものでも構いません。

植え込む植物

観葉植物や山野草など、ご自身の好きな植物を使いましょう。

苔玉用土(ケト土、赤玉土)

ケト土とは、もともと水辺に自生している藻や苔が枯れて、水の底にドロドロと沈殿した土です。
 
水分を多く含み、粘土のような湿り気があるという特徴をもつケト土は、苔玉の形作りに最適。
 
しかし、ケト土だけでは粘土のようになってしまうため、赤玉土などの培養土をブレンドするのがおすすめ。
 
どちらも園芸用品店で購入することができます。
 

苔玉に巻きつける糸は、目立たないよう黒い色がおすすめ。
 
木綿糸や麻紐は時間の経過とともに自然に溶けるので、苔が根付いた時に自然な仕上がりになりますよ。

飾るためのお皿

ご自身のイメージに合ったお皿を用意してください。

初心者でも簡単!苔玉の作り方

苔玉用土を混ぜてこねる

まずは、ケト土と赤玉土を7:3の割合で混ぜます。
 
水につけて水分を含ませた水苔を細かく切って、一緒に混ぜるのもおすすめ。
 
そして、水を少し加えながら、耳たぶくらいの柔らかさになるまでこねてください。
 
ケト土に混ざっている小さな枝やゴミを取り除くのをお忘れなく。
 
赤玉土の粒がつぶれて全体的になめらかになったら、適量を手に取って丸めましょう。
 
あとで外側を苔で覆うため、完成のイメージより一回り小さめに丸めるのがコツ。
 
まん丸ではなく、ご自身の好きな形に丸めてOKですよ。

植物を植え込む

次に、用意した植物を植え込んでいきます。
 
植え込む植物は、事前に以下の処理を施しておきましょう。
 
・伸びすぎたり、傷んだりしている枝や葉、根を切っておく
・葉が多い場合は、それを間引くように根元から切っておく

 
そして、先ほど丸めた土に指で凹みをつけ、その中に植物を入れて土で包んでください。
 
固めすぎないよう、おにぎりを握るくらいの強さで行うのがベスト。
 
植え込む植物は、鉢植えで売っている小さな観葉植物やサボテン、100均で販売しているミニ植物などがおすすめです。
 
最近人気がある多肉植物を使うと、とても可愛く仕上がりますよ♪

苔を貼り付ける

植物を植え込んだあとは、土台部分の土に苔を貼り付けていきます。
 
土の上にペタペタと苔を貼るだけで大丈夫。
 
時間が経てば、苔が自力で根を伸ばして土に定着してくれるので心配しないでください。
 
なるべく早く定着させるためには、鮮やかな黄緑色をした元気な苔を貼り付けるといいでしょう。
 
土が見えないように苔で覆っていけば、いよいよ苔玉の完成間近♪

苔を糸で巻く

貼り付けた苔が剥がれないように、糸で固定していきます。
 
苔玉の可愛い丸いフォルムが崩れてしまわないようにする目的もあるので、形を意識しながら糸を巻きつけてください。
 
このときのポイントは、最初はX字を描くように苔玉全体を固定して、その後少しずつずらし、色々な向きからまんべんなく糸を巻きつけていくこと。

苔玉に水を含ませる

最後に、水を張った容器にドボンと苔玉を沈めて、たっぷりと水を含ませてください。
 
苔玉からブクブクと気泡がたったら取り出し、お好みのお皿に飾って完成です♪

苔玉のお手入れ方法は?

苔玉のお手入れ方法は、決して難しくありません。
 
押さえておくべきポイントは4つ。
 
・直射日光を避けて風通しが良い場所に置く
 
・霧吹きで水を吹きかけ、全体がしっとりとした状態を保つ
 
・植えた植物は大きくなりすぎないよう、剪定する(苔玉のサイズに見合った状態をキープする)
 
・植物が大きくなりすぎたら、植え替える
 
苔玉が長持ちするよう、しっかりとお手入れしてあげてくださいね♪

苔玉を作って、インテリアとして取り入れよう!

今回は、初心者でも簡単に作ることができる苔玉の作り方をご紹介しました。
 
必要な材料が少なく、作り方もお手入れも簡単!
 
ご自身で手作りすればより愛着も増すので、ぜひオリジナル苔玉を作ってみてください。
 
お部屋のインテリアとして取り入れれば、可愛いフォルムや鮮やかな緑色に癒されること間違いなし♪