渋さが魅力?海外でブームを巻き起こす盆栽の歴史

海外でブームの盆栽、その由来は?


芸術性の高い日本文化として海外でも注目を集めている盆栽。
 
英語でも”BONSAI”と呼ばれるなど、認知度は年々高まっています。
 
盆栽は日本の文化だと思っている方も多いのではないでしょうか。
 
実は盆栽の起源は中国。
 
それが、なぜ日本の文化として世界に知られるようになったのでしょうか。盆栽の歴史に迫ります。
 

盆栽の起源は中国


約2500年前の中国では、「盆景」と呼ばれる、樹を鉢に植えて繊細な手入れを施す文化が見られました。
 
唐の時代の遺跡からも、盆栽を描いたとみられる絵画が出土しています。
 
中国では特に、枝が特徴的な松が人気を博していたそう。
 


宋代には、盆栽を石付けにした作風が流行します。石によって山の風景を表現した作風です。
 
中国の盆栽は、全体的に抽象的な形をしているので、日本人が慣れ親しんだ「盆栽」とはかなり異なっていることが分かりますね
 
中国独特の趣をもった盆栽文化は、現在の中国にも受け継がれています。
 


優れた盆栽には大変な高値がつきます。
 
現在では1億円以上の盆栽も存在するのだとか。
 
こういった盆栽の売り買いは南宋時代の園芸市から始まったと言われています。
 

日本への渡来


盆栽が日本に渡ってきたのは平安時代の末期。
 
鎌倉時代の「西行物語絵巻」などの絵画にも、盆栽らしきものが描かれるようになります。
 
中国から渡ってきた盆栽は徐々に形を変えて、日本特有の文化としての広がりを見せていくのです。
 

江戸時代以前


鎌倉時代には仏教も伝来し、この頃の日本文化は中国から強い影響を受けていました。
 
この時期に描かれた木版画や絵画からも、盆栽が武士の趣味として広く普及していたことが窺えます。
 
また、謡曲『鉢木』には、庶民の間でも盆栽が親しまれていたという記述が。
 


室町時代の盆栽愛好家として有名なのが足利義政。
 
銀閣寺の建立で知られる将軍ですが、数々の庭園を生み出した将軍だけに、盆栽にも大変興味を持っていたようです。
 
義政の愛した「末の松山」という作品は有名で、彼の死後織田信長の手に渡り、本願寺に大切に保管されていました。
 

江戸時代


江戸時代には、一般庶民の間でも芸術が盛んになり、園芸技術も発達していきました。
 
園芸の発達により、鉢など焼き物の技術も発展し、様々な工夫が施されるように。
 
また、三代将軍徳川家光も、盆栽の熱心な愛好家として知られています。
 


そして、現在も親しまれている文人木(※)などの樹形が確立したのもこの頃だとか。
 
※文人木
 
幹が細く枝数の少ない、わびさびの趣が感じられる木。
 
赤松や五葉松が使われることが多い。
 

針金整枝法で自由な形に


明治時代になると、針金整枝法(※)が開発され、それまでできなかった複雑な樹形づくりが簡単にできるようになりました。
 
この技術は現在の盆栽の基礎となっています。
 
※針金製技法
 
枝に針金を巻き付けることによって、枝を曲げたり枝の位置を変えること。数カ月針金で固定して、枝の位置が新しい位置に落ち着いたら針金を外す。
 


明治以降は政府の要人の間でも盆栽愛好が広がり、伊藤博文や大隈重信が邸内に栽培場を設けるほどでした。
 
こういった風潮から盆栽は高貴な人のたしなみとして重要視されるようになり、専門家や教育機関も生まれるように。
 
また、盆栽に関する書籍も出版され、庶民の娯楽としても広がっていきました。
 

万博から世界へ


盆栽を欧米に広める役割を果たしたのは、博覧会でした。
 
1876年のフィラデルフィア博覧会、1878年及び1889年のパリ博覧会、1893年のシカゴ万博、1904年にはセントルイス万国博覧会。
 
世界各国の要人が集まる万博に、日本から盆栽が出品されたのです。
 

世界盆栽大会


こうして徐々に海外ファンを増やした盆栽ですが、特に90年代以降、人気に火が付きます。
 
そのきっかけとなったのは、1989年に埼玉県で始まった世界盆栽大会。
 
4年に1度開かれる世界盆栽大会には、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、ラテンアメリカと、全世界から参加者が訪れました。
 
このことから、「盆栽は日本の文化だ」と世界に認知されていったと考えられます。
 

外国人に人気の盆栽の聖地


世界盆栽大会が開かれた埼玉県には、外国人から「盆栽の聖地」とも呼ばれている「大宮盆栽村」があります。
 
さいたま市で盆栽が盛んになったのは、関東大震災のあと。
 
震災で被災した盆栽業者が、この大宮の地に集まり、移り住んだのが始まりでした。
 
当時は約30の盆栽業者が軒を連ねていたと言います。
 
そうした業者の共同体が「さいたま盆栽村」と呼ばれるようになったそうです。
 


現在では6軒の盆栽園が存在し、美術館も併設されています。
 
大宮盆栽美術館の住所は、「さいたま市北区盆栽町」。
 
「盆栽」が地名にまで使われているとは驚きですよね。
 

盆栽をもっと身近に


日本文化として定着した盆栽は今や世界中でも人気。
 
東洋の神秘や、自然の壮大さを表現した盆栽は、長い時間をかけて世界中の人を虜にしていったのですね。
 
現在の日本では、アートとしての盆栽が発展していく一方で、プレゼント用の手のひらサイズの盆栽など、身近に取り入れられるインテリアとしても親しまれています。
 
今後どのように形を変えながら発展していくのか、楽しみですね♪